CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2017/09/23)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2017-0930231609 |  2017/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
トリプルで痛い
順位は変わらず

北海道コンサドーレ札幌 2-2 アルビレックス新潟

 得点者

順位 第27節 09/23現在 得点 失点
最大
勝点
13 清水エスパルス 28 27 7 7 13 31 1.15 (12) 45 1.67 (15) -14 49
14 北海道コンサドーレ札幌 27 27 7 6 14 26 0.96 (15) 41 1.52 (13) -15 48
15 サンフレッチェ広島 26 27 6 8 13 27 1.00 (14) 39 1.44 (12) -12 47
16 ヴァンフォーレ甲府 24 27 5 9 13 18 0.67 (18) 32 1.19 (6) -14 45
17 大宮アルディージャ 21 27 5 6 16 25 0.93 (16) 48 1.78 (17) -23 42
18 アルビレックス新潟 12 27 2 6 19 19 0.70 (17) 54 2.00 (18) -35 33

        ジェイ
        (稲本)
   
   チャナ     ヘイス
  ティップ   
    
 石川            早坂
(河合)

     兵藤     宮沢
 
  福森    横山    菊地
         
      ク・ソンユン
         (金山)

sub:マセード 小野 菅 都倉
          

確実に勝ち点3を確保できると思っていましたが、とっても痛いです。ソンユンが負傷退場しても、流れはウチらだったのですよ。今シーズンの強みと弱みを出した結果はドローでした。

前半20分にアクシデントです。相手FWのスライディングがソンユンのあごに入りました。5分を超える中断の末、プレーを続行したが、26分に左足の痛みを訴えてピッチに倒れこみ、負傷交代です。これはあらゆる意味で痛いですよ。金山が無難にプレーしていましたが、経過はとっても心配です。

これで交代枠を一つ使い、選手交代が難しくなりました。相手は後半20 分過ぎから選手交代で勢いづき、采配勝負になってきました。運動量が明らかに落ちていました。そんな中で、稲本の投入は痛んでいた宮沢を代えるつもりでだったのですが、その直前に失点。そこで守りを固めようとしましたが、ジェイを下げるならば、前線からの守備ができる都倉を入れるべきでしょう。手っ取り早く反撃できるはずです。3人目の交代も負傷で石川を下げて、守備的な交代にならざるを得ませんでした。攻めたいのに攻め手が少なくなっては、得点は望めません。反撃を食い止められない課題は、克服できませんでした。

試合経過

五分五分の展開から、前半アディショナルタイムの最後のプレーで、左側にいたヘイスからの折り返しを、早坂が移籍後初ゴールを決めて先制。後半11分にヘイスが直接 FK を決めて、突き放した。

しかし、後半20分過ぎから押し込まれ始める。1点返された直後に稲本を投入して3ボランチに変更。42分に河合を投入するが、その直後に同点に追いつかれた。攻勢をしのぐ展開は変わらず、勝ち点1を分け合った。

この試合の着眼点

痛い引き分けでしたが、勝ち点1を積み上げました。順位はそのままです。ヒドイ結果ではないので切り替えましょう。ただし、反撃を受けているときこそ、攻めの気持ちを忘れずに。

次節サンフレッチェ広島戦は、ゼッタイ負けられない戦いです。失点が減って、2連勝中です。もちろん勝機はあります。アウェイ初勝利はぜひココで。残りは6試合です。

(27日 08:10)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2017-0930231609 |  2017/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003