2013年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る

2013年度J1順位予想&分析

  1. 浦和レッズ
  2. 鹿島アントラーズ
  3. ベガルタ仙台
  4. サンフレッチェ広島
  5. 柏レイソル
  6. ジュビロ磐田
  7. 名古屋グランパス
  8. FC東京
  9. 清水エスパルス
  10. 川崎フロンターレ
  11. サガン鳥栖
  12. セレッソ大阪
  13. ヴァンフォーレ甲府
  14. アルビレックス新潟
  15. 大宮アルディージャ
  16. 横浜F・マリノス
  17. 大分トリニータ
  18. 湘南ベルマーレ

おことわり このページの公開は2013年3月24日ですが、3/2にツイート(@footballcs)した順位予想に加筆したものになります。

1〜5位  優勝・ACL出場がノルマ

最後まで優勝を争って当然の戦力を有する。

浦和レッズ
攻撃守備選手層監督フロント
A A A A B
ペドロビッチイズム浸透。関口と森脇の加入は、昨年1位2位の弱体化にも成功。
鹿島アントラーズ
攻撃守備選手層監督フロント
A A A A A
ダヴィの加入は昨年得点力不足なだけに大きなプラス。チーム全体的には世代交代の過渡期。
ベガルタ仙台
攻撃守備選手層監督フロント
A A C B C
レベルアップとしては、CB石川とMF佐々木くらいでは物足りない補強。
サンフレッチェ広島
攻撃守備選手層監督フロント
A B C B A
徹底マークされる立場。森脇の穴をどうする?
柏レイソル
攻撃守備選手層監督フロント
B B B A B
陣容は大きく変わらず。

6〜10位  ACL出場が目標

優勝を争うには決め手を欠く。

ジュビロ磐田
攻撃守備選手層監督フロント
B B B B B
伊野波の移籍は弱点補強になる。
名古屋グランパス
攻撃守備選手層監督フロント
C A B A B
闘莉王がFWに入るようでは、優勝争いは苦しい。
FC東京
攻撃守備選手層監督フロント
B B B B B
東と李忠成の加入で攻撃力アップ。
清水エスパルス
攻撃守備選手層監督フロント
C B C B C
得点力不足をバレーで補えるのか?
川崎フロンターレ
攻撃守備選手層監督フロント
B C B C C
大久保の補強はいいが、全体的に高齢化が進む。

11〜14位  混戦の残留争いから抜け出して上位を目指すことが目標

歯車が狂うと降格圏が怖い。

サガン鳥栖
攻撃守備選手層監督フロント
B B D B D
昨年の躍進にマークされるが、豊田の残留が最大の補強。
セレッソ大阪
攻撃守備選手層監督フロント
A C C C C
今年はクルピ監督が最初から指揮。イキのイイ若手の宝庫。
ヴァンフォーレ甲府
攻撃守備選手層監督フロント
C C C B D
ダヴィが抜けたが、中盤・最終ラインは戦力維持。
アルビレックス新潟
攻撃守備選手層監督フロント
C B C C D
田中達也で得点力上げても、センターバック二枚抜けてさしひきゼロ。

15〜18位  最後に残留が目標

開幕前時点ではチーム力が劣る。

大宮アルディージャ
攻撃守備選手層監督フロント
C C C B C
ラスト10試合の成績は脅威。
横浜F・マリノス
攻撃守備選手層監督フロント
C B C C C
守備力は確かだが、中村俊輔のセットプレー頼みな攻撃に伸びしろが少ない。
大分トリニータ
攻撃守備選手層監督フロント
D C D C D
J1で経験豊富な選手を補強できたが、戦い切るには戦力・体制とも不足。
湘南ベルマーレ
攻撃守備選手層監督フロント
C D D C D
若さと攻撃力で昇格したが、逆に経験値は低い。
2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る