CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2017/09/30)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2017-0930231609 |  2017/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
負けずに勝ち点上積み
それが大事

サンフレッチェ広島 2-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 第28節 10/01現在 得点 失点
最大
勝点
13 清水エスパルス 29 28 7 8 13 31 1.11 (13) 45 1.61 (14) -14 47
14 北海道コンサドーレ札幌 28 28 7 7 14 27 0.96 (15) 42 1.50 (13) -15 46
15 サンフレッチェ広島 27 28 6 9 13 28 1.00 (14) 40 1.43 (12) -12 45
16 ヴァンフォーレ甲府 27 28 6 9 13 19 0.68 (17) 32 1.14 (6) -13 45
17 大宮アルディージャ 22 28 5 7 16 25 0.89 (16) 48 1.71 (17) -23 40
18 アルビレックス新潟 12 28 2 6 20 19 0.68 (17) 56 2.00 (18) -37 30

        ジェイ
         (内村)
   
   チャナ      都倉
  ティップ    
    
 石川            早坂

     荒野     宮沢
             (小野)
 
  福森    横山    菊地
         
      ク・ソンユン
         
sub:金山 稲本 石井 河合 菅
          

正直、負けなくて勝ち点1を得られて、御の字です。敗戦だけは避けられました。順位も14位のまま維持しました。実は、過去勝利なしのEスタで初の勝ち点でもありました。

ヘイスと兵藤が欠場になりましたが、そんな心配は無用でした。やっぱり都倉の前線からのディフェンスは効いていましたね。荒野は、代役とするにはおこがましいと言わんばかりの精力的な動きででした。横山はFWパトリックを自由にプレーさせませんでした。菊地は倒してPKを与えましたが、一対一に果敢に寄せていたためとしましょうよ。玉際に強くなり、何がなんでもゴールを割らせない戦いは、間違いなく今後につながります。

試合経過

立ち上がりから出足がよく、主導権をにぎるが、前半はスコアレスで終える。後半も前に出て攻めの姿勢を示していたが、後半13分に菊地がアンデルソンロペスとの競り合いで倒してしまい、PKの判定。冷静に決められて、先制点を許した。

しかし後半22分には、荒野のクロスがハンドを誘発し、PK を得る。これを都倉が左足で決めて、同点に追い付いた。30分に小野を、42分に内村をそれぞれ投入。互いにビッグチャンスがあったが決められず、勝ち点1を分け合った。

この試合の着眼点

時には今節のように守備的な戦い方も必要です。しかし、引きこもり一辺倒ではなく、前に出て行って攻めつつ守ったことは評価できます。これなら上位チームに耐えながらチャンスを待つ戦いができるてしょう。

10月はその上位勢との対戦です。2週間あいて、10/14(土)13時に、厚別で柏レイソル戦。21日(土)16時に味スタでFC東京戦。29日(日)16時からはドームで鹿島アントラーズ戦。この3試合で勝ち点3はほしいですが、勝ち点2でも上出来でしょう。勝ち点差2の中に4チームです。残り6試合、この混戦を楽しみましょう

(3日 21:50)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2017-0930231609 |  2017/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003