CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2018/10/)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-10282005 |  2018/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003


  2018/10/28

攻めてつかみました
残留決定3位浮上

名古屋グランパス 1-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第18節10/28現在) 得点 失点
14 名古屋グランパス 34 29 10 4 15 46 1.59 (4) 52 1.79 (18) -6
3 北海道コンサドーレ札幌 48 30 13 9 8 42 1.40 (7) 44 1.47 (12) -2

        ジェイ
        (宮吉)
	   
   チャナ     三好
  ティップ   (早坂)
   
  菅             駒井
 
     荒野    深井
            (都倉)
           
  福森   宮沢   進藤
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 キム ミンテ
     小野 兵藤  

残り4試合で残留決定だけじゃないですよ。ついに来ました3位浮上ですよ。浮かれてはいけないのはわかっていますが、せめて順位表を見るときだけでも浮かれてもいいでしょう。

とにかく、よく攻めました。左サイドからのクロスや右サイドの駆け上がりはおなじみですが、福森だけでなく 、進藤が頻繁に上がっていました。先制になるPKはこれがきっかけでした。最終ラインから宮沢が組み立てて、荒野と深井が中盤でハードワークしているお陰です。この二人はともに累積警告で次節は出られませんが、監督がやりたいサッカーは進化しているといえるでしょう。

試合経過

立ち上がりから相手陣内に攻め込む。7分に菅が倒されてPKを獲得し、ジェイが決めて先制。主導権を握るが、反撃を受けて、宮沢が倒したPKで追いつかれる。しかし、チャナティップからの縦へパスにジェイが反応し、マークを反転してかわし、左足シュートで勝ち越す。

前半終了間際に2枚目の警告で、一人多くなる。数的優位になりショートカウンターからゴールを脅かす場面が増えるが、追加点を奪えず。逆に終了間際は相手のパワープレーに苦しんだが、ゴールを守って勝ち点3を得た。

それでも苦言をいわせろ

ひとり多いのに外しすぎシュートを数打っても、入ったのはジェイだけですよ。まずは、枠内に撃ちましょうよ。得失点差をかせいでおきたかった試合です。

ようやくホームに戻れます。11月4日(日)14:00 から、ドームでベガルタ仙台戦。11月10日(土)は、14:00から厚別で浦和レッズ戦。残り4試合中3試合がホームなのは、有利な材料です。

(2日 08:40)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/10/20

勝てた試合だった
あせらずに戦うべし

湘南ベルマーレ 2-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第30節10/21現在) 得点 失点
13 湘南ベルマーレ 36 29 9 9 11 34 1.17 (14) 38 1.31 (8) -4
6 北海道コンサドーレ札幌 45 29 12 9 8 40 1.38 (9) 43 1.48 (12) -3

        ジェイ
       
   チャナ     都倉
  ティップ  
   (三好)

  菅             駒井
(白井)     
 
     荒野    深井
    (早坂)
           
  福森   宮沢   進藤
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 キム ミンテ
     石川 兵藤

攻めていて、スピード感がある見ごたえのある試合でしたね。これはいいようで、この試合に足りないものは勝ち越し点だけでした。バタバタしていて、どことなく落ち着かない印象が残りました。

勝てば残留だったのですが、もしかしたらそこに目がいってしまったのでしょうか。シュート8本に対して22本放ちました。それでも先手を取れない苦しい展開というより、苦しくしてしまいました。ボールを回せて、攻めて、決定機を作れて、2点取れるのだから、止めるべきところは止めて、確実なボール回していいんですよ。福森や菅からのクロスで逆サイドを狙うのはいいのですが、合わなければ大味になってきます。

試合経過

開始から攻め込んで、終始優勢に進める。チャンスはたくさんあったが、クロスが合わない場面が何度もあった。前半唯一相手に撃たれたシュートを決められて、リードを許して前半を終える。

後半早々に、福森のCKはポストに直撃したが、こぼれたボールを宮沢が触れて、最後はジェイが押し込み同点。この後は相手の時間帯が続き、FKでヒールでボールの位置をずらしたところで振り抜かれ、再び勝ち越し。残り14分になったところで、駒井がボールを奪って縦パスを出し、チャナティップが受けて都倉へ。キープ後走り込んだチャナティップに戻って振り抜くと、相手に当たりながらもネットを揺らした。このまま勝ち点1を分け合った。

この試合の着眼点

1失点目は、相手の初シュート。それがソンユンの中途半端なクリアからになってしまいました。2失点目は、狙ってもめったに決まらないトリッキーな FK。そう考えると、思っていたよりも守備も悪くないのですよ。完封が理想ですが、決して結果は悪くありません。

10月28日(日)15:00からは、延期になっていた名古屋グランパス戦。これを消化すると、残り試合数が 4 で揃います。残りの5試合、トーナメントのつもりで

(25日 00:30)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/10/05

出場停止がなければ
思い起こさせてはダメ

横浜F・マリノス 2-1 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第29節10/7現在) 得点 失点
10 横浜F・マリノス 38 29 11 5 13 52 1.79 (1) 49 1.69 (16) 3
5 北海道コンサドーレ札幌 44 28 12 8 8 38 1.36 (9) 41 1.46 (10) -3

         ジェイ
            
 チャナ   三好     駒井
ティップ (宮吉)
            
    深井       荒野
   (兵藤)   
            
  菅   キム  進藤  早坂
      ミンテ      (石川)
            
      ク・ソンユン
         
sub:菅野 稲本 白井 小野

主力3人を欠いて臨んだ、雨のフライデーナイトゲームでした。そこで出た策が、何と4バックです。これを奇策というには時期尚早ですが、攻め込めずに逆転負けになりました。

都倉・宮沢・福森が出場停止になれば、そりゃ相手は喜ぶでしょう。前節の最終ライン二人を欠いているのですよ。そこで、菅と早坂をサイドバックにして、4枚で臨みました。二人とも失点に絡んでしましましたが、ミスマッチでしょう。強力な相手攻撃陣を受け止めるための意図は理解できたので、福森が出ているときに再び4バックを見てみたいです。

試合経過

15分あたりから猛攻を仕掛ける。16分には菅の左からのパスを中央で受けたチャナティップがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。立て続けにチャンスを作り、21分には、ジェイがドリブルを仕掛けて、2人のDFをかわし、ミドルシュートが決まって先制する。

しかし、3分後に同点に追いつかれる。次第に劣勢になり、逆転を許した。後半開始と同時に石川を投入し、27分には兵藤、31分に宮吉を投入して巻き返しを狙ったが、攻めきれなかった。

この試合の収穫

進藤がフルタイム出場新記録。開幕から28試合目になりました。故障せずに警告を受けないだけでは駄目で、監督からの期待と信頼の現われです。

日本代表戦をはさんで、次は10月20日(土)16:00湘南ベルマーレ戦。10月28日(日)15:00からは、延期になっていた名古屋グランパス戦。アウェイが続きますが、休養充分で戦えます。残りは6試合です。

(12日 00:10)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-10282005 |  2018/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003