football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2019/03/02号

武蔵の国に武蔵降臨
会心の今季初勝利

浦和レッズ 0-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

(第2節終了時) 得点 失点
17 浦和レッズ 1 2 0 1 1 0 0.00 (17) 2 1.00 (7) -2
7 北海道コンサドーレ札幌 3 2 1 0 1 2 1.00 (7) 2 1.00 (7) 0

    鈴木   アンデルソン
               ロペス
              (ジェイ)
        チャナ
       ティップ
   
  菅          ルーカス
(石川)  フェルナンデス
             (早坂)

     深井      荒野
           
   福森   宮沢   進藤
 
      ク・ソンユン
         
sub:菅野 キム ミンテ
     小野 岩崎

埼スタでの生観戦は毎年の楽しみですが、特に今年は痛快でしたね。ホーム側のブーイングを、前半終了時と試合終了後に聞けました。それだけ相手を黙らせたということです。昨年、一昨年だけでなく、2012年や2008年も観戦していますが、このような試合を観れるようになったのは感慨ひとしおです。

J1で開始早々に歓喜が訪れる日が来ると、思ってみませんでした。しかも埼スタでですよ。ボールを奪ってからが早かったです。左の菅から中央のロペスへの横パス。そして縦へのパスに、鈴木武蔵が抜け出しました。この早い展開に、元日本代表GKとのサシの勝負に勝ちました。前節のあとは決定力の課題に、きっちり答えを出せました

あまりにも早い先制点なので、気持ちは 0-0 からでいましたが、試合のペースは完全にウチラです。おもに宮沢、進藤、深井がボールを奪い、福森、荒野、チャナティップがボールを運び、菅、ルーカス、ロペスで仕上げにかかります。セカンドボールだけでなく相手にボールが渡ってもボールを奪えるので、安心して見ていられました。そうなると追加点も必然でした。チャナティップがボールを奪って、素早く縦パス。これに再び鈴木武蔵が抜け出しました。スピードを生かした得点が、昨年とはまたちがったパターンになっています。

前半は相手のシュートを2本に抑えました。後半もウチラのペースで試合が進み、終盤には攻め込まれるところもありましたが、何もさせなかった完勝と言っていいでしょう。

今日の寸評(ひとこと)

それでも苦言をいわせろ

鈴木武蔵はハットトリックの大チャンスを上に外しました。アンデルソン・ロペスもゴールチャンスがありました。試合展開的には。あと2点くらいは取れたはずです。今回は絶不調の相手だっただけに、ウチラも真価を問われるのは次節以降でしょう。

3月6日(水) 19:30 は、ニッパツ三ツ沢でルヴァン杯横浜F・マリノス戦。3月9日(土)のホーム開幕戦清水エスパルス戦。今節の勢いをそのまま出すべし。3月13日(水)19:00 もドームでルヴァン杯V・ファーレン長崎戦。そのつぎが今月のヤマです。3月17日(日)14:00 、ドームの鹿島アントラーズ戦を最高の状態でむかえましょう。

(4日 23:50)