football 予想・投票室CS

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
remote_addr:18.234.255.5
remote_host:18.234.255.5
remote_host:
local_addr:219.117.237.180
server_name:footballcs.info

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2020/02/10号

ソンユンの日ではなかった
悲観無用

柏レイソル 4-2 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

(第1節2/23) 得点 失点
2 柏レイソル 3 1 1 0 0 4 4.00 (1) 2 2.00 (12) 2
16 北海道コンサドーレ札幌 0 1 0 0 1 2 2.00 (5) 4 4.00 (18) -2

        ジェイ
 (アンデルソンロペス)

  チャナ       鈴木
 ティップ     

  菅             白井
             (ルーカス
        フェルナンデス)

    荒野      宮沢
             (CBへ)

  福森   キム   進藤
        ミンテ
        (駒井)
 
      ク・ソンユン
         
sub:菅野 田中 金子 高嶺

終わったばかりな気がしますが、もう開幕です。雨にあたらずに、寒くなく観戦できました。風向きは南からで強く、しかもいつもとは逆のエンド、前半はウチラのゴールに向かって攻める形になりました。

今年からハイプレスに取り組みますが、先々週の練習試合では 7失点。先週のルヴァンカップ開幕ではクリーンシートで、期待が高まりました。しかし、安心して見ていられたのは最初の5分まで。奪われて速攻で持ち込まれる場面が相次ぎます。攻撃に出るときは、引き続き期待が持てますが、昨年の悪いところも変わらないのでは困ります。昨年何度か見せつけられましたが、速攻に対応する対応ができていないだけです。

そもそも、昨年は対応する気も感じられませんでした。今年はハイプレスを仕掛けるのですから、裏を取れたらゴールまでカンタンに持ち込めます、と、公言しているようなものです。用意は必要ではないですか。一方で、肝心なプレスも甘く、逆に相手のプレスのほうが目立ちました。

そう考えると、ずっと裏への抜け出しを狙っていたオルンガはフリーにさせたらダメなのですよ。ソンユンは前へ飛び出しすぎていたのは事実。しかし、GK 一人だけの問題とも思えないのですよ。要注意フォワードをほとんどフリーにさせていたんです。守備の約束事がないと、ソンユンひとりに負担を押し付けることにならないか、不安になってきます。

今日の寸評(ひとこと)

この試合の収穫

荒野が開幕戦でチーム今季初得点。前半からどんどん前に出てきて、動き回っていました。粗削りでもいいんです。この姿勢がいいんです。ただ、後ろのケアのことを考えると2シャドーでの起用もアリかもしれないです。ともあれ、0-4 から、もしかしたら追いつけるところまで攻めれたのは収穫です。Yahooの見出しで両チームのシュート数が驚異の50本超えと、見応えのあった試合でした。

中3日空いて、2.26(水)19時からEスタで、ルヴァンカップ 第2節サンフレッチェ広島戦。2月最後は、29(土)15時等々力で、川崎フロンターレ戦。再び中3日でルヴァンカップ 第3節横浜FC戦。ようやく3.7(土)14時にドームでホーム開幕ガンバ大阪戦、と、思ったら、チケット販売中止。さらに、開催延期が発表されました。どのチームも一律なので仕方ありません。今シーズンは始まったばかりです。

(26日 0:00)

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2020/02/16号

何はともあれ開幕勝利
わるくないぞ

サガン鳥栖 0-3 北海道コンサドーレ札幌

 得点者

順位 Cグループ第1節
得点 失点
1 北海道コンサドーレ札幌 3 1 1 0 0 3 3.00 (1) 0 0.00 (1) 3
1 サンフレッチェ広島 3 1 1 0 0 2 2.00 (2) 0 0.00 (1) 2
3 横浜FC 0 1 0 0 1 0 0.00 (3) 2 2.00 (3) -2
3 サガン鳥栖 0 1 0 0 1 0 0.00 (3) 3 3.00 (4) -3

        ジェイ
        (金子 >2列目へ)

  チャナ       鈴木
 ティップ     (CFへ)

  菅             檀崎
                (白井)

     高嶺    荒野
    (駒井)

  福森   宮沢   進藤
        
      ク・ソンユン
         
sub:菅野 キムミンテ
     田中 早坂

リーグ戦よりも先にルヴァン杯開幕です。昨年ファイナリストとして、取り上げてもらえるのですよ。文句なしの白星スタートは気分がいいですよ。

スタメンはほぼリーグ戦開幕メンバーでしょう。新戦力が気になる時期ですが、小野伸二に認められた金子ではなく、A代表デビューした田中でもなく、ボランチで、高嶺が先発出場。ボール奪取や戦う姿勢はとってもよかったようで、自らゴールも狙いに行ってました。深井が肉離れで離脱したこともあり、そのまま開幕スタメン、ありえます。

得点は安心していられます。毎度おなじみのメンバーに、おなじみのパターンです。圧巻は、福森の角度のないところからの直接フリーキックですね。GK はファーで構えていましたから、誰もがヘッドで狙うものだと思っていました。ところが敵を欺くには味方からでしょうか。グランダー気味に蹴って、完全に GK の逆を突きました。

試合経過

主導権はあホームチームに握られて、押され気味の展開になる。しかし、前半14分に左からの CK を福森がゴール前に蹴ると、ジェイが頭で合わせて先制。その後も攻め込まれながらも、耐えてしのぐ場面が多かった。

後半36分に、右サイドでゴールから30度の角度から、福森が直接 FK をニアに決めて追加点。アディショナルタイム2分には、走り込んでいた鈴木がペナルティエリア内でボールを奪い切ってからゴールを決めて、勝負を決定づけた。

それでも苦言をいわせろ

ミシャの言う通りです。内容では圧倒されました。シュート12本に対して9本。これはまだいいとしても、コーナーキックは13本に対して2本。攻撃を受ける時間が長かったのでしょう。前線からのプレスに今季からとりくんでいますが、一対一での物足りなさが目立ちました。しかし、これがすべてではありません。これから熟成されます。この日のメンバー外の選手も、虎視眈々とメンバー入りを狙っています。

2.22(土)にリーグ戦開幕です。 15 時から日立台での柏レイソル戦に生観戦します。現地行かれる方々よろしくです。中3日空いて、2.26(水) 19時からEスタで、ルヴァンカップ 第2節サンフレッチェ広島戦。そして2月最後は、29(土)15時等々力で、川崎フロンターレ戦。今年は最初から過密スケジュールですね。ここから昇り調子で道内に戻りたいですね。

(18日 21:40)