CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2016/11/03)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-1120120603 |  2016/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
ドームに勝利の女神降臨
昇格に王手

北海道コンサドーレ札幌 4-1 カマタマーレ讃岐

 得点者

第39節 11/3現在 得点失点得失最大勝点
1 北海道コンサドーレ札幌 81 39 24 9 6 62 1.59 (2) 30 0.77 (2) 32 90
2 松本山雅FC 78 39 22 12 5 56 1.44 (4) 28 0.72 (1) 28 87
3 清水エスパルス 75 39 22 9 8 79 2.03 (1) 34 0.87 (3) 45 84
4 セレッソ大阪 69 39 20 9 10 58 1.49 (3) 45 1.15 (10) 13 78
5 ファジアーノ岡山 64 39 17 13 9 53 1.36 (5) 37 0.95 (5) 16 73
6 京都サンガF.C. 63 39 16 15 8 46 1.18 (11) 35 0.90 (4) 11 72
19 カマタマーレ讃岐 39 39 9 12 18 39 1.00 (18) 58 1.49 (18) -19 48

  ジュリーニョ  都倉
    (内村)

           荒野
          
  堀米  宮沢  前寛  石井
       (上原)
 
   福森    河合    菊地
                  (進藤)
		 
       ク・ソンユン
         
sub:金山 増川 神田 菅

背番号096の勝利の女神が降臨しました。大黒摩季さん「コンサドーレ パートナー・アーティスト」第一号です。大きな力を得たのは間違いないでしょう。

さすがに前節からスタメンを入れ換えました。菊地が戻り、河合が中央に入り、石井が右サイド。ジュリーニョだけでなく荒野も復帰しました。内村はベンチスタートでしたが、前の3人は迫力満点で、きれいに1得点ずつ取りました。ジュリーニョはスタメン復帰早々の得点です。その後も中央で動き回って、いるといないときの差を見せつけました。

大きかったのは都倉の8試合ぶりの得点でしょう。厳しいマークにあっていただけでなく、どこか好調時のプレーを見失っていた感がありましたが、よみがえりました。体勢を崩しながらもゴールできて、完全復調ですね。後半にも後方からのロングボールを受けてネットを揺らしたシーンがありました。これはオフサイドになったものの、決まっていればスーパーゴールでした。

ヒーローインタビューを受けた荒野の復帰も、大きなプラスの材料です。ヘイスが今季絶望的で小野は無理できない状態で、トップ下問題の決定打です。堀米の左からのミドルシュートのこぼれ球に反応して押し込んだのが荒野らしさです。後半はアクシデント2回。スパイクのひもが切れて履き直してピッチに戻った直後、エブソンとの接触でまぶた付近出血です。ピッチから離れても大事には至りませんでした。復帰戦とは思えない気合いの入った90分でした。

試合経過

開始早々に、ゴール前の混戦からジュリーニョが押し込んで先制。11分には福森のFKを都倉がスライディングしながら右足で決めて追加点。27分には左サイドから堀米が放ったミドルシュートをGKがはじいたところに荒野が詰めて、早々と3点のリードを奪った。

菊地が脚を筋肉系の痛みで退いた直後に、CKからヘッドで1点返される。その2分後に福森のFKから混戦になり、ボールが相手に当たってオウンゴールで突き放した。後半は互いに攻め合う互角の展開だったがスコアは動かず。そのまま3試合ぶりの勝利を得た。

それでも苦言をいわせろ

無失点で終わりましょう。4試合連続失点になりました。コーナーキックが都倉の頭を越えましたが、フリーにしていたのは事実。今期の強みである無失点で締めましょう。

次節昇格決定の可能性が出てきました。11月6日(日)13時開始徳島ヴォルティス戦にまず勝つこと。同時刻開始のカマタマーレ讃岐vs清水エスパルスの結果次第です。勝ってアチラが引き分け以下なら決定。完全自力なら、あと勝ち点4

(6日 02:40)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-1120120603 |  2016/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003