football 予想・投票室CS Tweet






CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2024/05/25号


アウェー観戦は【JTB】国内宿泊予約

わずかの差は大きな差
問われる勝利への執念

北海道コンサドーレ札幌 0-3 鹿島アントラーズ

順位 第16節 5/26現在 得点 失点
19 北海道コンサドーレ札幌 11 16 2 5 9 13 0.81 (19) 31 1.94 (20) -18
2 鹿島アントラーズ 32 16 10 2 4 27 1.69 (1) 17 1.06 (5) 10
      キム ゴンヒ
        (家泉)
 
 スパチョーク  駒井
   
  菅          田中宏
               (原)
 
    荒野    馬場
           (家泉)
   
 中村   岡村   高尾
(田中克)     (長谷川)
 
        菅野
 
sub:児玉 西野 大森
交代:
後半17分 長谷川(高尾)
後半17分 原(田中宏)
後半17分 田中克(中村)
後半17分 家泉(キム ゴンヒ)

札幌ドームのカテゴリー2南。最前列からの観戦でした。コーナーフラッグに対して45度。コーナーやゴール間際の攻防がよく見えました。支障のないボールロストとあやういボールロストも見れて、ゴール裏でみるのとはまたちがった角度から試合を見れました。しかし、試合終了後に見たのは失望でした。

嗚呼 ループが

青木が肉離れの発表。近藤と宮沢が負傷欠場。どちらが先に先制するか、我慢くらべになります。ゴールに迫られる場面はあっても、危険な場面は少なかったように思えます。相手が、いつでも点をとれるぞとと思っている時間帯に先制したいですね。前半33分に、菅野からのロングボールをキムゴンヒが長身を生かしておとすと、スパチョークがペナルティエリア手前で受けましシュートはドーム内を滞空時間が長く放物線を描いて、あとはゴールに入るだけでしたがわずかに右。間近で見ると、ガックリ感が大きくなります。結局、前半のシュートはこの1本のみでした。

4バック 4点とる気迫はあったのか

スタメンを見たとき、これは4バックと、一瞬でわかりました。守りから入りたいという意図は、先制されるまでは機能していました。しかし、最後の局面でフリーにさせたのでは、失点を食らいます。2失点目は、菅野が相手にパス。3失点目はチャヴリッチをフリーにさせて、荒野が最後の対応をせざるを得なかったところです。相手に抑えられていたとはいえ、守りから入ったとはいえ、攻撃はもっとゴリゴリ行けなかったんですかね。後半17分の一挙4人替えに監督の執念を見ました。田中克幸や長谷川、家泉は打開しょうとして、この采配は成功の部類です。3点差になるほどのひどくないゲームでしたが、球際の攻防や攻撃や気迫では、力の差ははっきりと出ていました。

今日の寸評(ひとこと)

この試合の収穫

田中克幸の先発いつなのでしょうか。ぼやいてみたくなります。ボランチにしては攻撃的すぎるからなのでしょうか。ただ、いまのチームには、刺激が必要なのはまちがいありません。

ようやく連戦は終わり。6.2(日)13時アウェー東京ヴェルディ戦。そして、ルヴァンカップです。ホーム&アウェー方式で行われるプレーオフラウンドは、J3カターレ富山との対戦。第1戦は 6月5日(水) 札幌ドームで 19:30 から、第2戦 6月9日(日) アウェーで 14:00 開始になります。勝ちを積み重ねて行くしかありません。勝利に向けて、ベストな準備を。

(29日 20:20)