CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2009/01)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2009-012701 |  2009/04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003


  2009/01/27

石さん、選手みんな、
たのんます
元気があればJ1に上がれる
 FW
9 石井 謙伍
11 宮澤 裕樹
13 中山 元気
19 キリノ
24 横野 純貴
26 上原 慎也




 MF
7 藤田 征也
8 砂川 誠
10 クライトン
14 ダニルソン
17 岡本 賢明
18 芳賀 博信
20 上里 一将
22 西 大伍
23 岩沼 俊介
27 古田 寛幸
 DF
2 吉弘 充志
3 柴田 慎吾
4 曽田 雄志
5 箕輪 義信
6 西嶋 弘之
15 チョウ ソン ファン
25 堀田 秀平



 GK
1 佐藤 優也
16 荒谷 弘樹
21 原 寿康
28 曳地 裕哉






石崎監督就任があったにもかかわらず完全に抜けてしまいましたが、ココで追いついておきます。単身赴任ではなく、家族(夫人)と共に札幌に乗り込んでくるのがよい。過去に単身赴任でJ1に昇格した例はなく、逆に家族と共に来たときは昇格しています。これだけでも今年昇格できそうな気がしますよね。

これだけなら単なるジンクスでアテになりません。でも、そんなムードをもたらしているのは確か。ダイコン踊りでもなんでもやるといった明るさがチームを変えています。練習では罰ゲームに一発芸です。しかし明るいだけで勝てるほどプロの世界は甘くない。そこは走って走って走りまくって、J2史上最高の51試合を乗り切ろうとします。ホームでは楽しんで、アゥエーはコンディション重視です。

現在、補強はこれで打ち止めですが、DFが質量足りない。箕輪の復帰が夏にずれ込み、曽田も開幕に間に合わないものとみなすべき。計算できるのは西嶋と成長したときの柴田、ハズレなかったときのチョウ=ソン=ファンになる。4バックならサイドバックに上里や芳賀を起用するつもりなのだろうか。石崎門下生の補強も視野に入れるべきです。

中盤は香川がいるセレッソや関口がいるベガルタに見劣りしないと思っていたら、クライトンが退団の危機。ブラジル復帰への意思を示していて、これが本当なら昨年の二の舞になりかねない。

3回戦制、1クール17試合、昨年加入のFC岐阜ロアッソ熊本だけでなく、今年新加入の栃木SCカターレ富山ファジアーノ岡山との対戦も控える。危機管理やシーズン中の手の打ち方も大事な一年になる。素早い対応お願いします。

(27日 0:10)


戻るこのページトップfootball予想・投票室CSトップコンサドーレ札幌掲示板何でも掲示板
  2009/01/01

2009年 明けまして
おめでとうございます
今年もよろしくお願いします

ウッシッシ・・・

ガンバ大阪1-0柏レイソル

 得点者

おせちではないですが、例年のごとく天皇杯決勝を見ていきます。

アジアチャンピオンで過密日程のチームにハンデあり。佐々木・二川は世界クラブ選手権で戦線離脱し、遠藤は疲労困憊。石崎ノブリンのラストゲームでまとまるレイソルにも勝機あり。そんな両チームのシチュエーションは、とても難しく、ロースコアながらも見ごたえあるものだった。

ガンバの選手のコンディションを反映してゲームが進む。しかし西野監督には90分ではなく120分、さらにはPKまで見据えたプランができていたのだろう。実際押し込まれても耐えうる守備力はあり、最初のカードを切ったのも延長後半開始からだ。

それまでに先制してゲームを決めておきたかった

アジアチャンピオンで過密日程のチームにハンデあり。佐々木・二川は世界クラブ選手権で戦線離脱し、遠藤は疲労困憊。石崎ノブリンのラストゲームでまとまるレイソルもまたプラン通り。ファイナリストにふさわしい戦いを見せてくれたが、前半優位に進めていたときと、後半にフランサと李を投入したときに先制できなかったことが悔やまれる。

そこは勝負の綾で、ガンバは橋本と遠藤の位置を入れ換えて、遠藤の負担を軽減するとともに守備のケアを目指した。これで中盤の底で基点ができ、ボールが回りやすくなるとともに途中出場の2トップと中盤の分断にも成功した。ゲームを支配し続けることになる。

あとはどっちの気持ちが強いかの問題。ガンバは 二冠を得ることよりも、ACL出場権を得てアジア連覇を目指す意気込みが、選手だけでなく監督以外スタッフからも強く感じられた。それには何が何でも天皇杯を制するしかなかったからだ。

時期的なところから、よく天皇杯の意義を論じられるが、一石を投じるには充分すぎる今回の大会になった。単にガンバが制しただけでなく、そんなインパクトがある。

敗れたものの王者を追い詰めた石崎監督が就任する今年は、この結果を見るとJ1復帰を期待したくなる。しかしレイソルコンサドーレでは、できることとできないことのちがいがある。じっくりチームを作れる監督なだけに、基礎工事をしっかりお願いしたい。イキのいい素材はたっぷり。守備陣の世代交代もしっかりたのむ。

(8日 0:30)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2009-012701 |  2009/04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003