football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2019/10/26号

この舞台に戻って来る
頂点は簡単に立たせてくれず

北海道コンサドーレ札幌 3-3(PK4-5) 川崎フロンターレ

得点者

PK 戦 川崎フロンターレ(PK5-4)北海道コンサドーレ札幌

  1. ○ 小林 悠 ー ○ アンデルソンロペス
  2. ○ 山村 和也 ー ○ 鈴木 武蔵
  3. ○ 中村 憲剛 ー ○ 深井 一希
  4. × 車屋 紳太郎 ー ○ ルーカスフェルナンデス
  5. ○ 家長 昭博 ー × 石川 直樹
  6. ○ 長谷川 竜也 ー× 進 藤亮佑


        ジェイ
 (アンデルソンロペス)

  チャナ     鈴木
 ティップ   (荒野)

  菅              白井
(中野)        (ルーカス
         フェルナンデス)

    荒野      深井

  福森    キム    進藤
 (石川)  ミンテ  
 
      ク・ソンユン
         
sub:菅野 早坂 岩崎

決勝の舞台です。優勝しないと意味がないと、よく言われますが、そんなことはありません。普段のリーグ戦とも雰囲気、世界がちがいます。新しい景色でした。この決戦に立てるのは 2チームのみです。あと一歩で優勝は逃しましたが、力のあるチームなら、シルバーコレクターと呼ばれながらも必ず勝ち上がってきます。負けたなら、また這い上がりましょう。まだ時期尚早で、再び戻ってこれるから、今回はおあずけになったものだと思っています。そのように考えると、5度目の挑戦の川崎フロンターレの優勝は、見方を変えてくれました。

前後半(試合経過)

早い時間の先制点で、もしかしたら行けるんじゃないと思いました。それほど菅の先制点は重要でした。バーに跳ね返ったのでゴールラインを越えていたのかわからなかったのですが、大舞台で今季初ゴールが決まってくれました。福森のロングフィードを白井が受けて、深い位置から囲まれながらもファーに低いクロスを出せました。この時点だけでも、フロンターレに充分脅威を与えました。

その後もジェイを筆頭に前へ攻めていきますが、しばらくすると、ボールを保持される時間が多くなります。それ自体はリーグ戦でもよくあることですが、違ったのは、出所を伺うパス回しではなく、気がついたら攻められていたことです。J1 の試合とペースは見慣れてきましたが、フロンターレはパスの上手さや精度が格段に違いましたね。前半30分あたりから持たせている傾向でしたが、10分後に、実は相手のペースになっていたことに気づきました。そうなると、前半のうちに同点に追いつかれたのは必然でした。アディショナルタイムのラストワンプレーで、CK からフリーの阿部が胸で収めて、ソンユンの股下を抜かれました。シュート数は7本に対して14本撃たれ、ボール支配率は63パーセントも持たれていました。

後半に入ってからも、この傾向が続きました。こちらの攻撃のノッキングが目立ってきて、もどかしくなってきました。これは監督もすぐ感じ取ったのでしょうか、早めにカードをきります。後半13分に、ジェイに代えて、アンデルソンロペスを入れました。これで、前線でボールが収まってくれて基点ができ、セカンドボールを拾えるようになりました。この交代は成功しましたね。さらに 28分には、白井に代えて、ルーカスフェルナンデスを投入。ドリブルとライン際の粘りは、、フロンターレも手を焼いたことでしょう。しかし、日本代表クラスの中村憲剛を64分に 、小林悠を72分にそれぞれ投入されてはかないません。格の違いと選手層の厚さを痛感しました。もちろんスタジアムの雰囲気も変わります。必然的に攻められる場面が増えました。88分に巧みに胸トラップして逆転ゴールを奪ばわれると、さすがにガックリきました。

アディショナルタイムが 4分と 表示されても、攻撃の糸口がつかめません。その上、時間を使われて、時がどんどん過ぎていきます。後半50分になって、鈴木が右サイド粘って右 CK を獲得しましたが、ラストプレーになるのは確実でした。そこで福森が高精度のクロスを送ると、大島に競り勝った深井がヘディングシュート。ネットを揺らした瞬間は現実とは思えなかったですね。誰が押し込んだのかよくわかっていませんでしたが、言葉になりませんでした。これで望みがつながりました。

延長戦(試合経過)

首の皮一枚繋がると、未体験ゾーンに入ります。120分間の闘いはほとんどの選手は経験ないはずです。そんな中で、勢いそのままに入っていけたのはよかったです。延長前半 3分に、チャナティップが中央で単独突破。ペナルティエリアのぎりぎり外で後ろから倒されました。

この FK を蹴るのは、もちろん福森。しかし、なかなかリスタートしないので、何かでもめているのだろうと思いました。すると、VARの表示。どの場面の検証をしているのか、場内には知らせないんですね。しばらくすると、谷口にレッドカードが出されました。一時イエローカードの判定が下されていたようで、判定の変更。完全に前に出たチャナティップは、後ろからのタックルで倒されて、得点機会阻止になりました。そんな中で福森にとって得意な位置からの直接 FK です。ゴールとの距離や壁の高さを見て、長身の選手が多いニアではなく、ファーサイドに蹴りました。何度も決めたのを見ているのに、きれいに決まった瞬間は、信じられなかったですね。この大舞台、しかも直前の出来事を考えると、プレッシャーもなく、平常心でボールを蹴れたのはすごいです。もちろん森保監督も見ていました。

これで、数的優位になりました。この勢いのまま進みたかったのですが、延長後半開始と同時に、福森に代えて石川への交代で、流れが変わりました。脚が限界だったのでこの交代はやむを得ないのですが、フロンターレにとっては、イヤな選手が退いてくれたと思ったでしょう。しかも、この交代は守りに入るというメッセージに思えました。采配がぶれたように感じましたが、実際にはこの交代しか選択肢はありませんでした。

普段は攻めの姿勢なのに、15分もあるのに守ると思われては混乱します。そんな中で、フロンターレに一人少ないのを感じさせない反撃を受けました。3分、ペナルティエリア内で小林とソンユンが 1対1。キムミンテがブロックしてゴールを死守しましたが、危なくなってきました。しかしこの CK を最後は小林に押し込まれて、再び同点にされました。12分には中野を投入。120分の激闘で決着がつきませんでした。

PK 戦(試合経過)

公式記録では引き分けのこのステージに来ると、半ば運次第になります。それでも有利な材料を見つけたいですが、フロンターレ側のゴールで蹴ることになったのは厳しかったです。順序よりも、エンドの差は出てきますね。誰がどの順番で蹴るかは、論じても意味がありません。メンタルを含めたコンディションで決めたのでしょう。なかなか体感できない PK 戦でわかったことは、外して失敗するのと、止められて失敗するのでは、同じ失敗でも全く違うことですね。石川がスーパーセーブで止められてサドンデスに入ったのは、GK新井にとって優位に立ちました。進藤はキーパーとの駆け引きに負けました。それは必然だったのかもしれません。決して、失敗ではありません。止められたのです

今日の寸評(ひとこと)

この試合を終えて

感謝しかないですね。この舞台に連れてきていただいて、ありがとうごさいます。試合終了直後は、言葉を失って、茫然唖然でした。くやしさいっぱいで表彰式を見ていましたが、少し時間が経つと、ものすごい場所に立たせていただいたんですよね。新しい景色を見ただけでなく、Jの歴史にも立ち会ってきました。

この対戦は、リーグ戦最終節に組まれています。12月7日(土)ドームでの再戦は、アツくなりますよ。ベストで迎えるには。まず次の試合を。11月2日(土)14時から、ドームで名古屋グランパス戦。燃え尽きに注意。そのあと、11月9日(土)14時、アウエーで横浜F・マリノス戦。ニッパツ三ツ沢球技場で、ワタシも参戦します。リーグ戦は残り5試合です。

(31日 00:00)