2016年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る

2016年 J1年間順位予想&分析

  1. 浦和レッズ
  2. ガンバ大阪
  3. 鹿島アントラーズ
  4. サンフレッチェ広島
  5. 川崎フロンターレ
  6. FC東京
  7. 横浜F・マリノス
  8. 柏レイソル
  9. ジュビロ磐田
  10. ヴィッセル神戸
  11. サガン鳥栖
  12. 名古屋グランパス
  13. 大宮アルディージャ
  14. 湘南ベルマーレ
  15. アビスパ福岡
  16. アルビレックス新潟
  17. ベガルタ仙台
  18. ヴァンフォーレ甲府
おことわり
2016年2月25日にツイート(@footballcs)した
順位予想になります。
1-5位6-10位11-14位15-18位

1〜5位  優勝・ACL出場がノルマ

最後まで優勝を争って当然の戦力を有する。

浦和レッズ
攻撃守備選手層監督フロント
AAAAB
遠藤加入は攻守選手層に劇的進化をもたらす。あとは勝負強さのみ。

ガンバ大阪
攻撃守備選手層監督フロント
ABAAB
中盤と最終ラインは世代交代の時期。攻撃はアデミウソンが加わり更に強力。

鹿島アントラーズ
攻撃守備選手層監督フロント
BAABA
金崎復帰は大きい。若手が伸び、体制整い、黄金期復活を目指す。

サンフレッチェ広島
攻撃守備選手層監督フロント
AABAB
流出は毎度おなじみやりくり上手。ドゥグラスはウタカで補てん。

川崎フロンターレ
攻撃守備選手層監督フロント
ABBBB
効果的な補強。特に守りの強化に成功。

6〜10位  ACL出場が目標

優勝を争うには決め手を欠く。

FC東京
攻撃守備選手層監督フロント
BBBBB
権田、太田が抜け、陣容変化大。城福監督の復帰の人選は文句ない。

横浜F・マリノス
攻撃守備選手層監督フロント
BBBBB
アデミウソンが抜けた。守備は計算できる。

柏レイソル
攻撃守備選手層監督フロント
BBCC
今年はACLなく集中できる。outは菅野くらい。

ジュビロ磐田
攻撃守備選手層監督フロント
BCCCC
ジェイ、アダウィトンの得点力は、J1でも期待できる。

ヴィッセル神戸
攻撃守備選手層監督フロント
BCCCC
伊野波復帰は守備力向上。チョン・ウヨンと森岡がぬけたのは痛い。

11〜14位  混戦の残留争いから抜け出して上位を目指すことが目標

歯車が狂うと降格圏が怖い。

サガン鳥栖
攻撃守備選手層監督フロント
BCCBC
主力流出の影響大。補強はまずまず。監督の人選はよい。

名古屋グランパス
攻撃守備選手層監督フロント
CBCB
小倉監督は監督未経験。陣容入れかわり、未知数要素大。

大宮アルディージャ
攻撃守備選手層監督フロント
CBCCC
カルリーニョスの穴が気がかりだがほぼ戦力維持。

湘南ベルマーレ
攻撃守備選手層監督フロント
CCCBC
主力流出の影響大だが、ベースは確か。

15〜18位  最後に残留が目標

開幕前時点ではチーム力が劣る。

アビスパ福岡
攻撃守備選手層監督フロント
CBCCD
戦えるだけの力はある。ダニルソンはプラス。

アルビレックス新潟
攻撃守備選手層監督フロント
CCCCC
ブラジルトリオは強力だが上積みなし。けが人が出ると影響大きく、上昇には若手の台頭不可欠。

ベガルタ仙台
攻撃守備選手層監督フロント
CCCCC
補強少なく若手の躍進次第。

ヴァンフォーレ甲府
攻撃守備選手層監督フロント
DBDCC
補強で浮上のパターンを打破できないと、守備・組織力だけでは苦しい。


2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る