2010年 Jリーグ予想&分析(寸評・短評)

2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る

2010年度J1順位予想&分析

  1. 鹿島アントラーズ
  2. 名古屋グランパス
  3. 川崎フロンターレ
  4. 清水エスパルス
  5. ガンバ大阪
  6. FC東京
  7. 浦和レッズ
  8. セレッソ大阪
  9. 横浜F・マリノス
  10. サンフレッチェ広島
  11. 大宮アルディージャ
  12. ヴィッセル神戸
  13. 京都サンガF.C.
  14. ジュビロ磐田
  15. アルビレックス新潟
  16. ベガルタ仙台
  17. モンテディオ山形
  18. 湘南ベルマーレ

1〜5位 四連覇に待ったをかけられるか

今年はワールドカップ後の疲弊度も考慮する必要がある。ACLの有無や選手の補強だけではこの地位に上がれない。

鹿島アントラーズ
攻撃守備監督選手層フロント
AASAS
若干入れ替えあっても影響なし。多少もたついても、本山復帰で追い込める。
名古屋グランパス
攻撃守備監督選手層フロント
ABAAB
豪華メンバーも、カリスマ監督だから成り立つ。ACLなしで集中できるが、良くも悪くも闘莉王次第。
川崎フロンターレ
攻撃守備監督選手層フロント
SBBBA
得点力はあいかわらずすごい。守備陣の弱さを隠せる。あとは勝負強さを身に付けるかだが、稲本加入は説得力を感じない。
清水エスパルス
攻撃守備監督選手層フロント
ABBBB
小野加入はプラス。FW陣が生きる。対して守備陣の層が薄い。ボスナーが期待通りになるか。
ガンバ大阪
攻撃守備監督選手層フロント
ABABB
ワールドカップ後の遠藤勤続疲労が心配。選手層は薄くなった。若手の飛躍が必要な年。しかし、中東に強奪されても、すぐさまエースを連れてくるフロントのしたたかさがある。

6〜10位 優勝争いを狙う

長所は魅力的だが、選手層が薄い、守備が弱いなど、抜け出せない要素がある。年間通して戦い抜けられるか。ACL出場権が現実的目標。

FC東京
攻撃守備監督選手層フロント
BBABB
戦力魅力だが、上位に勝てるか。移籍した森重と松下が定着し、今野を一カ所で固定できるようになれば、上位は見える。
浦和レッズ
攻撃守備監督選手層フロント
BBCAC
監督交代の予想はよそう(コラっ)。若手育成は必須の年だが、未知数要素が多い。内戦でなく対戦チームと戦うべし。普通にやれればこの順位でも低いくらいだ。間を取るとこのあたりか。
セレッソ大阪
攻撃守備監督選手層フロント
ACBCC
香川・乾の魅惑のコンビに播戸が加わって、セクシーさ増強。サイドと3バックにトリニータ 勢をまとめて補強し、連携の問題は早期に解決できそう。躍進期待できる。
横浜F・マリノス
攻撃守備監督選手層フロント
BB?CD
全くの新人監督に、カリスマ性を以て最後の切り札とする年。前任者からの世代交代が上手くいくかどうか。中澤・松田がこのチームの長所。俊輔効果は秋口まで期待すべからず。
サンフレッチェ広島
攻撃守備監督選手層フロント
ACBCB
オシム的な魅力あるサッカーも、今年はマークされる立場。対策立てないと、失点数の多さが気になってくる。ACLとの両立も不安材料。

11〜15位 上位狙いと残留争い

うまく行けば優勝争い割って入れるが、つまずくと残留争いに。昨年は9〜11位に予想したチームが降格した。油断するとこの中から降格チームが出てくる。

大宮アルディージャ
攻撃守備監督選手層フロント
BBDCC
両サイドバックと深谷とアン・ヨンハッは良い補強。守備力は明らかに向上。ただし監督の手腕は疑問符。
ヴィッセル神戸
攻撃守備監督選手層フロント
CBBCC
三浦監督だから、残留できる力はある。中盤と前線はかなり入れ替え。エジミウソンの加入は心強い。
京都サンガF.C.
攻撃守備監督選手層フロント
CBCCC
水本中心の守備陣は今年も計算できる。しかし前線は柳沢とディエゴが残っただけにすぎず、in/outの収支合わず。
ジュビロ磐田
攻撃守備監督選手層フロント
BCCCC
イ・グノが開幕から居るのは良いが、相棒の前田が離脱。根本的問題の中盤とディフェンスは、パク・チュホが入ったくらいで問題持ち越し。
アルビレックス新潟
攻撃守備監督選手層フロント
BC?CC
隔年成績の谷の年。主力が抜けて、チームを知り尽くしていても新人監督では苦しい。

16〜18位 まずは残留圏内へ

一段とチーム力が劣る。この順位予想がいーかげんなコトを願うか。ちなみに昨年の16〜18位はひとつも当てていない。

ベガルタ仙台
攻撃守備監督選手層フロント
DCCCD
ほぼ昨年のメンバー。得点力で見劣る。CBと攻撃的MFはJ1でも通用する。
モンテディオ山形
攻撃守備監督選手層フロント
DCBDD
得点力不足に田代が入ったが、対戦カードに恵まれた昨年のように開幕から飛び出せないと苦しい。
湘南ベルマーレ
攻撃守備監督選手層フロント
DCBDD
攻撃陣の補強を図ったが、相対的弱さは否めない。久々のJ1も、監督と日の丸つけた村松以外は厳しい。
2017年度J1順位予想&分析2017年度J2順位予想&分析2017年度J3順位予想&分析
|2016年度 J1J2J3| |2015年度 J1J2J32014年度 J1 J2 J3
|2013年度 J1 J2 |2012年度 J1 J2 | |2011年度 J1 J2 | 2010年度 J1 J2 | 2009年度 J1 J2 2008年度以前
football予想・投票室CSトップ戻る