CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2009/06/27)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2009-06272421140703 |  2009/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
重症だ
つけるクスリはあるのか?

ベガルタ仙台 1-1 コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第 24 節) 勝点得点失点得失差
3 ベガルタ仙台 49 24 15 4 5 41 1.71 (3) 17 0.71 (1) 24
9 コンサドーレ札幌 34 24 8 10 6 32 1.33 (8) 29 1.21 (8) 3
順位 (第2クール) 勝点 得点 失点 得失差
3 ベガルタ仙台 14 7 4 2 1 13 1.86 (6) 5 0.71 (2) 8
13 コンサドーレ札幌 7 7 1 4 2 7 1.00 (12) 8 1.14 (7) -1

         キリノ 
        (上原)
         
  岡本  クライトン  藤田
(中山>FWへ)

     宮澤     ダニルソン
   (砂川)  
     
  上里  吉弘  チョウ  西嶋
(ボランチへ)

           荒谷

sub:高原 西

またまた残り10分で追いつかれて引き分けですか。。。梅雨の天候といっしょで不快指数が高くなりますなぁ。守りきれないと斬るのはカンタンだけど、何にか対策はないものですかなぁ。順位が下がっていくのを黙って見ているのか、それともぼやいてほっとくしかないのでしょうか?

31度の暑さにも負けずに試合開始から攻め続けます。怒涛の攻撃を仕掛けながらも無得点に終わるのがここ最近の傾向。それでも後半開始から早い時間帯にラッキーながらも先制点を取れるのだから、昇格圏内のチーム力はあるんですよ。その後の戦い方が問題です。得点直後に荒谷のファインセーブが脳裏に残って、こわくなったのでしょうか。

後半17分、岡本に代えて中山を投入。4-2-3-1から3-5-2にシステムを変更し、追加点を狙いました。だが、相手もMF関口を高い位置に移動して、2トップから3トップへシステム変更します。関口とリャン・ヨンギといった、J2屈指の攻撃的MFが相手の左サイドに張り付き、DFが1人減った最終ラインの右サイドを執拗に突かれました。リスク承知で攻めに行くにしても、中盤でミスしてフリーでヘッドで叩き込まれては意味ありません。

この試合の着眼点

逃げ切りたくても、逃げ切れる駒はなし。追加点を狙って墓穴を掘る。よーく面子を見ると、サブに純正ディフェンダーがいない。上里や西はもっと前でプレーしたほうが生きる。箕輪が今季絶望。曽田は目途立たず無理できない。復帰待ちの目論み崩れています。最終ラインのスペシャリストを入れると、柴田・堀田・岩沼に刺激を与えることもできます。いかがでしょうか。

石崎監督は「勝つだけのサッカーなら、戦い方を変える。目的を持ってチームを作っていかないと、成長はない。それはクラブも求めていない」と、J1昇格後を見据えた土台づくりを強調している。これは正論で的を得ている。しかし、短期的な刺激がないと、モチベーションが萎えます。次節ドーム3万人動員プロジェクトがいい機会か。それとも隠し玉があるのか。早くスカッとしたゲームを見たい。

(1日 01:00)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2009-06272421140703 |  2009/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003