CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2013/04/07)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2013-042821171407 |  2013/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
5分で逆転4分で再逆転
これが天国と地獄

ファジアーノ岡山 3-2 コンサドーレ札幌

 得点者

順位第7節 4/7現在 勝点得点失点得失差
2 ファジアーノ岡山 13 7 3 4 0 8 1.14 (9) 5 0.71 (3) 3
19 コンサドーレ札幌 6 7 2 0 5 6 0.86 (14) 10 1.43 (18) -4

         テレ
        (前田) 
         
  宮沢   内村   上里

    深井      河合
   (砂川)

  前 奈良 パウロン 小山内
(上原)
        杉山

sub:阿波加 櫛引

逆転した直後に即失点。そして再逆転を食らいました。気がつきゃもう5敗。わかっちゃいるけどやめられない、ではありませんよ。

実は、今季初の逆転です。もう一つ今季初の2得点です。加えて内村が一試合2得点です。しかしそんな好材料を全部忘れさせる逆転負けです。客観視するなら、サッカーの怖さ奥深さと語られるのでしょう。ところが得点即失点が2度目なら、悠長なことを言っていられません。

悩みどころは、攻撃的一手で結果を出せるが、リスクがあること。砂川は信頼でき、上原がとび道具になりつつありますが、同時にほころびも目立ってきました。ケガ人で左右のサイドバックが一定できず、センターバックも安泰ではない苦しい状況ですが、失いかけている自信がほしいです。ちなみに今シーズンの勝ち試合は1-0です。

試合経過

強風の中で始まった試合は、立ち上がりから相手にゲームを支配される。出足が悪くセカンドボールが拾えす、なかなか攻撃できずに前半を終える。

後半開始と同時に、砂川と上原を投入。出足が良くなり、逆転に成功する。しかしリードしたのも束の間で、1分後に同点にされ、さらに4分後に再逆転を許した。アディショナルタイム5分まで得点機はあったが、決めきれなかった。

この試合の収穫

リーグ最少失点の相手から2得点を得たことですね。難敵相手でも勝機はあるのですよ。あっさり再逆転を許すのは、正気の沙汰ではありません。そんなシャレをいっている場合ではないですね。

攻撃は良くなっていて、砂川を投入すれば点を取れる期待がわいてきます。練習で狙っていたかたちを出せているのだから、もっともっと。

(10日 0:10)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2013-042821171407 |  2013/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003