football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2020/07/18号

堂々とおうちへ帰れる
手ぶらで津軽海峡を渡らない

ベガルタ仙台 2-2 北海道コンサドーレ札幌

第5節 7/18 現在 得点 失点
11 ベガルタ仙台 6 5 1 3 1 6 1.20 (11) 6 1.20 (8) 0
7 北海道コンサドーレ札幌 8 5 2 2 1 8 1.60 (5) 7 1.40 (11) 1

  ドゥグラス オリベイラ
        (ジェイ)

  チャナ       駒井
 ティップ    (ボランチへ)
 
  菅            白井
(金子)       (ルーカス
        フェルナンデス)
  
     深井     荒野
    (田中)

   福森   宮沢   進藤
  (高嶺)
          菅野
         
sub:カウィン キム ミンテ

1点リードされてから、荒野が一発レッドで退場。1人少なくなって絶望的でしたが、後半に 2得点。よくアディショナルタイムに追いつきました。2点リードされてからのドローは、福森の直接フリーキック2発で降格圏転落を防いだ2017年7月8日の大宮アルディージャを思い出します。奇跡にも近いことが起こって、勝ち点1をもぎ取りました。

チャナティップが際立っていました。前半から個人技が目立ち、前半のチャンスはチャナティップからしかなかった位でした。前半35分には、相手をかわして、フリーのドゥグラス オリベイラにラストパス。得点にならなかったものの、決定的でした。後半は右からの攻撃も増えて、前に出ていた進藤からのパスを受けたルーカス フェルナンデスからのクロスに合わせて、ヘッドで今季初ゴール。これは勢いづきました。

流れを変えたのは、ルーカス フェルナンデスだけでなく、後半25分のジェイの投入です。ここからは、ボールが収まり、相手陣内でのプレーが増えました。残り20分プラスアディショナルタイムでしたが、さすがジェイと、言わんばかりの圧倒的な存在感。後半32分に、CK からのヘッドはゴールポストへ。40分には、裏へ抜け出してシュートを撃つがキーパーがセーブ。しかし、アディショナルタイムに入って、実りました。ルーカス フェルナンデスの CK をジェイがヘディングで合わせて、ボールが田中のかかとに当たってゴールへ。どれもルーカス フェルナンデスからジェイへのホットラインで、執念で追いついた同点劇でした。

試合経過

相手のプレスに苦しみ、ボールを奪っても奪い返される展開が開始から続く。DFラインの裏を狙われ続け、カウンターから左サイドを走り込まれて、先制点を許す。前半32分に、荒野が相手を蹴ったと判定されてレッドカード。10人での戦いになりながらも菅野の好セーブで、1点差で前半を終える。

後半開始と同時に、ルーカス フェルナンデスと田中を投入。ミドルシュートで追加点を許したが、その2分後に、右サイドからのクロスにチャナティップがヘッドで合わせて、再び 1点差。高嶺・ジェイ・金子と次々に投入して、ボール支配の時間が増え、ジェイを中心にゴールに迫った。アディショナルタイムに入って、ジェイのヘディングが田中の足に当たって、ゴールに入って同点。その後のピンチをしのいで、貴重な勝ち点1をもぎ取った。

この試合の着眼点

1人多いかのような展開。監督のこのコメントに集約されます。前半は左偏重の攻撃で裏も狙われていましたが、修正してきました。途中起用の選手も当たっています。高嶺は突破されたところで止めて、ピンチを救いました。カウンターから背後を狙われてもケアできたのは大きかったです。ごっつあんゴールの田中だけではなく、大卒ルーキートリオの存在感が増してきている活躍ぶりです。

約1か月間の千葉キャンプと、アウェイ4連戦を終えました。7.22(水)、中三日でようやくドームでFC東京戦。現在2位ですが、昨年ドームでは引き分け。17年・18年は勝ち点3を獲っています。恐れることはありません。7.26(日) 13時から横浜F・マリノス戦。8.2(日)14時ヴィッセル神戸戦。ドームが続きます。さらに、8.5(水)19時から厚別でサンフレッチェ広島とルヴァンカップ第2節。ようやく stay homeできます。勝ち点3積み重ねのチャンスです。

(19日 22:40)