football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2015/11/23号

今季初の4得点快勝
早くから点をとってほしかった

コンサドーレ札幌 4-1 栃木SC

 得点者

第42節 11/23現在 得点失点得失
1 大宮アルディージャ 86 42 26 8 8 72 1.71 (1) 37 0.88 (4) 35
2 ジュビロ磐田 82 42 24 10 8 72 1.71 (1) 43 1.02 (9) 29
3 アビスパ福岡 82 42 24 10 8 63 1.50 (3) 37 0.88 (4) 26
4 セレッソ大阪 67 42 18 13 11 57 1.36 (5) 40 0.95 (7) 17
5 愛媛FC 65 42 19 8 15 47 1.12 (7) 39 0.93 (6) 8
6 V・ファーレン長崎 60 42 15 15 12 42 1.00 (12) 33 0.79 (1) 9
7 ギラヴァンツ北九州 59 42 18 5 19 59 1.40 (4) 58 1.38 (19) 1
8 東京ヴェルディ 58 42 16 10 16 43 1.02 (11) 41 0.98 (8) 2
9 ジェフユナイテッド千葉 57 42 15 12 15 50 1.19 (6) 45 1.07 (13) 5
10 コンサドーレ札幌 57 42 14 15 13 47 1.12 (7) 43 1.02 (9) 4
11 ファジアーノ岡山 54 42 12 18 12 40 0.95 (15) 35 0.83 (3) 5
12 ツエーゲン金沢 54 42 12 18 12 46 1.10 (9) 43 1.02 (9) 3
13 ロアッソ熊本 53 42 13 14 15 42 1.00 (12) 45 1.07 (13) -3
14 徳島ヴォルティス 53 42 13 14 15 35 0.83 (19) 44 1.05 (12) -9
15 横浜FC 52 42 13 13 16 33 0.79 (21) 58 1.38 (19) -25
16 カマタマーレ讃岐 51 42 12 15 15 30 0.71 (22) 33 0.79 (1) -3
17 京都サンガF.C. 50 42 12 14 16 45 1.07 (10) 51 1.21 (16) -6
18 ザスパクサツ群馬 48 42 13 9 20 34 0.81 (20) 56 1.33 (18) -22
19 水戸ホーリーホック 46 42 10 16 16 40 0.95 (15) 47 1.12 (15) -7
20 FC岐阜 43 42 12 7 23 37 0.88 (18) 71 1.69 (22) -34
21 大分トリニータ 38 42 8 14 20 41 0.98 (14) 51 1.21 (16) -10
22 栃木SC 35 42 7 14 21 39 0.93 (17) 64 1.52 (21) -25

    荒野         都倉
             (ナザリト)
 
          小野
         (中原)

 堀米  宮沢  稲本  石井
            (永坂)   

   福森   河合   櫛引
  
      ク・ソンユン

sub:金山 上原 深井 神田

今季最多の4得点、3点差をつけて快勝なのですが、なぜかモヤモヤが解消されないのはワタシだけでしょうか。最終戦になってしまうのが許せないんですよ。もっと早くやってくれよと、嘆きたくなります。これが成長の証という側面もみとめますが、どうしても終わりよければそれでよしを思い浮かべて、ダマサレないぞと、思ってしまいます。

確かに成長もありました。堀米はうれしいプロ初ゴール宮沢は攻守で欠かせない存在感。後半の入りのグダグダはまだダメですが、2点差に詰め寄られても、きっちり3点差に戻せたのはメンタル面での持ち直しが見られました。

相手はJ2残留が絶望的で、プロ初先発の GK が先発した有利な状況で、幾度となく取りこぼしていた下位のチームから順当に勝ち点3と得失点差プラス3を奪えたのも、嬉しい材料です。こういった流れが切れてしまうのは残念ですが、そこはどのチームもイコールコンディション。パワーアップして、2月末の開幕に備えてほしいです。

試合経過

立ち上がりから優勢に試合を進め、29分に、河合の前線へのロングボールに追いついた石井からのクロスに反応した都倉が、相手をかわしてシュートを決めて先制。福森の右CKに宮沢が頭で合わせて追加点。前半アディショナルタイムには、小野のシュートの跳ね返りを福森押し込んだ。

後半立ち上がりは反撃を受け、クロスに合わせられ、セーブを破られた。流れは相手に傾きかけたが、宮沢のマイナスのパスに走り込んだ小野がワンタッチでスルーパスを出し、そこに走り込んだ堀米がダイレクトにシュートを撃って突き放した。今季初の4得点で今シーズンを締めくくった。

それでも苦言をいわせろ

足りないのは得点ですよ。順位表を見ると、失点数は6位以上と遜色ありませんが、得点力のあるチームが順当に上位にいます。都倉は頑張ったと思いますが、途中離脱あり。代わって内村が夏場に得点を挙げたがけがで離脱。ナザリトは4月が最後の得点。前田はずっとけがに苦しみ無得点。荒野をFWに入れざるを得ないのでは、昇格圏は遠のきます。

試合終了後のセレモニーで、野々村社長の口から四方田監督来季続投の意向が示されました。留任濃厚で、シーズン開始から指揮を執れるので、やりやすいでしょう。とにかくもっと点をとって、勝負強くなってほしいです。

すでに去就のウワサが飛び交っております。新たに補強するにしても、期待通りの活躍を願いたいです。クラブ創設20周年北海道コンサドーレ札幌の一年目を昇格できるよう、お願いします。

(25日 20:00)