football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2020/07/08号

カシマで勝ったどー
武蔵3戦連発で連笑

鹿島アントラーズ 0-2 北海道コンサドーレ札幌

第3節 7/8 現在 得点 失点
18 鹿島アントラーズ 0 3 0 0 3 1 0.33 (17) 7 2.33 (16) -6
6 北海道コンサドーレ札幌 6 3 2 0 1 6 2.00 (2) 5 1.67 (12) 1

        ジェイ
        (高嶺) 

  チャナ       鈴木
 ティップ     (駒井)
 (金子)
 
  菅             白井
             (ルーカス
        フェルナンデス)

    深井      荒野
   (田中)

  福森   宮沢   進藤
 
         菅野
         
sub:カウィン キム ミンテ

この日がやってくると思っていませんでした。カシマサッカースタジアムで初勝利ですよ。ここ2年負けなし。3月の公開練習試合での勝利がありました。無観客でホームの声援がなく、監督や選手の入れ替わりが激しくて並みに乗れない相手のチーム事情を差し引いても、決して偶然ではない勝利を宣言して良いでしょう。

鈴木武蔵が冴えていましたね。宮沢が最終ライン深いところからロングフィードを送るのは特性がわかっている証拠です。高い位置にいた相手DF陣はあわてていました。GKは前に出るしかなく、うまくかわして、ボールは無人のゴールに入りました。J1 で開幕から 3戦連続ゴールはチーム初です。その後もスピードを生かしていましたが、前半25分、駆け上がっているときに、突然ストップ。太ももの張りを感じたため大事をとって交代とのようです。連戦を考慮してなら気になりませんが、箇所が箇所なだけに気になります。

この試合でひときわ目立っていたのは菅野でしょう。とりわけ後半はピンチの場面が多く、何度も防いでくれました。至近距離での対応や反応、安心して見ていられました。今季初の完封勝利をカシマで挙げられたのは、文句なく菅野の貢献によるものです。

前節とメンバーと出場選手が同一。上手くいってる証しですが、このままで今後乗り切れるはずがなく、途中出場選手の活躍を待望していました。駒井のボール奪取から粘って、ルーカスフェルナンデスへのパスから追加点に。囲まれながらも、二人をフェイントでかわして、さらにGK との1 対1 を制しました。相手へのダメージだけでなく、次へとつながる追加点でした。

試合経過

開始7分に、宮沢のロングフィードに反応して鈴木が抜け出し、GKをかわしてループシュートで先制する。しかし、25分に鈴木が左太もも裏を負傷して駒井と交代。前半は押している時間帯が多く、1点リードのままハーフタイムに入った。

後半はピンチを迎えたが、枠を外れたりポストに助けられる。19分に、3人同時交代で 田中、金子、ルーカスフェルナンデスが、25分には高嶺がそれぞれ入った。その後の反撃は、菅野のビッグセーブでしのいだ。アディショナルタイム3分に、駒井のパスを受けたルーカスフェルナンデスが個人技で追加点を決めて、試合を決定づけた。

それでも苦言をいわせろ

今回は勝てたとはいえ、相手は王者ですよ。シュート7本に対して18本で、防戦ながらも勝ちを拾えたことを忘れなく。まだ相手は体勢が整っていない感がありました。10.17(土)のホームでの対戦は、現在とは違ったチームになっているはずです。

また中3日で、7/12(日)19時から湘南ベルマーレ戦。ようやく観客を入れての試合が再開です。しかし、「上限5,000人」となり、ゴール裏を除き「全席指定席」になります。アウェイエリアは設けません。オイラの声援は届かないでしょう。日程が密接・密着・過密の三密なので、コンディションに注意を。

(9日 19:50)