2017年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る
  1. 鹿島アントラーズ
  2. 浦和レッズ
  3. 川崎フロンターレ
  4. ガンバ大阪
  5. セレッソ大阪
  6. FC東京
  7. ヴィッセル神戸
  8. サンフレッチェ広島
  9. 大宮アルディージャ
  10. サガン鳥栖
  11. 柏レイソル
  12. ジュビロ磐田
  13. 北海道コンサドーレ札幌
  14. 清水エスパルス
  15. ベガルタ仙台
  16. ヴァンフォーレ甲府
  17. 横浜F・マリノス
  18. アルビレックス新潟
おことわり
2017年2月25日にツイート(@footballcs)した
順位予想になります。
1-5位6-10位11-14位15-18位

1〜5位  優勝・ACL出場がノルマ

最後まで優勝を争って当然の戦力を有する。

鹿島アントラーズ
攻撃守備選手層監督フロント
AAABS
ペドロ・ジュニオール、レオ・シルバ入り黄金時代へ磐石。柴崎移籍の影響小。

浦和レッズ
攻撃守備選手層監督フロント
BABAA
ラファエル・シルバ獲得で興梠の負担減る。DFの層がやや薄いのと勝負弱さが不安。

川崎フロンターレ
攻撃守備選手層監督フロント
ABAA
大久保の穴は家長でも埋まらないが、小林残留。舞行龍ジェームズ獲得で、DF補強に成功。

ガンバ大阪
攻撃守備選手層監督フロント
ABBAB
大型補強なく、世代交代時期若手次第。ドゥグラスは来るのか?

セレッソ大阪
攻撃守備選手層監督フロント
ABBAC
玉田と田代が抜けた影響小さく、水沼獲得清武復帰でプラス。ユン・ジョンファン新監督。

6〜10位  ACL出場が目標

優勝を争うには決め手を欠く。

FC東京
攻撃守備選手層監督フロント
ABBCB
大久保と永井だけでなく、高萩とGK林も獲得。

ヴィッセル神戸
攻撃守備選手層監督フロント
BBBBB
ペドロ・ジュニオールはぬけたが、的確に補強 層厚くなる

サンフレッチェ広島
攻撃守備選手層監督フロント
BCBAB
佐藤寿人だけでなくピーター・ウタカもぬけた。工藤だけでは得点力心配。

大宮アルディージャ
攻撃守備選手層監督フロント
BABCB
家長抜けたが、大前を獲得。守備のベースは変わらず。

サガン鳥栖
攻撃守備選手層監督フロント
BBCBC
小林、小川、小野、水野、GK権田など、実力者を的確に補強。

11〜14位  混戦の残留争いから抜け出して上位を目指すことが目標

歯車が狂うと降格圏が怖い。

柏レイソル
攻撃守備選手層監督フロント
BCBCC
工藤が抜けたが、攻撃陣・外国人は計算できる。

ジュビロ磐田
攻撃守備選手層監督フロント
BCBCC
中村俊輔、川又で攻撃は厚くなった

北海道コンサドーレ札幌
攻撃守備選手層監督フロント
CBBCC
増川の長期離脱は不安だが、ソンユン残り堅守維持できる。

清水エスパルス
攻撃守備選手層監督フロント
BCCBC
大前・本田抜けた。攻撃は野津田はプラスだが、浮沈はチョンテセの破壊力だのみ。

15〜18位  最後に残留が目標

開幕前時点ではチーム力が劣る。

ベガルタ仙台
攻撃守備選手層監督フロント
BCCCC
目立つ補強は平山くらい。収支変わらず。

ヴァンフォーレ甲府
攻撃守備選手層監督フロント
CBCCC
ウィルソン獲得、堀米の復帰。攻撃は確実にup。残留には守備力強化が不可欠。

横浜F・マリノス
攻撃守備選手層監督フロント
CBCDC
扇原獲得は計算できるが、穴は大きく不安定要素大きい。中澤に負担かかりそう。新外国人の出来次第では、降格争いは避けられない。

アルビレックス新潟
攻撃守備選手層監督フロント
CCDCC
レオ・シルバ、ラファエル・シルバら引き抜かれる。DFはほぼ総取っ替え。本町と矢野貴章の復帰、堀米が入っても埋まらない。


2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
Tweet football予想・投票室CSトップ戻る