2016年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る

2016年 J2年間順位予想&分析

  1. セレッソ大阪
  2. 清水エスパルス
  3. ギラヴァンツ北九州
  4. 北海道コンサドーレ札幌
  5. 松本山雅FC
  6. ファジアーノ岡山
  7. 愛媛FC
  8. 東京ヴェルディ
  9. モンテディオ山形
  10. 横浜FC
  11. V・ファーレン長崎
  12. 京都サンガF.C.
  13. FC町田ゼルビア
  14. ロアッソ熊本
  15. 徳島ヴォルティス
  16. ツエーゲン金沢
  17. カマタマーレ讃岐
  18. ジェフユナイテッド千葉
  19. 水戸ホーリーホック
  20. FC岐阜
  21. ザスパクサツ群馬
  22. レノファ山口FC
おことわり
2016年2月25日にツイート(@footballcs)した
順位予想になります。
1-2位3-6位7-10位11-15位16-20位21-22位

1〜2位  昇格がノルマ

2位以内に入って当然の体制が整う。

セレッソ大阪
攻撃守備選手層監督フロント
BCBCD
柿谷復帰で昇格して当然の戦力。不安はフロントにあり。

清水エスパルス
攻撃守備選手層監督フロント
CCBBC
昨年の主力がほとんど残る。小林新監督は過去3度昇格。

3〜6位  昇格プレーオフが目標

長所は昇格レベルだが、弱点も目立つ。

ギラヴァンツ北九州
攻撃守備選手層監督フロント
CBCBC
池元復帰。本山獲得。堂々と昇格争いに加われる。

北海道コンサドーレ札幌
攻撃守備選手層監督フロント
CBBCC
守備力さらに強化。あとは新外国人選手の得点力。

松本山雅FC
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBC
主力は多少入れ替わったが、チームとしての基盤は変わらない。

ファジアーノ岡山
攻撃守備選手層監督フロント
CBCCC
赤嶺獲得で昇格目指す。GK中林を中心に守備力安定。

7〜10位 昇格争いが目標

最激戦区。紙一重の争いでプレーオフは手に届く範囲。

愛媛FC
攻撃守備選手層監督フロント
DBCBC
昇格プレーオフのメンバー残る。木山監督の手腕期待できるが、今年はマークされる立場。

東京ヴェルディ
攻撃守備選手層監督フロント
CCCCC
高木純平ら補強はいいが、GK佐藤優也のoutは痛い。

モンテディオ山形
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBC
若手移行で入れ替わる。大黒の加入は得点力プラス。

横浜FC
攻撃守備選手層監督フロント
CCCCD
ルス監督復帰。留守中のようなことはないだろう。

11〜15位 昇格争いをおもしろくすることが目標

監督の手腕と補強次第で、戦えるチームになれる。

V・ファーレン長崎
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBC
リーグ最少失点は維持できるが、中盤はほぼ入れ替わり。隔年傾向で今年は下がる番なのも気がかり。

京都サンガF.C.
攻撃守備選手層監督フロント
DCDCD
主力大幅入れ替えだが、攻撃陣の層が薄い。GK菅野はいい補強。

FC町田ゼルビア
攻撃守備選手層監督フロント
DBDCD
GK高原を中心に守備力維持。谷澤加入もプラス。今年のサプライズ候補。

ロアッソ熊本
攻撃守備選手層監督フロント
CCCC
入れ替わり小さいが、上積みなし。清川新監督はチームを知り尽くすも監督未経験。

徳島ヴォルティス
攻撃守備選手層監督フロント
CCCC
カルリーニョス加入で中盤強化。長島新監督はチームを知り尽くすも監督未経験。

16〜20位 残留することが目標

最後までモチベーションを失うことなく戦いきりたい。

ツエーゲン金沢
攻撃守備選手層監督フロント
CCDCC
清原が抜けた。古田が同じくらいの活躍できるか。マークされる立場。

カマタマーレ讃岐
攻撃守備選手層監督フロント
EBDCC
リーグ最少失点に3つ足りない得点をカバーする補強なし。

ジェフユナイテッド千葉
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBE
とっかえひっかえで、未知数要素ばかり。確実な補強はGK佐藤優也で、これは計算できる。
水戸ホーリーホック
攻撃守備選手層監督フロント
DCDCD
主力は入れ替わったが、兵働、ロメロ・フランク、萬代とまずまずの補強。西ヶ谷監督は開幕から指揮執れる。
FC岐阜
攻撃守備選手層監督フロント
DDDCD
守備の立て直し急務。主力も結構残り、その上ボランチ秋葉はいい補強。

21〜22位 降格争いを脱出することが目標

戦う態勢を整えられるか。

ザスパクサツ群馬
攻撃守備選手層監督フロント
DDDCD
ほぼ全ポジションン入れ替わる。坪内と一柳と実績のあるCBを補強して守備立て直し。
レノファ山口FC
攻撃守備選手層監督フロント
CDECD
攻撃力で昇格した。主力がほとんど残り継続性はあるが、J2以上を知る選手が少なく、苦戦必至。
2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る