CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2018/04/14)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-04211814110704 |  2018/04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
都倉のドヤ顔間近で見た
感激しました3連笑

柏レイソル 1-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
順位 (第8節終了時) 得点 失点
7 柏レイソル 11 8 3 2 3 10 1.25 (7) 9 1.13 (7) 1
4 北海道コンサドーレ札幌 14 8 4 2 2 12 1.50 (1) 9 1.13 (7) 3

         都倉
       
   宮吉       三好
 (ジュリーニョ)

  菅              駒井
         (ボランチへ)
 
     兵藤    荒野
    (稲本)  (早坂) 
     
  石川   キム   進藤
        ミンテ
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 白井 ヘイス 内村

今季初の生観戦は、ゴール真後ろ。三協フロンテア柏スタジアムならではの位置取りは、最高でした。ピッチまで15メートル、ゴールまでも30メートル以内です。そんな中で、都倉の豪快な逆転ヘッドと、そのあとのドヤ顔を間近で見れました。もう、言葉にならなかったですね。

立ち上がりから、苦しみました。相手の出足がよく、跳ね返してもすぐ攻め込まれます。両サイド、特に右を狙われ、コンディションの良い石川が対処しきって、どうにかしのいでいました。そういった流れから、9分に先制されたのは仕方ありません。進藤に当たって、ソンユンの対応も難しくなりました。

去年でしたら、そこからズルズルと深みにはまりかねませんでした。すぐに同点にできたのは大きかったてす。右サイドをパスでつないで、三好からのクロス。中央にいた宮吉はもっていましたね。都倉がそばにいて、そちらの方に気を取られていたのかもしれません。

アウェーで同点に持ち込んだだけでもマシに思えますが、そこで終わりませんでした。後半は、開始早々からビッグチャンス。宮吉がバイシクル気味のシュートを打ち、跳ね返される、都倉とバイシクル気味のシュート 。2つ目はボールに触れるのが精一杯でしたが、姿勢を示すには充分です。ハーフダイムでの監督からの指示を伺えました。五分の戦いながらも様子を見つつ、ゴールに迫る機会が増えてきました。勝負をかけたいけれども引き分けでも御の字の時間帯で歓喜でしたね。走り込んでヘッドでズドーン。とっても都倉らしさの出たゴールでした。この一撃の破壊力は凄ましく相手選手はガックリすぐ立ち上がれませんでした。

J1で、これほど痛快な勝ち方ができるとは、夢にも思っていませんでした。ポゼッションやパスだけでなく、速攻も入っています。この試合直後には、暫定ですが、2位に瞬間的に立っていました。

試合経過

開始から攻め込まれ、なかなか捕まえきれず苦しい展開が続く。シュートが進藤の足に当たって軌道が変わってゴール隅に入って先制された。しかし、その4分後に、進藤、駒井、兵藤と渡ったパスを受けた右サイド三好からのクロスを、中央の宮吉がヘッドで決めて同点とした。

後半は開始2分に宮吉と都倉が立て続けにバイシクル気味のシュート。ペースをつかみ、ペナルティエリアに入っていく機会が増えていった。点が取れず引き分けもやむなしになってきたところで、中盤で奪った稲本からのボールを都倉が左サイドからクロスを入れ、ファーサイドの三好がキープ。クロスを上げると都倉が飛び込み、豪快なヘッドで逆転し、試合を決定づけた。

今日の寸評(ひとこと)

それでも苦言をいわせろ

やっぱりコンディションは気になります。先発3人代えて、ジェイと深井も帯同しませんでしたが、前半のリズムの悪さに表れていました。今週の本州は最高気温25〜27度の予報が出ています。道内との温度差とも戦わなくてはなりません。連戦が続きますが、今週は特にメンバー選考要注意です。

4月18日(水)はルヴァン杯6戦中4戦目。アウェーでジュビロ磐田戦。4月21日(土)16:00からは、埼玉スタジアム浦和レッズ戦。何と言ってもアウェーでミシャダービーですよ。重要な1週間になります。

(16日 08:20)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-04211814110704 |  2018/04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003