CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2018/05/)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-05201613090502 |  2018/06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003


  2018/05/20

いいところなく完敗
4失点からやりなおそう

ヴィッセル神戸 4-0 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第15節5/20現在) 得点 失点
6 ヴィッセル神戸 22 15 6 4 5 23 1.53 (1) 17 1.13 (8) 6
5 北海道コンサドーレ札幌 26 15 7 5 3 20 1.33 (7) 17 1.13 (8) 3

         都倉
       
   チャナ     三好
  ティップ  (ジェイ)

  菅             駒井
(石川)     
 
     深井    宮沢
    (荒野)
           
  福森   キム   進藤
        ミンテ
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 早坂 兵藤 宮吉

連続記録なんて、いづれ止まるものです。くやしいが、受け入れることも必要なのです。大事なのは、負けて何を学ぶかなのでしょう。

それにしてもいいところなかったですね。CKで先制。振り切られて2点目。ほぼプレゼントな3点目。2人少なくなったあとの4失点目。キムミンテは明らかなファールであり、宮沢は足の裏を向けていて、言い逃れの出来ないカードでした。しばらくいいところばかりだったものだから、一気にウミが噴き出ました。ここまでダメだと、かえってすがすがしいです。

そんな余裕なことを言っていられるのも、前節14試合目で3位だからですよ。好調の陰に不安が隠れていました。動きの悪さや、中央ががら空き気味、前線が分断されるといった、課題がいっぱい出ました。中断期間の宿題として、たっぷりパワーアップして再開するのなら、この敗戦は決してムダになりません。

試合経過

立ち上がりから相手の勢いに押される。9分にCKから、強烈なヘディングシュートを浴びて、先制される。23分にも追加点を許して、劣勢のまま前半を終える。

後半開始と同時に、石川とジェイを投入。8分に決定機を作れたが、至近距離からのジェイのヘッドはポストに直撃し、こぼれ球を進藤が拾ったが阻まれた。

その直後、相手GKからのロングボールに反応されて、3点目を許す。24分にキムミンテ、28分には宮沢がそれぞれ2枚目のイエローカードで退場。2人少なくなっても攻撃的姿勢は失わなかったが、得点できず。42分にダメ押し点を奪われ、今季最多の4失点で試合を終えた。

この試合の収穫

連続無敗記録が止まったのが、連戦の最終戦だったのは、むしろよかったのではないでしょうか。気分転換には充分過ぎます。連敗や連続未勝利中なら、重たいまま中断期間になりますが、ある意味よい形ではないですか。

J1連続無敗記録は11でストップしましたが、勝ち点26の5位です。これまでやってきたことに自信を持ちましょう。結局W杯メンバーは出ませんでしたが、その分たっぷりリフレッシュできます。菅と三好には、U21で世界をたっぷり堪能していただきましょう。どのチームもレベルアップは間違いないですが、こんなに明るい中断期間は初めてですよね。あっ、今年こそ、天皇杯は貫禄勝ちしてください。切望です。

(22日 08:20)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/05/16

悪いばかりではない
希望もあるぞ

北海道コンサドーレ札幌 0-3 清水エスパルス

 得点者

順位 Bグループ第6節
得点 失点

1 ヴァンフォーレ甲府 10 5 3 1 1 10 2.00 (1) 4 0.80 (1) 6
2 ジュビロ磐田 9 5 3 0 2 8 1.60 (2) 7 1.40 (3) 1
3 清水エスパルス 7 5 2 1 2 5 1.00 (3) 5 1.00 (2) 0
4 北海道コンサドーレ札幌 3 5 1 0 4 4 0.80 (4) 11 2.20 (4) -7

       ヘイス
       
 ジュリーニョ  宮吉
	
 石川            白井
  
     兵藤     荒野
    (藤村)  
     
  中村   稲本   早坂
        (内村)
 
         菅野
         
sub:阿波加 横山 田中
     福田 本間

グループリーグ最下位が決定しての消化試合ではありますが、試合展開はいただけないです。チャンスを作れていたのに、ラフプレーでPKをとられ、さらにその直後に追加点献上。余韻が覚めないうちに2点ビハインドへを負ってしまうのは、ガックリして立ち直る間もなく失点を繰り返した頃を思い出します。

相手は、勝ってグループステージ突破に望みをつなげたく、何としても勝利が必要でした。勢いがでるまえに出鼻をくじきたかったところですが、自滅でした。いいところなく敗退になりましたが、必要以上にガックリしなくていいです。気持ち切り換えましょう

試合経過

前半はチャンスを作れてゴールに迫ったが無得点。後半開始早々に、稲本のラフプレーでPK献上。これを決められて先制を許すと、続けざまに追加点を奪われた。14分に最終ラインの稲本に代えて内村を起用したが、実らず。逆に3点目を与えて、決定づけられた。

この試合の収穫

横山でなく、田中でもなく、二種登録の中村がフル出場。まだ高校生ですが、左DFとして活躍しました。特筆されています。

周囲はその素質を高く評価した。普段は特定の選手についてコメントしないミハイロ・ペトロヴィッチ監督(60)が「唯一前向きな要素は中村」と声を弾ませたほど、存在感は際立っていた。三上大勝GM(46)も「走る、戦う、蹴るという部分は十分やれる。現時点で昇格候補にある」

ルヴァン杯の結果は知っての通りですが、収穫も残せました。

次の日曜、アウェイのヴィッセル神戸戦が、中断前最後のリーグ戦になります。勝って気分よく、ワールドカップを観ましょう。あっ、天皇杯もね。

(19日 02:30)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/05/13

互いにに力を示した
スコアレスドローは上出来

FC東京 0-0 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第14節5/13現在) 得点 失点
2 FC東京 27 14 8 3 3 21 1.50 (2) 13 0.93 (3) 8
3 北海道コンサドーレ札幌 26 14 7 5 2 20 1.43 (3) 13 0.93 (3) 7

       ジェイ
       (早坂)

   チャナ     都倉
  ティップ   

  菅              駒井
(石川)     
 
     深井    宮沢
    (荒野)
           
  福森   キム   進藤
        ミンテ
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 兵藤 
     ジュリーニョ 宮吉

開門前に雨が降り始めて、雨具でスタジアム入り。ずっと雨で全身ずぶぬれでした。悪天候のコンディションからGKの質が勝負になると見ていましたが、互いに譲りませんでした。2位と3位の好調同士の直接対決でしたが、両者の力が反映された妥当な結果でしょう。とはいえ、アウェーでスコアレスドローで勝ち点1は悪くありません

三好が出場停止。ジェイがメンバー復帰で、どのような布陣にするのか注目でしたが、都倉がシャドーの位置に入り、いきなりジェイがスタメンに復帰しました。マークが分散されて脅威になると思いましたが、実際にはしっかりマークされました。二人になかなかボールが届きません。代わりにチャナティップがフリーでボールを受けたり突破しょうとする場面がよく見られましたが、そこからなかなかうまくいかなったですね。周りに合っていませんでした。人数が増えてきた頃には相手陣形が整う場面がよくありました。両サイドは相手の突破のケアで手一杯いで、時折菅がドリブルからクロスを供給するくらいでした。なかなか、分厚い攻撃をさせてくれませんでした。

後半が始まると、立て続けにチャンスができました。駒井が前に出てこれると好機が増えますね。しかし、最後の守備力をこじ開けられなかったですね。キーパーよりも最終ラインな阻まれました。室屋、森重、太田、チャン・ヒョンスと揃っては、得点は容易ではありません。終了間際に連続CKや都倉の2連続ヘディングシュートで迫りましたが、GKにセーブされるました。

今日の寸評(ひとこと)

この試合の着眼点

まだまだですね。後半9分に右サイドを上がっていた室屋に抜け出されて、ペナルティエリア中央からシュートを打たれました。ソンユンのセーブに救われましたが、このように抜け出されて中央突破が目につきました。そんな展開から、攻撃よりも守備に重きを置いた交代はやむを得ないでしょう。とくに石川は、相手を止めて、反撃につながりました。

5月16日(水)19:00からは、厚別でルヴァンカップ清水エスパルス戦。5月20日(日)17:00から、アウェーでヴィッセル神戸戦。ようやく連戦が終わります。ここまで来たら連続負けなし継続中で中断に入りたいですね。

(15日 08:40)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/05/09

お礼参りの二発
金園から食らう

北海道コンサドーレ札幌 0-3 ヴァンフォーレ甲府

 得点者

順位 Bグループ第5節
得点 失点

1 ヴァンフォーレ甲府 10 5 3 1 1 10 2.00 (1) 4 0.80 (1) 6
2 ジュビロ磐田 9 5 3 0 2 8 1.60 (2) 7 1.40 (3) 1
3 清水エスパルス 7 5 2 1 2 5 1.00 (3) 5 1.00 (2) 0
4 北海道コンサドーレ札幌 3 5 1 0 4 4 0.80 (4) 11 2.20 (4) -7

         ヘイス
       
   宮吉   ジュリーニョ
	
 田中            早坂
(中村)
  
     荒野     兵藤
    (兵藤)  
     
  石川   横山    濱 
        (藤村)
 
         菅野
         
sub:阿波加 キムミンテ
     福田 本間 菅

忘れかけてしまいましたが、金園が期限付き移籍しているチームとの対戦です。お礼返しをたっぷりいただきました。確かに相手のプレスは素晴らしかったのですが、前半6分と16分に失点では、ゲームが壊れてしまいます。勝利以外ではグループステージ敗退だったのですが、いいところなく負けてしまいました。

下のカテゴリーに属して監督交代があったばかりのチームです。どちらもメンバーを直近のリーグ戦から入れ換えていますが、2点目を奪われる直前、容易なパスミスや自陣で相手にボールを奪われる場面が目立つと、テキスト速報にかかれてしまうのは、いただけません。

試合経過

立ち上がりからタイムアップまで、ほぼ相手に支配されて終わった。ゴール前の混戦から先制されると、をしてしまう。勝たなければいけない札幌をよりおびき出す意味では、イージーなミスからボールを渡してピンチを招く悪循環。自陣ゴール前で横山の不用意なバックパスを奪われて、追加点を献上した。

後半は、宮吉やジュリーニョが決定機にシュートを放ったが、枠をとらえられなかった。逆に3点目を許し、完敗した。

この試合の収穫

現役高校生の中村が二度目の出場。左サイドに入って鋭いパスを出し、監督よりブラボーをもらいました。次はもっと時間を与えてほしいですね。高卒ルーキーの濱はフル出場しました。藤村も後半20分に、横山に代わって途中出場しています。残り一試合、レギュラークラスの底上げだけてなく、若手が出場機会をつかみとってほしいです。

中3日空いて、5月13日(日) 16:00からは、味の素スタジアムで FC東京戦。なんと勝ち点差1での2位3位直接対決です。好調同士の対戦に見られるところですが、三好にイエローカードで出場停止です。もう、すでに監督のアタマの中では想定済みなのでしょうが、どんな手を繰り出してくるのかも見どころです。そんな一戦、ワタシも乗り込みます。

(11日 20:30)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/05/05

注目度も右肩上がり
原点は厚別二連笑

北海道コンサドーレ札幌 2-0 ガンバ大阪

 得点者

順位 (第13節終了時) 得点 失点
3 北海道コンサドーレ札幌 25 13 7 4 2 20 1.54 (2) 13 1.00 (4) 7
16 ガンバ大阪 13 13 4 1 8 13 1.00 (15) 18 1.38 (13) -5

         都倉
       
   チャナ     三好
  ティップ   (荒野)

  菅              駒井
(石川)     
 
     深井    宮沢
    (兵藤)
           
  福森   キム   進藤
        ミンテ
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 早坂 
       ジュリーニョ 宮吉

右肩上がり同士の対戦で完勝できたのは、聖地厚別のおかげなのでしょうか。実力であってほしいと思います。これで10戦無敗で、注目度も上がっています。手倉森コーチが視察に訪れて、都倉を絶賛していました。これまで単なるウワサや願望の代表入りはありましたが、今季通算5点目を今季2本目のオーバーヘッドで決めたことも大きいでしょう。フィジカルやデュエルも注目されています。また、J通算100得点目で、チーム単独トップの60得点目でもあります。

この試合で目立ったのは、都倉だけでもありません。ようやく深井にスポットライトが当たるようになりました。先制点を取っただけでなく、最終ラインからの組み立てで起点になっていました。ミシャサッカーのポゼッションやビルドアップに不可欠です。これまで両膝の手術を繰り返してまともにシーズンを戦えていませんでしたが、ようやくセンスが開花するときが来ました。

もちろんペトロヴィッチ監督の手腕も見逃せません。ターンオーバーに成功しました。活躍していなかったら単なる選手の入れ替えですが、どちらの試合も活躍して、意味を持った起用でした。前節は走力に対抗した、早坂の先発起用。今節は相手の後ろからビルドアップに対して、自分たちのゴールから遠ざけていくためのハイプレスでした。前線の3人は万全でプレーし、都倉は結果を出しました。

試合経過

前半はハイプレスで相手を圧倒し、チャンスをほとんど与えなかった。39分に、福森の左クロスのこぼれ球を、深井が左足ボレーでゴールを決めて先制する。

後半と同時に相手が2トップに変更したことにより、守備がうまくハマらなくなってきた。これに対して後半12分に、三好に代えて荒野を投入して、2トップ3ボランチの形に変更。27分に、駒井のクロスを、ペナルティエリア中央で都倉がバイシクルシュート。これが決まって、追加点を奪った。

終盤には、相手の猛攻に対して、32分に石川を、37分に兵藤を投入して対応。2点リードを守り切って、勝ち点3を上積みした。

それでも苦言をいわせろ

3位、10戦負けなし、全国紙に登場、都倉日本代表入りかなど、やたら景気のいいワードが飛び交っています。こんな時だからこそ、歴史は忘れるべからず。何度となく、残留を果たせなかった頃の悔しさを忘れないように。そして、聖地厚別の輝かしい歴史も。

5月9日(水) 19:00は、厚別でルヴァン杯ヴァンフォーレ甲府戦。5月13日(日) 16:00からは、味の素スタジアムで FC東京戦。これは勝ち点差1での2位3位直接対決になります。しかし三好にイエローカードで出場停止です。条件は厳しいですが、織り込み済みで策を練ってくるでしょう。

(6日 23:40)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2018/05/02

ジュリーニョ2発
窮地を救う逆転勝利

サガン鳥栖 1-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第12節終了時) 得点 失点
17 サガン鳥栖 8 12 2 2 8 11 0.92 (15) 20 1.67 (16) -9
3 北海道コンサドーレ札幌 22 12 6 4 2 18 1.50 (2) 13 1.08 (5) 5

         内村
        (兵藤)
	   
   宮吉     早坂
          (FWへ)

  菅             駒井
(ジュリーニョ)     
 
     深井    宮沢
    (荒野)
           
  福森   石川   進藤

 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 濱 白井

正直、今回はあきらめていた方は、ワタシだけではないでしょう。でも、終わってみれば逆転勝利。9戦連続負けなしの、J1での新記録を更新しています。

キムミンテが出場停止。前線の都倉・三好・チャナティップが日程を考慮して、ターンオーバー制で帯同せず。ベンチ入り予定の稲本が、出発直前で腰痛で、宿舎待機。そのため、ベンチ入りメンバーは、一人少ない6人になりました。メンバーを見たときはびっくりしましたが、決して捨てゲームとみなしていたわけではありません

仙台から戻った翌日の日曜ははリカバリーが精一杯。レギュラークラスは月曜は自由参加になり、その翌日火曜には九州に向けて出発。そして水曜の今節です。コンディションを戻せるかどうかの日程で、選手に90分間良い動きを求めるのは酷です。その上、今季初先発の内村が前半19分で担架で運ばれて負傷交代ですから、相手に主導権を握られても責められません。むしろ、よく前半を無失点でしのいだと思います。後半早々に先制を許したのも、そういった流れからでしょう。

しかし、逆境から冴えわたるのがミシャ采配です。後半21分ジュリーニョを投入。28分には荒野を入れて、宮沢と共に最終ラインに入って、ビルドアップを狙いました。これが当たり、主導権を握っていきます。形勢逆転する様子は、ヤッターマンがドロンボー達を追い詰めていく図式を思い出してしまいます。

試合経過

前半19分に今季初先発の内村が負傷交代。急遽兵藤を投入したが、攻め込まれる戦いを強いられる。後半開始直後に、DFラインの連係ミスから一点を先制された。

後半28分に荒野を投入して、宮沢と共に最終ラインから攻撃を組み立てて、ようやく反撃する。後半34分に福森のCKを進藤がヘッドで落とし、混戦からジュリーニョが反転してシュートを決めて同点。この4分後に、ロングパスに反応したジュリーニョが抜け出し、シュートがGKに当たりながらもゴールして逆転。これを守り切って勝ち点3を手にした。

それでも苦言をいわせろ

毎週2試合の日程が、ワールドカップによる中断まで続きます。あらためてですが、前半に動きが重いのは、仕方ないのです。そりゃ出足がいい方が良いに決まっていますが、求めてはいけないでしょう。これまでとの違いは、采配でカバーできているところです。

5月5日(土/祝)、子供の日は、14:00キックオフで厚別でガンバ大阪戦。ホーム側は完売の席種が続出し、アウェイ側も残りわずかです。ひさびさに大観衆の中での、厚別での試合になるでしょう。相手は調子を上げて乗り込みますが、聖地厚別です。温存メンバーを満を持して投入して、勝ちに行きます。

(3日 23:00)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-05201613090502 |  2018/06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003