2012年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る

2012年度J2順位予想&分析

  1. 徳島ヴォルティス
  2. 京都サンガF.C.
  3. ジェフユナイテッド千葉
  4. 東京ヴェルディ
  5. ヴァンフォーレ甲府
  6. 栃木SC
  7. モンテディオ山形
  8. 横浜FC
  9. ザスパ草津
  10. アビスパ福岡
  11. ギラヴァンツ北九州
  12. 大分トリニータ
  13. 愛媛FC
  14. ロアッソ熊本
  15. カターレ富山
  16. 水戸ホーリーホック
  17. 松本山雅FC
  18. ファジアーノ岡山
  19. 湘南ベルマーレ
  20. FC岐阜
  21. ガイナーレ鳥取
  22. FC町田ゼルビア

1〜2位  昇格がノルマ

2位以内に入って当然の体制が整う。

徳島ヴォルティス
攻撃守備選手層監督フロント
B B B B C
小林監督は昇格請負人。4度目の昇格にふさわしい質・量。選手層厚い。FW津田が生きるFW鈴木達也とMF大田圭輔と的確な補強。
京都サンガF.C.
攻撃守備選手層監督フロント
B C C B C
大木サッカーが昨年秋から浸透。天皇杯準優勝の勢い続く。FW久保と宮吉は必見。

3〜6位  昇格プレーオフが目標

長所は昇格レベルだが、弱点も目立つ。

ジェフユナイテッド千葉
攻撃守備選手層監督フロント
C C D B D
木山新監督の人選は良い。オシム以降は継続性がないので期待できる。オーロイ頼みにならないよう、FW荒田と藤田の補強は良い。
東京ヴェルディ
攻撃守備選手層監督フロント
B D C C D
J2トップの得点力はさらに厚みを増したが、最終ラインはCBの層が薄く、早く土屋の後釜を。
ヴァンフォーレ甲府
攻撃守備選手層監督フロント
B C C C C
攻撃復権にふさわしい城福監督。流出もあったが、ダヴィ、片桐、移籍の高崎とFW陣はタレントぞろい。
栃木SC
攻撃守備選手層監督フロント
C B D B C
選手入れ替わっても松田監督の手腕で上昇できる。ボランチのパウリーニョは代えが効かない。

7〜10位 昇格争いが目標

最激戦区。紙一重の争いでプレーオフは手に届く範囲。

モンテディオ山形
攻撃守備選手層監督フロント
C C C D
万代と中原の出来次第だが、得点力不足解消を目指せる。
横浜FC
攻撃守備選手層監督フロント
C C C C E
隔年で上昇する年。ボランチ内田智也が復帰。DF杉山、MF堀之内、FW永井と実績のある選手を獲得。
ザスパ草津
攻撃守備選手層監督フロント
C D D C D
熊林や松下などタレントを擁するが、昇格目指すには選手層薄い。
アビスパ福岡
攻撃守備選手層監督フロント
C D C D
坂田の加入は好材料。攻撃力は一昨年のレベルに戻りつつある。

11〜15位 昇格争いをおもしろくすることが目標

監督の手腕と補強次第で、戦えるチームになれる。

ギラヴァンツ北九州
攻撃守備選手層監督フロント
C C D C D
今年はマークされる立場。躍進したが伸びしろ感じず。
大分トリニータ
攻撃守備選手層監督フロント
C C D D D
高松復帰が大きい。MF村井も獲得し、チーム整備進行中。
愛媛FC
攻撃守備選手層監督フロント
E D E D E
最終ラインに一昨年の堅守立役者アライールが戻ってきた。
ロアッソ熊本
攻撃守備選手層監督フロント
C D D C D
昨年は失点増えたのに補強は攻撃陣中心。
カターレ富山
攻撃守備選手層監督フロント
C D D C D
安間監督の手腕で攻撃力と組織力は良いが、失点数の多さに対して補強がない。

16〜20位 残留することが目標

最後までモチベーションを失うことなく戦いきりたい。

水戸ホーリーホック
攻撃守備選手層監督フロント
D D D E E
上昇できる材料あり。柱谷監督の手腕が問われる。
松本山雅FC
攻撃守備選手層監督フロント
D D E B E
反町監督が最大の補強。目立った補強はGK野沢くらいだが、かえってよいかも。
ファジアーノ岡山
攻撃守備選手層監督フロント
C C D E D
保有選手は多いが特徴なし。移籍してきたMF服部公太が精神的支柱になれるか。
湘南ベルマーレ
攻撃守備選手層監督フロント
D D D D
監督・選手共に大幅入れ替えで再出発の年。FW古橋は新天地で復活なるか。
FC岐阜
攻撃守備選手層監督フロント
E D E E
MF服部年宏の加入は影響大だが、得点力弱いのに主力アタッカー流出が痛い。

21〜22位 降格争いを脱出することが目標

戦う態勢を整えられるか。

ガイナーレ鳥取
攻撃守備選手層監督フロント
E D E E E
CBに柳楽が入ったのはプラス。しかし、実質昨年から服部年宏とハメドが抜けただけ。
FC町田ゼルビア
攻撃守備選手層監督フロント
D E E C E
平本が入ったFWはおもしろいが、アルディレス監督の手腕でも23人の小所帯のやりくりは困難。
2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る