2018年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2018年度J1順位予想&分析2018年度J2順位予想&分析2018年度J3順位予想&分析
|2017年度 J1順位予想&分析  答え合わせJ2順位予想&分析  答え合わせJ3順位予想&分析  答え合わせ
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る

2018年 J2年間順位予想&分析

  1. ヴァンフォーレ甲府
  2. ジェフユナイテッド千葉
  3. 松本山雅FC
  4. 徳島ヴォルティス
  5. アルビレックス新潟
  6. 東京ヴェルディ
  7. アビスパ福岡
  8. 横浜FC
  9. 大宮アルディージャ
  10. モンテディオ山形
  11. 大分トリニータ
  12. レノファ山口FC
  13. ツエーゲン金沢
  14. 京都サンガF.C.
  15. 栃木SC
  16. FC町田ゼルビア
  17. 愛媛FC
  18. ファジアーノ岡山
  19. FC岐阜
  20. ロアッソ熊本
  21. 水戸ホーリーホック
  22. カマタマーレ讃岐
おことわり
2018年2月24日にツイート(@footballcs)した
順位予想になります。
1-2位3-6位7-10位11-15位16-20位21-22位

1〜2位  昇格がノルマ

2位以内に入って当然の体制が整う。

ヴァンフォーレ甲府
攻撃守備選手層監督フロント
BABCC
FWにジネイと金園加入。堅い守備は維持。

ジェフユナイテッド千葉
攻撃守備選手層監督フロント
BBBBD
エスナイデル監督2年目。主力変わらず、得点力ある。DF増嶋を補強。

3〜6位  昇格プレーオフが目標

長所は昇格レベルだが、弱点も目立つ。

松本山雅FC
攻撃守備選手層監督フロント
BCBBC
高崎、パウリーニョら主軸残留。反町体制変わらず。FW永井、ボランチ藤田獲得で厚み増す。2年連続で最後に失速。

徳島ヴォルティス
攻撃守備選手層監督フロント
CBBBC
右SB馬渡と最多得点の渡流出。J3得点2位の薗田とDFブエノ獲得。ロドリゲス監督2年目。中盤は屈指の陣容。昨年は最後8分に泣いた。

アルビレックス新潟
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBC
攻守共にチーム立て直し。層は厚くなったが、時間かかるか。

東京ヴェルディ
攻撃守備選手層監督フロント
BCCBD
ロティーナ監督2年目。前線は強力。安西と安在を引き抜かれる。

7〜10位 昇格争いが目標

最激戦区。紙一重の争いでプレーオフは手に届く範囲。

アビスパ福岡
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBC
主力大幅入換。SBは亀川は移籍したが、輪湖を獲得。堅守は維持したい。

横浜FC
攻撃守備選手層監督フロント
BCCDC
イバとレアンドロ・ドミンゲス残留。松井獲得で得点力はある。DFペ・スンジン復帰。タヴァレス監督実質1年目。

大宮アルディージャ
攻撃守備選手層監督フロント
CCCCC
江坂、瀬川、和田といった主力が抜ける。FWシモヴィッチとボランチ三門は計算できるが、チーム立て直し。

モンテディオ山形
攻撃守備選手層監督フロント
CCDBC
主力入れ替わる。浮沈はブラジル人トリオ次第。

11〜15位 昇格争いをおもしろくすることが目標

監督の手腕と補強次第で、戦えるチームになれる。

大分トリニータ
攻撃守備選手層監督フロント
BCCCD
主力ほぼ変わらず、J3で2年連続得点王の藤本を獲得。

レノファ山口FC
攻撃守備選手層監督フロント
CCDC
DF坪井とFW高木大輔の獲得はインパクトある。

ツエーゲン金沢
攻撃守備選手層監督フロント
CDDBD
MF清原出戻り。守備を立て直せれば上昇期待できる。

京都サンガF.C.
攻撃守備選手層監督フロント
CCDCD
若手主体に切り替えたが、開幕前に増川獲得。闘莉王への依存を軽くしないと厳しい。

栃木SC
攻撃守備選手層監督フロント
CCDCD
主力ほぼ維持した上で、ボランチのヘニキ、MF寺田、FW大黒加入。

16〜20位 残留することが目標

最後までモチベーションを失うことなく戦いきりたい。

FC町田ゼルビア
攻撃守備選手層監督フロント
DCDCD
守護神高原をはじめとして、センターラインは継続。ただし、上積みは感じられない。

愛媛FC
攻撃守備選手層監督フロント
CDDCD
守備陣と中盤は入れ替わるが、攻撃力は戦力維持した上に上積みに成功。

ファジアーノ岡山
攻撃守備選手層監督フロント
DDDCC
選手大幅に入れ替わり、守備力未知数。得点力は赤嶺頼みのまま。
FC岐阜
攻撃守備選手層監督フロント
CDEBE
攻撃サッカーを維持できる。中盤のシシーニョと庄司が流出した。失点を減らせるか。
ロアッソ熊本
攻撃守備選手層監督フロント
DDDCD
DF青木の加入は大きい。得点力を伸ばせるか。

21〜22位 降格争いを脱出することが目標

戦う態勢を整えられるか。

水戸ホーリーホック
攻撃守備選手層監督フロント
DCDDE
主力ほぼ総入れ替え。長谷部新監督は実質監督業1年目。不安定要素多い。
カマタマーレ讃岐
攻撃守備選手層監督フロント
DDDDE
チームの骨格は変わらないが、上積みの補強は感じられない。若手のDF麻田やMF佐々木に期待を掛ける。


2018年度J1順位予想&分析2018年度J2順位予想&分析2018年度J3順位予想&分析
|2017年度 J1順位予想&分析  答え合わせJ2順位予想&分析  答え合わせJ3順位予想&分析  答え合わせ
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る