CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2016/08/11)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-08272521141107 |  2016/08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
ほぼホームな三ッ沢
くやしいが仕方ない出直しだ

横浜FC 1-0 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

第28節 8/11現在 得点失点得失
10 横浜FC 37 27 10 7 10 32 1.19 (10) 33 1.22 (12) -1
1 北海道コンサドーレ札幌 59 27 18 5 4 44 1.63 (2) 19 0.70 (1) 25

    荒野        都倉
 (左サイドへ)
   
          宮沢
		 
 石井  堀米  深井 マセード
(内村)(小野)
 
  福森    増川    櫛引
                 (上原)
          金山
         
sub:阿波加 菊地 上里 神田
     

アウェーゴール裏C自由席は完売。メインスタンドもバックスタンドも半分は赤黒で、ニッパツ三ッ沢スタジアムはホームも同然な状態でした。ここ数日の猛暑から落ち着いた中での試合でしたが、快進撃からも落ち着いて小休止です。しかし今年も生観戦は0勝3敗ノーゴールです。。。

5戦負けなし対10戦負けなしの対決は、きっこうした戦いになりました。互いに攻撃の糸口のさぐりあいで、なかなか前に進めません。思ったより相手のプレスが強かったこともありましたが、前線から最終ラインまでの距離が長くなってコンパクトにボールが回せていませんでした。相手は奪ってからのショートカウンターを警戒し、ウチラはイバをイバらせないように徹底マークし、その意識が互いに表れていました。そんな中でも同じ位にチャンスはありましたが、五分五分の形勢で前半を終えました。

後半の出足は良かったですね。堀米が前に出てきて、分厚い攻撃が仕掛けられるようになりました。マセードのオーバーラップは攻撃に転じていた時に必ず効いていました。しかしこの後半の時間帯で得点を取れなかったことが響きました。決めにかかろうと後半17分に内村を投入。波状攻撃を決めにかかりました。1分後のマセードのドリブル突破からのシュート、後半20分の内村のドリブル突破、その2分後の内村の飛び出し。間違いなく先制間近でした。しかし、実際に先制したのはこの3分後で、相手のCKを金山がパンチングとも当てただけとも取れるボールを拾われた結果でした。

先制点に慣れていると、同点にするのはしんどいです。先制されてひっくり返したのは、6/13V・ファーレン長崎までさかのぼります。後半に追いついたのは4/17モンテディオ山形。後半に先制されたのは、開幕2/28東京ヴェルディのみで敗戦。反撃できても単発に終わり、ゴールに迫っても相手の守備網にかかって撃てず、4敗目を喫することになりました、

今日の寸評(ひとこと)

この試合の収穫

菊地の温存でしょう。疲労を考慮して、7月に加入後、7戦目で初めて先発を外れました。

また、選手が戻ってきました。宮沢は復帰後初のフル出場。櫛引は負傷していないが久々の先発。上原も短いながらも戻ってきました。稲本は試合前に歩いてあいさつに来ました。離脱者ばかりでしたが、ようやく明るいニュースも出てきています。

次は中2日で、8/14(日)モンテディオ山形戦。マセード、増川の2人が出場停止。ヘイス、ジュリーニョも離脱中と大変なところですが、相手はもっと大変です。14試合ぶりに無失点に抑えたものの、7試合連続未勝利中。相手に勝利への執念に負けないように。なお、ドームの前売りは、すでに13,000枚を超えています。大歓声で後押しお願いします。

(12日 17:50)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-08272521141107 |  2016/08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003