CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2011/07/23)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2011-07312316090602 |  2011/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
守りは良い
問題は攻撃だ

ジェフユナイテッド千葉 2-0 コンサドーレ札幌

 得点者

7/24 現在(第22節) 勝点得点失点得失差
2 ジェフユナイテッド千葉 34 17 10 4 3 29 1.71 (2) 17 1.00 (7) 12
9 コンサドーレ札幌 25 17 7 4 6 15 0.88 (17) 14 0.82 (3) 1

           内村
         
   近藤    砂川    古田
 (岡山)        (横野)
 (CBへ)

     宮沢       岩沼
    (FWへ)
              
 高木純  河合  山下  日高
      (ボランチへ)   (上原) 
                    
                    
         イ・ホスン

sub:高木貴 櫛引 岡本 三上

シュート数は5本に対して、5倍超の26本。この数字だけ見るならワンサイドゲームですが、目で見て確かめてみると、見方がちがいます。打たれながらも肝心なところを抑えていた感が強いので、出会い頭の事故的失点が残念でした。

2m8cmのオーロイはやっぱり高い。警戒するのは当然です。左では河合、右に向かったら山下と、マークの役割分担もしっかりしていて、封じ込めはできていました。この二人とイ・ホスンは安心して観ていられます。しかし、相手は攻撃に転じた時のスピードが速い。FW深井、FW林が攻め込んでいきます。その後方のMF佐藤勇人、MF村井、MF米倉もサイドから中央から攻め込みます。特にこちらの右サイドはやられっぱなしで、いつ失点してもおかしくありません。相手のシュートミスと3人の献身的守備に助けられました。

このまま前半を終えれえば苦しいながらもこちらのペースに持ち込めるところですが、ウチらがダメだった理由ははっきりしていました。2 列目で抑えが利かず、先にボールを進められません。こちらのミスがあったにせよ、向こうの出来がよくプレッシャーに屈していました。

崩されて失点されていないのが救いでした。先制点は山下のクリアミスを拾われてミドル。前線でプレスがかかっていないからだろうと思えました。追加点はDFマーク・ミリガンのロングスローを竹内に合わされ、ポストに当たったものが再び竹内に当たったものでした。そう思うとスコアレスドローに持ち込むチャンスは十分あったと思えます。

今日の寸評(ひとこと)

終了後はその前から続いていた太鼓と声援が続いていました。多少のブーイングは聞こえてきましたが、声援でかき消されました。負けは負けでくやしいけれど、頑張りは伝わっていました

しかし、現在首位を争うチームとの出来栄えの差は明らかで、こちらの弱点も再認識されました。得点力不足以前にぶ厚い攻撃が仕掛けられない。上位チームとの対戦では避けて通れない課題を突き付けられました。もう一段のレベルアップが必要です。

(24日 23:20)

| CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2011-07312316090602 |  2011/12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01  2018/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003