football 予想・投票室CS

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2021/04/16号

25周年にふさわしく
悲喜こもごもの結果

北海道コンサドーレ札幌 1-3 横浜F・マリノス

順位 第10節 4/18現在 得点 失点
16 北海道コンサドーレ札幌 8 9 2 2 5 15 1.67 (4) 16 1.78 (17) -1
6 横浜F・マリノス 18 9 5 3 1 15 1.67 (4) 8 0.89 (4) 7

   アンデルソンロペス
       (ジェイ)
 
    チャナ     駒井
   ティップ     
 
 菅               金子
(青木)        (ルーカス
         フェルナンデス)
 
     高嶺      宮沢
    (荒野)    (岡村)
         
   福森   キム   田中
        ミンテ
         
         菅野
         
sub:大谷 柳 

クラブ創立25周年記念試合は、歴史を凝縮したかのような試合になりました。前半途中からペースを握るもなかなか得点できない。後半早々にセットプレーから得点。ビッグセーブでピンチを救う。負傷交代と長期離脱からの復活。相手の選手交代で流れが変わり、残り10分で結局力尽きて逆転負け。4回もネットを揺らされました。このように陰と陽がくっきりと分かれ、おまけにもどかしい様は、これまでの歴史のようです。26年目に入って、いい歴史をこれから作っていきましょう。

アンデルソン・ロペス5試合連続弾

クラブJ1最長タイ記録となる5試合連続ゴール。記念の試合にふさわしいですね。CKからの混戦で、キムミンテからの折り返しに反応して、ヘッドで押し込みました。きれいなゴールではないものの、得点できるところにいて決められるところに、点取り屋の嗅覚を感じました。9試合で9ゴールは得点ランキングトップです。量産ペースが素晴らしく2ケタ得点に王手をかけたのはうれしいところですが、どうしても外したり阻まれる場面も印象に残るのが否めないです。前半43分に、ペナルティエリア内に進入したチャナティップからフリーでパスを受けましたが、GK との1対1を右に外してしまいました。PK で 3得点を挙げて、触れて入ったゴールもありますが、次はスカッとしたゴールを見たい です。

相手の選手交代後はガス欠

後半24分に、MF 天野 とFW 水沼が入りました。偶然かもしれませんが、この時間帯あたりから運動量がガタッと落ちています。ボールを拾えなくなって、攻撃に行けなくなりました。その前の18分に負傷した高嶺が担架に乗せられたまま退場して、荒野が入りましたが、復帰1戦目で労を惜しまずに走り回るのは望めないです。32分ジェイ、岡村、ルーカスフェルナンデスが入りましたが、運動量を求められないでしょう。この3分後には、左サイドを突破され、荒野が1対1をかわされて、田中とキムミンテも寄せられずに同点。その2分後は、人数が揃っているのに寄せが甘くて、ダイビングヘッドを決められました。

ジェイに光明

追いかける立場になって、ジェイがいるのは心強いです。後半42分から10分間でシュート4本。特にヘッドの強さが戻ってきました。あと一歩で枠をとらえられませんでしたが、復活の予感を感じます。

負けパターン確立か

ここで踏みとどまればよかったのですが、6分のアディショナルタイムは何と表現したらいいのでしょうか。50分に右を突破されて、キムミンテをかわされて、フリーのFWエウベルがヘッド。致命的な3失点目と思ったら、VARでハンドの判定でノーゴールになりました。しかし、この安堵もつかの間でした。54分に相手GKからの速攻で、福森がかわされて、岡村とルーカスフェルナンデスが寄せきれずに、やり直しのゴールを決められました。その直後にホイッスルです。

素直に相手の監督の声に、耳を傾けましょう。完ぺきに丸裸にされています。

最後は自分たちのほうが運動量は多く、彼らは足が止まりました。彼らがずっとあのプレスを続けることは難しいと思っていたので、自分たちはそのスキを突こうということを伝えていました

8戦負けなしになった相手は、ハードワークをやりきっても誰も脚をつっていません。その上、同点ゴールのFW前田大然は、後半だけで30回以上もスプリントを記録しています。オールコートマンツーマンディフェンスは大いに結構ですが、対戦相手は、その弱点を必ず突いてきます。それに耐えうる対策を講じた形跡を感じられないのですよ。このままでは、全チームに研究しつくされて全敗の不安を感じます。荒野や故障者の復活が必要なのは言うまででもありませんが、有効な策を見たいものです。

この試合の収穫

ようやく、5枚の交代枠を活用できました。ベンチスタートに、ジェイ、ルーカスフェルナンデス、荒野を取っておけるのは、心強いです。故障者が戦列に戻ってきている証拠でもあります。しかし、この試合では効果的な交代にはなりませんでした。それでも、戦術の幅は広がっているはずです。

ついに順位は16位まで下がりました。20チーム制4チーム降格なので、首の皮一枚でかろうじて残留圏内です。まだ、3分の1も終わっていませんが、危機感を持たないといけないです。

4月も後半になり、日程が密になってきます。4/20(火)19時から、アウェーでルヴァンカップ 第3節鹿島アントラーズ戦。ターンオーバーできる陣容になってきていますので、コンディションに配慮してメンバー選考を。4.24(土)13時からは厚別の初戦でベガルタ仙台戦。これは勝ち点3はゆずれません。4.28(水)19時ルヴァンカップ 第4節アビスパ福岡戦。リーグ戦の浮上のきっかけをつかみましょう。

(18日 22:20)

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2021/04/21号

2点リードをよく追いついた
失点安い勝てたはず

北海道コンサドーレ札幌 2-2 鹿島アントラーズ

順位 第9節 4/11現在 得点 失点
14 北海道コンサドーレ札幌 8 8 2 2 4 14 1.75 (4) 13 1.63 (15) 1
15 鹿島アントラーズ 8 8 2 2 4 10 1.25 (10) 12 1.50 (11) -2

   アンデルソンロペス
 
  チャナ      駒井
 ティップ   (ジェイ)
 
 菅              金子
(ルーカス         (柳)
 フェルナンデス)  
 
     高嶺      深井
   
   福森   宮沢   田中
        (岡村) (CB中央へ)
         
         菅野
         
sub:大谷 青木 小野

2点リードされたときは絶望を感じたことでしょう。順位は一つ下であっても、昨年ダブル、いや、練習試合を含めるとトリプルであっても、相手は王者ですよ。名前だけで負けかねない相手にすぐ1点返せたのが良かったですね。勝ち点1に持ち込めたのは大きな収穫です。けれども、失点は甘すぎて、どうにかできなかったものかと思えてしまいます。

キムミンテ出場停止

前節の一発レッドで出場停止。代わってどのようにするのか注目でした。フタを開けると、宮沢が最終ライン。深井と高嶺がボランチを組みました。ただ、宮沢はコンディションが落ちていたのか後手に回ることが多く、前半だけで交代。岡村が右に入って、田中が中央へ。岡村は空中戦で威力を発揮して、先発にしても良かったんじゃないのと思わせる出来でした。

2点リードされてもすぐ1点返す

前半9分の失点は、宮沢にがシュートブロックしてそのこぼれ球を拾われたもの。これだけなら諦めがつくが、その前の過程は、易々と前にもっていかれたのは不満です。20分に、CK から得点すると不敗記録中の上田に追加点。寄せとしては甘いとも追い付いていないとも見えました。これで気持ちが滅入った方は多いことでしょう。しかし、セットプレーにはセットプレーですね。福森の FK は低い弾道で中央へ。田中が拾って落ち着いて右に放って1点を返しました。

ジェイが戻ってきた

ようやくメンバーに戻ってきました。名を連ねているだけでも安心感があります。後半15分に途中交代で出場。ターゲットが分散されるので、相手は相当嫌がるはずです。アンデルソンロペスへの負担も減るでしょう。

金子の突破が VAR で PK

今日も右サイドからの突破で脅威になっていました。後半20分に、ドリブルで突破でペナルティエリア右へ。この時に後方から倒され、これがペナルティエリア内のファウルと判定。オンフィールドレビューになりましたが、検証の結果、判定は変わりませんでした。縦の動きで背後を取るのは小柏のが得意なところですが、同じ動きを思い浮かべました。金子は右からのえぐりだけではないことを示してくれました。

PK 職人アンデルソンロペス

独特なステップと間合いで左足を振り抜くと、クラブ5人目4戦連続ゴール。これだけでも十分に誇りです。その上、リーグ8戦8発でJ1得点ランキングトップ。前半はなかなかいい形ができませんでした。後半も13分にドリブルからシュートを放ったものの、GK沖にビッグセーブではじかれました。今後は、ジェイとの相乗効果、期待していいのではないでしょうか。いい場面で撃つ機会が増えるのを待ってます。

この試合の着眼点

キーパーはどちらも良かったので、引き締まったゲームになりました。GK沖には、アンデルソンロペスのシュートを連続して止められました。菅野は、終盤の相手の突破を、ビッグセーブで勝ち越し点を防ぎました。それだけに、序盤での失点がもったいなく感じます。

次はクラブ創設25周年記念試合。オイラのミスターだけでなく、極楽とんぼ・加藤浩次もドームに来場。4.16(金)19時から横浜F・マリノス戦です。4/20(火)19時からのルヴァンカップ 第3節、アウェーでの鹿島アントラーズ戦をはさんで、4.24(土)13時からは厚別の初戦でベガルタ仙台戦。4.28(水)19時ルヴァンカップ 第4節アビスパ福岡戦。連戦でもホームが多いのは救いです。故障者が戻りつつあり、新戦力がフィットしつつあり、やっとガブリエル オケチュクが日本に入国です。勝てる要素は増えつつあります。

(13日 22:40)

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2021/04/25号

一人多いは危険なゲーム
生かせなかったのが敗因

FC東京 2-1 北海道コンサドーレ札幌

順位 第8節 4/7現在 得点 失点
6 FC東京 15 8 4 3 1 14 1.75 (2) 11 1.38 (13) 3
13 北海道コンサドーレ札幌 7 7 2 1 4 12 1.71 (6) 11 1.57 (13) 1

   アンデルソンロペス
 
  チャナ      小柏
 ティップ     (菅)
  (青木)
 
 ルーカス        金子
 フェルナンデス  
 (高嶺)
 
     宮沢      駒井
     (柳)    (小野)
         
   福森   キム   田中
        ミンテ
         
         菅野
         
sub:大谷 岡村 

相手が一発レッド、小柏の負傷交代、イエローから一発レッドで10人同士。そして、FK からと PK で失点。出来事いっぱいのこの試合は、リードを奪っていないのに逆転負けした気分です。勝ち点を取り損ねました。先日、3-0 は危険なスコアであることを学びましたが、今回は一人多いのは危険な人数であることを学びました。

痛かった小柏の負傷交代

先発に戻って、ようやく開幕戦のスタメンが組めました。これだけで期待が高まります。相手の流れを引き寄せてこちらのペースに持っていけたのは、小柏の飛び出しです。前半29分には、激しくチャージをうけて、渡辺剛が一発退場。サイドのおくぎみで、まだゴールとの距離があるように見えましたが、脅威に思えたのでしょう。それだけに、35分に左肩を押さえて倒れ込み、撒き過ぎの水で滑って肩脱臼で担架で退場は痛い。ただし、これはプロとしてピッチの状況を読まないといけないことになります。どうしても苦言になってしまいます。

守りを固めてくる相手対策は急務

一人多くなったからといって、必ずしも有利になるとは限りません。スペースが広がる分。一人多くなるとテンポが悪くなるのが定説です。小柏が退場する前のように攻めれば得点は時間の問題ですが、相手はやることが明確で、守りを固めます。アンデルソンロペスには2人がかりでつぶして、シュートを打たせなければ大丈夫と思われていたに違いありません。実際、膝に合わせて入った得点の1本だけでした。このように、守られると打開できない悩みどころで、罠にまんまとかかったとみなすべきでしょう。実際、優位な時間帯で、相手 GKを脅かすようなシュートは1本もなかったのは、大問題です。

後半開始と同時に FW永井を投入してきた相手に対して、 一人多いにもかかわらず易々とディエゴ オリヴェイラに突破されるのは、さらに問題です。これこそ、守って奪ってカウンターの戦術に、注文通りに料理されていました。サイド奥深くえぐったり、左右にゆさぶることなく、守備網の前で横に回しているだけでは、相手はいやがりません。そうなると、前がかりになっているだけに、突破されるたびにあぶない場面を作られます。キムミンテと宮沢がファールで止めるしかなかったのは必然なのです。

金子はサイドのほうが相手に脅威

前半39分の交代で、菅が左サイドに入り、ルーカスフェルナンデスが左から右へ。金子が2列目へ。緊急体制とはいえ、大がかりなポジション変更でした。福森からのサイドチェンジが絶好調なので、右サイドからゴールに迫るのは大事です。まして、相手は一人少ないので、広く走り回ってラストパスを出せる金子からの攻撃のほうが、守りを固めてくる相手にはいいのでしょう。実際、後半 23分にルーカスフェルナンデスに代わって高嶺が入ったことで、再び右サイドに戻ってから攻め込む場面が増えました。右サイドから、中央やファーで待ち構えている所にセンタリングを出す場面をたくさん見たいです。

この試合の収穫

また歴史的な試合に立ち会えました。1人多くて負ける例だけではありません。失点はすべてセットプレーからなのは、1人少ない相手にとって理想的です。戦い方の参考にすべし。

相手の決定的な得点機会を阻止するDOGSOの例を、2つも学べました。イエローが出て、抗議で VAR 判定になって、オンフィールドレビューで一発レッドに変更なんて、めったに見れるものではないですよ。その場面は、反則した場所とゴールが近いのか、攻撃側の選手がゴールに向いていたのか、疑問に感じる点はありましたが、判定や主審に文句を言っても意味がありません。

キムミンテが出場停止。小柏が出場微妙。中野小次郎が靭帯損傷。また、欠場が増えます。でも、やっと、ホームに戻れます。次は日曜日。4.11(日)13:05から鹿島アントラーズ戦。順位はまたウチラが上ですが、狙われます。ドーム2連戦で、4.16(金)19:00横浜F・マリノス戦。4/20(火)19時からのルヴァンカップ、アウェーでの鹿島アントラーズ戦をはさんで、4.24(土)13時からは厚別の初戦でベガルタ仙台戦。連戦でもホームが多いのは救いです。

(9日 22:30)

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2021/04/29号

内容不満でも勝ち点3
それが大事

アビスパ福岡 1-2 北海道コンサドーレ札幌

順位 第7節 4/4現在 得点 失点
10 アビスパ福岡 8 7 2 2 3 8 1.14 (10) 10 1.43 (13) -2
13 北海道コンサドーレ札幌 7 6 2 1 3 11 1.83 (5) 9 1.50 (10) 2

   アンデルソンロペス
 
  チャナ      金子
 ティップ     (柳)
 (キムミンテ)   
  (CB中央へ)
 
  菅        ルーカス
 (小柏) フェルナンデス
          (左サイドへ)

     深井      駒井
             (左2列目へ)
         
   福森   宮沢   岡村
         (高嶺)
 
          菅野
         
sub:中野小 小野 中島

主将になった前寛之と奈良を見るのは久しぶり。札幌ユースダービー。そんな感傷に浸る間はありませんでした。先制して優位には進められたものの、勝ち点3を取るのは簡単ではないことを、あらためて実感します。

先制点は運も味方したように思えました。駒井が敵陣中央からペナルティエリアへ長い山なりのパスを送ると、ゴール前で奈良とアンデルソンロペスが競り合い。頭に当てて、放物線を描いてゴールに入りました。スローを観ると、奈良に当たってからアンデルソンロペスの後頭部に当たったように見えたゴールに思えました。後半7分にコーナーキックから同点に追いつかれましたが、その2分後に勝ち越し点。福森がグラウンダーでのシュートで得点なんて、あまり見られないですよ。スライディングしてきた相手を交わして、奈良の股下を抜けた得点ですノールックで技ありのゴールでもありました。

岡村は合格点

田中駿太の負傷で右ストッパーをどうするのか注目でしたが、岡村が J1 初先発。宮沢が最終ラインに入って、調子を上げてきた深井と先週ストッパーに入った駒井と両立しました。前半から、相手のカットだけでなく前線にも上がってきています。後半36分にはヘディングシュート。失点は奈良に背後を取られて競り負けましたが、ファンマを封じたのは大きかったです。勝利に貢献しました。

小柏が戻ってきた

故障者続出の攻撃陣で、開幕戦勝利の立役者が戻ってきました。目立った活躍はありませんが、よく走り回って、動きが戻ってきました。28分間の出場時間ですが、スプリント数が途中出場なのに21回です。アディショナルタイム4分に、ドリブルで持ち上がってペナルティエリア手前の右からシュートを放ちましたが、左のポスト。これは決めてほしかったです。

それでも苦言をいわせろ

後半はヒヤヒヤものでした。選手交代でリズムが悪くなるのは、困ったものです。特に、後半30分に宮沢が足をつって交代してからが顕著でした。ゴール前でサンドバッグ状態で攻めに行けません。岡村とキムミンテの奮闘と菅野の好セーブとゴールポストに助けられました。

リードしていたこともあって、選手交代は遅くありません。攻め込まれたのは、相手が対策を徹底していたことでもあります。特に序盤、スコアが動くまではなかなか攻め込むことができませんでした。そんな中、最後まで全員がハードワークを徹底てし、守備の時間帯でも速い帰陣が勝因になったのでしょう。1点差での勝利は、守備で勝利を得た試合とも言えます。

再び、日程は密です。4.7(水)19:00味スタでFC東京戦。そのあとはドーム2連戦で、4.11(日)13:05から鹿島アントラーズ戦と、4.16(金)19:00横浜F・マリノス戦。以前は、4月に勝ち越すとJ1昇格またはJ1残留と言われたこともありました。確実に勝ち星を重ねて浮上しましょう。

(4日 22:50)