CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2016/11/12)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-1120120603 |  2016/11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
残り1分フクアリの奇跡
俺たちにアウェイはない

ジェフユナイテッド千葉 1-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

第41節 11/12現在 得点失点得失最大勝点
1 北海道コンサドーレ札幌 84 41 25 9 7 65 1.59 (2) 33 0.80 (2) 32 87
2 清水エスパルス 81 41 24 9 8 83 2.02 (1) 36 0.88 (3) 47 84
3 松本山雅FC 81 41 23 12 6 59 1.44 (4) 30 0.73 (1) 29 84
4 セレッソ大阪 75 41 22 9 10 61 1.49 (3) 46 1.12 (9) 15 78
5 京都サンガF.C. 66 41 17 15 9 48 1.17 (10) 37 0.90 (4) 11 69
6 ファジアーノ岡山 64 41 17 13 11 55 1.34 (5) 41 1.00 (7) 14 67
11 ジェフユナイテッド千葉 52 41 13 13 15 51 1.24 (8) 52 1.27 (14) -1 55

  ジュリーニョ  都倉
               (櫛引)
	
           荒野
          
  堀米  宮沢  上里  石井
 (ヘイス)    (内村)
 
   福森    河合    進藤
                  
       ク・ソンユン
         
sub:金山 増川  前寛

とってもしびれました。こんな展開あるんですね。しかも、そんな場に居合わせたことも今後あるかないかです。残りワンプレー位の時間帯で、勝ち点1が3ですよ。この違いはとてつもなく大きいです。ちなみにワタシの今年の参戦は3戦全敗無得点でしたが、4戦目今季最後の参戦にて、最高の結果でした。

完売で拡張されたアウェイ席中心に約3000人集結。試合前から興奮のるつぼ状態でした。肝心な試合の入り方たもよく、なかなか相手にボールを渡さず前に進ませない展開でした。時折攻められるものの決定的なピンチは少なく、あえて言うなら得点された時くらいでしょう。ただ、アウェイで勝てていなかったことから、どうしても悲観的になってハーフタイムに入りました。

後半開始と同時に内村を投入。ボールの動きがよくなり都倉が反応する場面がありましたが、その後はしばらく相手のペース。しかし、立ちはだかったのは河合のブロックでした。特に至近距離でのディフェンスは意地でもボールを渡さない執念を感じました。そんな気持ちはみんなに伝わるものですね。右サイドからの福森のFKに、都倉が相手のマークを振り切って、ヘッドを合わしてネットを揺らしました。都倉のお得意のパターンで決めて同点になったものですから、スタジアムの雰囲気一変しました。

その後も攻めましたが、決まりそうで決まらず。40分過ぎから櫛引が準備していましたが、その直後に都倉の脚が悲鳴を上げ、担架でピッチの外へ。そのまま交代になり、正直反撃ムードがしぼみました。アディショナルタイム5分で、その4分の時、ペナルティエリア前の河合からのロングボールに内村が反応して、相手を振り切ってゴールを決めました。これにはみんな大興奮で、負傷したはずの都倉が真っ先に駆け寄った程でした。報道陣も群がり、アウェイではない異様な雰囲気と言っても、言い過ぎではないでしょう。これには相手もがっくりし、その2分後にタイムアップ。あいさつの前に先に選手か肩を組みました。すーすきのへ、いこーう!の大合唱です。

今日の寸評(ひとこと)

それでも苦言をいわせろ

まだ、昇格は確定していません。今度こそ、回りは祝賀ムードになりすぎないように。しかも、最終戦はジュリーニョと福森が累積警告で出場停止です。でも、目の前にあって、手に届いているのは間違いないので、今節のように気合いの入った試合を。

最終戦はドームで最下位ツエーゲン金沢戦。同情せずに、今節のように気合い入れて戦うのみ。無失点で終えれば、他会場を気にする必要なし。しかし、引き分け狙いは難しく、清水エスパルス松本山雅FCは勝つとみなして、きっちり勝って終えるべし。

(15日 08:10)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-1120120603 |  2016/11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003