CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2012/05/06)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2012-05261916120603 |  2012/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
力の差7倍
実力差2倍以内

横浜F・マリノス 2-1 コンサドーレ札幌

 得点者

順位第10節 5/6現在 勝点得点失点得失差
13 横浜F・マリノス 13 10 3 4 3 11 1.10 (13) 11 1.10 (6) 0
18 コンサドーレ札幌 4 10 1 1 8 8 0.80 (17) 17 1.70 (15) -9

          前田
         (内村)   
         
 高木純   近藤   古田
 (岡本)  (砂川)

    宮沢         河合
   
              
 岩沼 櫛引 ジェイド 日高
            ノース

       イ・ホスン

sub:高木貴 奈良 岡山 芳賀

中二日、気温差の中での試合。そんな悪条件は関係なくよく動いていたと思います。しかし、先制点は納得いきません。キーパーに対するファールにしか思えなくて腑に落ちません。よく耐えたと思うけど、違った結果になっていたように思うとやりきれないです。

しかし、負ける理由ははっきりしていました。MF斎藤にやりたい放題に攻め込まれて、こちらは対応していくので精一杯。攻めに行った場面も結構ありましたが、シュート数21本に対してたったの3本では、余程余ほどのことがない限り勝てません。しかし、シュート数7倍なのに1点差。よく抑えたと思います。

試合経過

立ち上がりから相手が攻めて防戦する展開。速攻からゴール前に持ち込まれ、イ・ホスンと大黒が交錯してこぼれたボールを繋がれて先制された。しかし、この5分後に、河合の右への展開から日高がクロスを上げ、前田・近藤とつながったところで、岩沼のミドルシュートのこぼれ球を古田が押し込んだ。

後半も時折好機を作るがシュートに至らない。17分に内村、25分に砂川をそれぞれ投入して、攻勢を強める。この2分後に砂川はGKと1対1になるが阻まれた。この後はチャンスを作れず、櫛引が谷口にヘッドの競り合いに負けて、勝ち越し点を許した。

この試合の収穫

砂川が復帰して、攻撃を活性化できたことですね。 交代して入った選手の得点はまだ一得点だけです。後半に何としてでも点を取りたいときに、頼りになる選手が戻ってきました。

勝てば最下位脱出の可能性は、まだ継続しています。勝ち点差4で降格圏脱出の可能性もあります。まだ1勝ですが、案外差がついていないことが分かります。

(9日 01:10)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2012-05261916120603 |  2012/08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003