CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2018/05/05)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-05201613090502 |  2018/10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
注目度も右肩上がり
原点は厚別二連笑

北海道コンサドーレ札幌 2-0 ガンバ大阪

 得点者

順位 (第13節終了時) 得点 失点
3 北海道コンサドーレ札幌 25 13 7 4 2 20 1.54 (2) 13 1.00 (4) 7
16 ガンバ大阪 13 13 4 1 8 13 1.00 (15) 18 1.38 (13) -5

         都倉
       
   チャナ     三好
  ティップ   (荒野)

  菅              駒井
(石川)     
 
     深井    宮沢
    (兵藤)
           
  福森   キム   進藤
        ミンテ
 
     ク・ソンユン
         
sub:菅野 早坂 
       ジュリーニョ 宮吉

右肩上がり同士の対戦で完勝できたのは、聖地厚別のおかげなのでしょうか。実力であってほしいと思います。これで10戦無敗で、注目度も上がっています。手倉森コーチが視察に訪れて、都倉を絶賛していました。これまで単なるウワサや願望の代表入りはありましたが、今季通算5点目を今季2本目のオーバーヘッドで決めたことも大きいでしょう。フィジカルやデュエルも注目されています。また、J通算100得点目で、チーム単独トップの60得点目でもあります。

この試合で目立ったのは、都倉だけでもありません。ようやく深井にスポットライトが当たるようになりました。先制点を取っただけでなく、最終ラインからの組み立てで起点になっていました。ミシャサッカーのポゼッションやビルドアップに不可欠です。これまで両膝の手術を繰り返してまともにシーズンを戦えていませんでしたが、ようやくセンスが開花するときが来ました。

もちろんペトロヴィッチ監督の手腕も見逃せません。ターンオーバーに成功しました。活躍していなかったら単なる選手の入れ替えですが、どちらの試合も活躍して、意味を持った起用でした。前節は走力に対抗した、早坂の先発起用。今節は相手の後ろからビルドアップに対して、自分たちのゴールから遠ざけていくためのハイプレスでした。前線の3人は万全でプレーし、都倉は結果を出しました。

試合経過

前半はハイプレスで相手を圧倒し、チャンスをほとんど与えなかった。39分に、福森の左クロスのこぼれ球を、深井が左足ボレーでゴールを決めて先制する。

後半と同時に相手が2トップに変更したことにより、守備がうまくハマらなくなってきた。これに対して後半12分に、三好に代えて荒野を投入して、2トップ3ボランチの形に変更。27分に、駒井のクロスを、ペナルティエリア中央で都倉がバイシクルシュート。これが決まって、追加点を奪った。

終盤には、相手の猛攻に対して、32分に石川を、37分に兵藤を投入して対応。2点リードを守り切って、勝ち点3を上積みした。

それでも苦言をいわせろ

3位、10戦負けなし、全国紙に登場、都倉日本代表入りかなど、やたら景気のいいワードが飛び交っています。こんな時だからこそ、歴史は忘れるべからず。何度となく、残留を果たせなかった頃の悔しさを忘れないように。そして、聖地厚別の輝かしい歴史も。

5月9日(水) 19:00は、厚別でルヴァン杯ヴァンフォーレ甲府戦。5月13日(日) 16:00からは、味の素スタジアムで FC東京戦。これは勝ち点差1での2位3位直接対決になります。しかし三好にイエローカードで出場停止です。条件は厳しいですが、織り込み済みで策を練ってくるでしょう。

(6日 23:40)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2018-05201613090502 |  2018/10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003