CS(コンサドーレ札幌)的日誌(2016/10/16)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-103022160802 |  2016/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003
アウェイでやっと得点
しかし勝ち点2をのがす

愛媛FC 2-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

第36節 10/16現在 得点失点得失最大勝点
9 愛媛FC 48 36 10 18 8 35 0.97 (18) 35 0.97 (6) 0 66
1 北海道コンサドーレ札幌 78 36 23 9 4 57 1.58 (2) 25 0.69 (1) 32 96
2 松本山雅FC 71 36 20 11 5 53 1.47 (4) 27 0.75 (2) 26 89
3 セレッソ大阪 67 36 20 7 9 54 1.50 (3) 38 1.06 (7) 16 85
4 清水エスパルス 66 36 19 9 8 69 1.92 (1) 33 0.92 (5) 36 84
5 ファジアーノ岡山 63 36 17 12 7 51 1.42 (5) 32 0.89 (4) 19 81

     内村        都倉
    (上原)
           神田
          (中原)
		 
  堀米  宮沢  前寛  石井
  (菅)
 
   福森    増川    菊地
         
       ク・ソンユン
         
sub:金山 永坂 河合 前貴

四の国では、なかなか勝てないですなぁ。幸先よく先制しましたが、終わってみれば逃げ切れずにドロー今季全チームからの勝利はなくなりました。8/14から9戦負けなしですが、アウェイで勝てていないから最長2連勝なのですよ。悲観しなくていいけれども、気になるところはあります。

内村が10試合ぶり10ゴール目。神田が今季初スタメン。後を受けた中原がようやくリーグ戦初ゴール。これだけ良い出来事が多いのに勝ち星がついてこなかったのですから、負けに近い気持ちになってしまいますよね。

しかし、今節はヘイスが負傷欠場。誰を起用するか迷ったと思われます。後半には、ソンユンとFW阪野との一対一が2度ありました。間違いなくGKの力で勝ち点を手にした試合です。後半スタミナ切れで動きが悪く、前半のうちに追加点をとれなかったことが響きましたから、引き分けが順当だったのでしょう。もったいないゲームでした。

試合経過

立ち上がりから相手陣内に攻め込み、何度もゴールを脅かす。26分に、都倉のシュートはミートしなかったがスルーパスになり、内村が裏に抜け出して押し込み先制した。に成功。その後も攻め続けて一方的な展開になったが、追加点を奪えずに試合を折り返した。

後半は逆の展開になり、2トップから1トップ2シャドーへシステム変更した布陣に手を焼く。DFラインとGKの間を狙われて同点にされた直後に、中原がペナルティエリア手前から決めて勝ち越す。しかし、FKの跳ね返りをミドルで決められて、再び同点にされた。4分のアディショナルタイムに入っても互いに激しい攻撃を仕掛けたが、勝ち点1を分け合った。

この試合の着眼点

けが人対応と後半ガス欠問題にはラッキーボーイが不可欠です。やっと候補が名乗り出ました。神田と中原には神ってもらいましょうよ。過去には奈良、岡本、西、石井か出てきました。

10/22(土)ドームの東京ヴェルディに勝って、10/30(日)アウェイロアッソ熊本が最短での決定。11/3(木・祝)ドームに会場変更になったカマタマーレ讃岐戦まで取っておこうとは思えませんが、荒野とマセードが実戦復帰しました。スカッと2つとりましょう。

(19日 01:50)

Tweet | CS的日誌更新情報football予想・投票室CSトップ戻る
| 2016-103022160802 |  2016/09 08 07 06 05 04 03 02 01  2017/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2016/11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2015/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2014/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2013/11 1009 08 0706 05 0403 01| 2012/12 11 1009 08 0706 05 0403 01| 2011/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2010/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01| 2009/12 11 1009 08 0706 05 0403 02 01200820072006200520042003