CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2018/05/02)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-05201613090502 |  2018/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
ジュリーニョ2発
窮地を救う逆転勝利

サガン鳥栖 1-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 (第12節終了時) 得点 失点
17 サガン鳥栖 8 12 2 2 8 11 0.92 (15) 20 1.67 (16) -9
3 北海道コンサドーレ札幌 22 12 6 4 2 18 1.50 (2) 13 1.08 (5) 5

         内村
        (兵藤)
	   
   宮吉     早坂
          (FWへ)

  菅             駒井
(ジュリーニョ)     
 
     深井    宮沢
    (荒野)
           
  福森   石川   進藤

 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 濱 白井

正直、今回はあきらめていた方は、ワタシだけではないでしょう。でも、終わってみれば逆転勝利。9戦連続負けなしの、J1での新記録を更新しています。

キムミンテが出場停止。前線の都倉・三好・チャナティップが日程を考慮して、ターンオーバー制で帯同せず。ベンチ入り予定の稲本が、出発直前で腰痛で、宿舎待機。そのため、ベンチ入りメンバーは、一人少ない6人になりました。メンバーを見たときはびっくりしましたが、決して捨てゲームとみなしていたわけではありません

仙台から戻った翌日の日曜ははリカバリーが精一杯。レギュラークラスは月曜は自由参加になり、その翌日火曜には九州に向けて出発。そして水曜の今節です。コンディションを戻せるかどうかの日程で、選手に90分間良い動きを求めるのは酷です。その上、今季初先発の内村が前半19分で担架で運ばれて負傷交代ですから、相手に主導権を握られても責められません。むしろ、よく前半を無失点でしのいだと思います。後半早々に先制を許したのも、そういった流れからでしょう。

しかし、逆境から冴えわたるのがミシャ采配です。後半21分ジュリーニョを投入。28分には荒野を入れて、宮沢と共に最終ラインに入って、ビルドアップを狙いました。これが当たり、主導権を握っていきます。形勢逆転する様子は、ヤッターマンがドロンボー達を追い詰めていく図式を思い出してしまいます。

試合経過

前半19分に今季初先発の内村が負傷交代。急遽兵藤を投入したが、攻め込まれる戦いを強いられる。後半開始直後に、DFラインの連係ミスから一点を先制された。

後半28分に荒野を投入して、宮沢と共に最終ラインから攻撃を組み立てて、ようやく反撃する。後半34分に福森のCKを進藤がヘッドで落とし、混戦からジュリーニョが反転してシュートを決めて同点。この4分後に、ロングパスに反応したジュリーニョが抜け出し、シュートがGKに当たりながらもゴールして逆転。これを守り切って勝ち点3を手にした。

それでも苦言をいわせろ

毎週2試合の日程が、ワールドカップによる中断まで続きます。あらためてですが、前半に動きが重いのは、仕方ないのです。そりゃ出足がいい方が良いに決まっていますが、求めてはいけないでしょう。これまでとの違いは、采配でカバーできているところです。

5月5日(土/祝)、子供の日は、14:00キックオフで厚別でガンバ大阪戦。ホーム側は完売の席種が続出し、アウェイ側も残りわずかです。ひさびさに大観衆の中での、厚別での試合になるでしょう。相手は調子を上げて乗り込みますが、聖地厚別です。温存メンバーを満を持して投入して、勝ちに行きます。

(3日 23:00)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-05201613090502 |  2018/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003