CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2019/10/04)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2019-100904 |  2019/10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
きょうはどうしょうもない
切替だ

ガンバ大阪 5-0 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

(第28節10/06終了時) 得点 失点
12 ガンバ大阪 34 28 8 10 10 39 1.39 (9) 41 1.46 (11) -2
7 北海道コンサドーレ札幌 40 28 11 7 10 45 1.61 (5) 40 1.43 (9) 5

         ジェイ(>右へ)
       (ルーカス
   フェルナンデス)
          
    荒野       鈴木
 (ボランチへ)  (中央へ)
 
   菅             白井
 (中野) 
 
     深井      宮沢
         (アンデルソン
          ロペス (左FWへ))

  福森    キム    進藤
         ミンテ

      ク・ソンユン

sub:菅野 石川 早坂

何もかもうまくいきませんでした。一年に一回くらいは、歯車がかみ合わない日があるでしょう。他チームから恐れられているチャナティップが試合開始直前に欠場では、どうしょうにもありません。もっとも、戦術:チャナティップでもこまるのです。

代わって入ったのは、なぜか荒野です。シャドーの位置に入りましたが、いくら運動量が豊富と言っても、チャナティップと同じ役割は求められません。むしろやりづらそうにプレーしていませんでした。ジェイは練習でもないシャドーの位置へ。鈴木がセンターフォワードに入りました。これでは攻撃も守備もうまくいきません。前半のシュートはたったの1本になりました。

かみあわないところは、他にもたくさんありました。オープニングシュートの影響か、最終ラインは下がり気味で、押し上げられず。PKを許したためだったのか、宮沢は前半だけで交代。代わって攻撃を活性化させるために、アンデルソンロペスをセンターフォワードへ。荒野はボランチに移りましたが、逆に深井の負担が増えました。肝心の前線は、鈴木とジェイはシュートゼロ。二人だけでなく連携は合いませんでした。こうして、選手起用や交代策、監督の采配も噛み合わないのでは、完敗は必然でした。

もはや、どこが敗因なのか、語るレベルではないです。やることは、たったひとつだけ。切り替えて、次に全力で臨むしかありません。自他共に、今節の結果を実力とは思っていません。

試合経過

開始から押し込まれ、ディフェンスラインを下げられる苦しい展開。前半7分に宮沢のファウルでPKを献上。これは外れたため先制されなかった。しかし、攻撃に迫力がなく、得点を挙げられなかった。

後半開始と共にアンデルソンロペスを投入。次第に反撃していったのは束の間で、後半11分に先制されると、前がかりになったところを狙われた。今季最多の5失点で敗れた。

この試合の収穫

よく7位に踏みとどまりました。この結果はルヴァン準決勝でなくてよかったと思ったら、上よりも下の方と近づいてきています。

次もアウェーでガンバ大阪戦です。第1戦は、10月9日(水)19時から。間隔が短くてできることは限られます。まずは開き直るべし。2戦目10月13日(日)13時からの、ドームでの戦いに向けて、アウェーゴールを持ち帰りましょう。リーグ戦次節は、10月18日(金)19時から、ドームでセレッソ大阪戦です。

(7日 19:20)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2019-100904 |  2019/10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003