CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2014/03/30)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2014-033022160902 |  2014/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
互角に戦えた
でも勝ち越せたはずだ

京都サンガF.C. 0-1 コンサドーレ札幌

 得点者

第5節 3/30現在 得点失点得失
7 京都サンガFC 8 5 2 2 1 6 1.20 (7) 4 0.80 (4) 2
7 コンサドーレ札幌 8 5 2 2 1 6 1.20 (7) 4 0.80 (4) 2

         内村
      
  砂川   前田   石井
  (榊)   (都倉) (菊岡)

   宮沢     河合
   
上原慎 奈良 薗田 日高

     イ・ホスン

sub:金山 パウロン 上原拓
     ヘナン

昨年2試合とも完封敗けの相手に、追いついてドローに持ち込みました。 なんと財前監督が指揮を執って、初めて追いついてドローになりました。過去 西京極では1勝9敗なので、少しは安心できたのではないでしょうか。チャンスを結構作れていて、 悪い結果ではありません

攻撃陣が好調です。 特に砂川と前田が絶好調です。内村の調子も上がっています。 菊岡や都倉をもっと起用したくてもなかなか起用できない うれしい悲鳴です。その一方で、得点力の問題もあります。今のスタイルを維持しながら、相手を崩す、高さを効果的に交えた攻撃を見たいでする。普通に戦えるなら、上位勢相手に互角に戦えることが証明されましたが、勝ち点3を得るなら、まだまだやるべきことがあります。

ディフェンスは強力なフォワードに弱いことが露になりました。ディエゴ、ウェリントンに続いて、今回はアレッサンドロです。守備は少々のことではびくともしませんが、一瞬の対応の差になるのでしょう。センターバックはこのまま奈良と薗田で固定されるのか。パウロンをどう起用するのか。開幕戦スタメンの櫛引と小山内を含めて、どのように起用するのか激戦です。

試合経過

開始からショートカウンターで攻め込む。5分には決定機を迎えたが、相手守備陣に阻まれた。前半終了間際には、混戦からアレッサンドロに押し込まれたがオフサイドの判定で、共に得点機を迎えながらもスコアレスで前半を終える。

先制点は、CKからのパンチングを繋がれた。しかし、前半からの攻撃的姿勢を変えることなく攻め続け、宮沢のシュートを内村が触れて、同点に追いついた。この後も両者チャンスを迎えたが、勝ち点1を分け合った。

この試合の着眼点

バドゥ監督が語ってくれてます。今のところ5試合を戦った訳ですが、札幌さんは一番強かったチームだと感じました。ほめ言葉と思いきや、その5試合は、栃木SC にスコアレスドロー。アビスパに敗戦。3-0 で快勝したギラヴァンツカターレに勝利。これだけで序列を推し量るのは困難ですが、これからも警戒していることには間違いありません。

3月の2勝1敗2分けは悪くありません。4月になると、昨年手を焼いた相手との対戦が続きます。次も月間勝ち越しを。

(3日 20:10)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2014-033022160902 |  2014/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003