2009年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る

2009年度J2順位予想&分析

  1. コンサドーレ札幌
  2. ベガルタ仙台
  3. ヴァンフォーレ甲府
  4. サガン鳥栖
  5. セレッソ大阪
  6. アビスパ福岡
  7. 東京ヴェルディ
  8. 湘南ベルマーレ
  9. 横浜FC
  10. ザスパ草津
  11. 徳島ヴォルティス
  12. 水戸ホーリーホック
  13. ロアッソ熊本
  14. 栃木SC
  15. ファジアーノ岡山
  16. カターレ富山
  17. 愛媛FC
  18. FC岐阜

1〜5位 昇格争いの中心

一歩抜きんだチームはない。勝ち点の接近戦を繰り広げながら、長所を伸ばし、研究に耐えられるか。現在の戦力だけが要素ではない。攻守に不安の少ないチームから上位に推した。

コンサドーレ札幌
昨年はけが人続出で守備崩壊。攻撃はクライトン残留が大きい。J2の名将石崎監督の手腕計算できる。鍛えがいのある伸びしろの多い若手が多い。中心になると勢いづく。
ベガルタ仙台
入換戦は内容で圧倒していた。リャン・ヨンギ、関口ともに残留。CBにエリゼウが加入。ボランチの選手層がやや薄い。
ヴァンフォーレ甲府
昨年はクロス数最多。被シュート数最少。守備崩れていない。森田と松橋といったFWは的確な補強をした。ゲーム終盤とスタートダッシュ次第。
サガン鳥栖
磯崎・山田卓也・柳沢が加入した守備陣は、さらに強力になる。司令塔島田は多いにプラスだが、FW藤田の穴埋めにはならない。補強に成功できるか?
セレッソ大阪
古橋outも香川・乾の攻撃陣が健在。しかし攻撃偏重のクルピ監督では守備が不安。昨年のようにスタートダッシュにつまずかないこと。

6〜9位 昇格争いには不安あり

J1を経験したチームだが、昇格を目指すには決定的な弱点あり。

アビスパ福岡
DF田中とFW高橋加入はプラス。一方で中村北斗outは痛い。まだまだチーム整備途上。
東京ヴェルディ
攻撃陣は残ったが、DFは質量ともに不足で上位レベルではない。チーム体制が不安定。
湘南ベルマーレ
躍進の立役者石原・斎藤が抜け、選手が入れ替わり再構築。反町監督の手腕だけでは戦い抜けない。
横浜FC
昨年の主力アンデルソン、エリゼウ、滝沢、山田卓也、太田が抜けるが、目立った補強は早川くらい。out/inバランス悪い。

10〜13位 ジャイアントキリングに気をつけろ

得点力を重視して予想した。上位勢を倒しても驚くなかれ。

ザスパ草津
9位躍進の主力はほとんど残留したが、島田が抜けた影響は大きい。
水戸ホーリーホック
FW荒田らをブレイクさせ、1年で超守備的チームを攻撃的チームに変貌させた木山監督の能力は高い。FW吉原が加入。
徳島ヴォルティス
GK高桑、DF三木・三田、MF徳重、FW羽地といった、質の高い補強を行う。
ロアッソ熊本
FW高橋の穴は大きい。経験豊富なMF藤田・石井を補強して再構築。

14〜18位 戦う体制は整っているか?

正直、J2で戦うには物足りない。降格なしに甘えない体制作りを望む。

栃木SC
松田監督を含めて、Jでの経験値が高い。MF佐藤悠介、米山、栗原ら戦えるだけの駒はある。
ファジアーノ岡山
FW小林康&喜山の得点力は期待できる。守備は未知数。
カターレ富山
補強ほとんどなく、昨年のメンバー。J2経験者10人だけ。資金力はあり、フロントの手腕が問われる。
愛媛FC
レンタル依存度落として主力ほとんど残留。目立った補強はFWジョジマールくらいで、上積みが感じられない。
FC岐阜
経験ある主力選手放出しすぎ。ほぼ総とっかえだが、新加入はほとんどルーキー。
2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る