CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2017/04/02)

Tweet | CS的日誌更新情報コンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板football予想・投票室CSトップ戻る
| 2017-0430262216120802 |  2017/01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
ぶどう酒よりも
勝利の美酒を味わいたい

ヴァンフォーレ甲府 2-0 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

第5節 04/02現在 得点失点得失
11 ヴァンフォーレ甲府 7 5 2 1 2 5 1.00 (11) 6 1.20 (8) -1
15 北海道コンサドーレ札幌 4 5 1 1 3 3 0.60 (15) 8 1.60 (15) -5

   ジュリーニョ  都倉
     (小野)
          
     兵藤      宮澤
 
   菅     深井     荒野
         (前 寛)
         (内村)
 
   福森   横山   キム
                ミンテ
 
      ク・ソンユン
         
sub:金山 上原 永坂 河合

雷注意報で雨どころか雪も心配でしたが、ハーフタイムに雨具を出すか迷ったくらいの雨でした。風も吹いてきて少し寒かった天候でしたが、選手はちょうどいいくらいでしょう。そんな甲州風林火山の地でした。

開始前の順位・勝ち点・得失点差が全く同じでした。戦い方もおかれた立場もほぼ同一。そんな中、立ち上がりから前へ進み、相手陣内へ迫って行きました。4分にはジュリーニョがドリブルで中盤から抜け出しシュートするものの、GKがセーブ。こちらのペースで進んでいきましたが、11分に深井が担架で交代。あわてて前寛之を投入して何事もなかったかのように進めましたが、この結果ではイヤでも影響を指摘されてしまうのですね。宮沢が後ろにいる分、徐々に全体的に攻めに行く機会が少なくなってきた感がありました。膠着したところで、問題のセットプレーからの流れですね。ヘッドのクリアがフリーの選手へ行っちゃったで済まされないと思うのですよ。マークを振り切られたなら相手が上手ですが、人に付いていれば防げたはずです。

後半も一瞬での失点でした。しかも時間帯が悪すぎる。今年は後半開始10分は要注意ですよ。コーナーキックからファーへのクロスを、マークを振り切られてダイレクトに決められました。2点差になってからは、相手はカウンターを仕掛けるとき以外は無理して前に出ず、むしろ引きこもっていました。おのずとこちらのチャンスは増えて攻め込みますが、相手の守備の堅さは認めますが、得点とともに迫力が不足しているのですよ。せっかくペナルティエリアに入っているのに、こまごまとボールを回すのはやめましょうよ。もどかしい。相手も人数を掛けて守っておりなかなかボールの出しどころが見つかりませんが、時間をかければかけるほど、守られてしまいます。シュートを撃てずに終えてばかりでは、得点を期待できません。結局、公式記録ではたった3本のシュートでした。いくら優位に試合を進めても、これで勝てるほどのチーム力はありません。

今日の寸評(ひとこと)

この試合の収穫

春休みなのに宿題どっさりです。セットプレーのときの寄せの甘さ。これは急務です。都倉が封じられたときの攻撃ですが、荒野の攻め上がりがヒントになりそうです。クロスをどう受けるか。プレーのスピードも上げましょう。

この後は、ドームでFC東京戦と川崎フロンターレ戦。そして浦和レッズ戦と、上位との対戦が続きます。ホーム2戦の合間にアウェイでカップ戦清水エスパルス戦もあります。難敵ばかりですが、ホームは勝て

(5日 23:50)

Tweet | CS的日誌更新情報コンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板football予想・投票室CSトップ戻る
| 2017-0430262216120802 |  2017/01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003