CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2013/10/06)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2013-1027201306 |  2013/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
まさかではない
策が生きず

コンサドーレ札幌 1-3 ザスパクサツ群馬

 得点者

順位第36節 10/06現在 勝点得点失点得失差
10 コンサドーレ札幌 51 36 16 3 17 52 1.44 (6) 46 1.28 (11) 6
20 ザスパクサツ群馬 34 36 8 10 18 33 0.92 (20) 50 1.39 (15) -17

       フェホ
       (前田)
        
 砂川   内村  レ コン
              ビン

    宮沢     日高
           (右SBへ)
   
 上原 奈良 チョ パウロン
        ソンジン (河合)
        (荒野 ボランチへ) 

        曳地

sub:杉山 櫛引 堀米
     

痛すぎる連敗です。策を練って臨みましたが、策におぼれて活かせずに終わりました。やり慣れていないことをやったからなのですが、その策を決断した監督の気持ちもまた理解できます。ただし、ピッチ上では意思統一しきれていなかったように思えます。

ボランチとDFが崩れると、チームは崩壊しますね。決して大袈裟ではないです。日高がプロ初のボランチで先発なのは、目を疑いました。ボランチが故障者続出なのと、パウロンを起用したかったからなのでしょう。引いた相手対策でしたが、これが裏目です。先制点はパウロンが振り切られました。その後も中途半端なロングボールを出しては拾われる悪循環です。しかし、高さを生かしてシンプルに蹴る方針でしたから、いつものつなぐサッカーができなかった責任を押しつけてはいけません。

歯車は後半も狂ったままでした。開始早々に曳地がファンブルして押し込まれ追加点。荒野のボレーで1点返したが、パウロンが負傷でピッチから出ているときに、FKからの流れで追加点。追い打ちに、そのパウロンと交代して入った河合が、イエローを受けたことに異議を唱えて二枚目が出て退場。踏んだり蹴ったりで終えました。

この試合の収穫

逆転で滑り込む舞台がととのいました。今節は演出です。って、悠長なコトを言っている場合じゃないでしょ。多目に見るなら、いつもやり慣れていないことをやって負けたので、ダメージが小さいのは。そんなふうに、プラスに見ましょう。

ここまで来たらブレずに戦ってほしいです河合が2試合出場停止で、今回と同じスタメンはありえます。いまなら立て直せます。

(8日 23:30)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2013-1027201306 |  2013/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003