CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2012/10/27)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2012-10272006 |  2012/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
攻めに行ってくれ!
守っても5失点ではダメ

FC東京 5-0 コンサドーレ札幌

 得点者

順位第30節 10/27現在 勝点得点失点得失差
9 FC東京 44 30 13 5 12 39 1.30 (11) 38 1.27 (8) 1
18 コンサドーレ札幌 14 30 4 2 24 22 0.73 (18) 76 2.53 (18) -54

        大島
       (近藤)
   岡本     ハモン
  (砂川)    (荒野) 

 古田 芳賀 山本 前

  岩沼  河合  宮沢

        高原

sub:杉山 岡山
     テレ

関東今季最終戦は、今年を象徴した試合なんですかね。数少ない好機で決められず、追加点を与えると堰を切られる。しかし決して集中は切れていなかったと思うのですよ。相手の動きや技術に劣って、横綱相撲をやられました。それでもスコアから、意地を見せろと集中砲火になります。

生観戦するとよくわかるのですが、相手のサッカーの質が違います。左右ワイドに使って、ペナルティエリアの前から果敢に打ってきます。これに対して中のほうに人がいっぱいで、サイドの選手わフリーにする。引き気味になるのは仕方ないにしても、ボランチの位置がスッカスカになる。そういった傾向が終始見られました。本職のCBがいなくてボランチばかりでは、急造という苦しい台所事情とわかっていても厳しい戦いになります。その上攻撃に転じてもボールを奪われる、ミスでボールを取られる、逆襲をかけられると後手になるようでは、このスコアは妥当です。

試合経過

立ち上がりから攻撃を受けて、ゴール前で対応していく苦しい展開。粘り強く守っていくが、コーナーキックのこぼれ球を拾われ、ヘッドで合わせられて先制を許す。

後半は開始早々に混戦から追加点を与えると、一方的な流れに。スピードと遠目からのシュートに対応できなかった。荒野・近藤を投入してゴール裏が沸く場面もあったが、詰めが甘く無得点で終えた。

今日の寸評(ひとこと)

この試合の収穫

2戦負けなしから、現実を見ました。J1では相手が普通の力を出されると、この位の差になります。気持ちが切れずに、最後まで戦っていたことは伝わりました。しかし、これがウチらの実力です。

J1ではあと4試合。スコアも大切だが、毎試合次につながる収穫がほしい

(31日 01:00)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2012-10272006 |  2012/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003