football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/11/23号

やっぱり得点足りない
残り10分力尽きる

コンサドーレ札幌 1-1 ジュビロ磐田

 得点者

第42節 11 /23現在 得点失点得失
1 湘南ベルマーレ 101 42 31 8 3 86 2.05 (1) 25 0.60 (1) 61
2 松本山雅FC 83 42 24 11 7 65 1.55 (3) 35 0.83 (2) 30
3 ジェフユナイテッド千葉 68 42 18 14 10 55 1.31 (6) 44 1.05 (4) 11
4 ジュビロ磐田 67 42 18 13 11 67 1.60 (2) 55 1.31 (15) 12
5 ギラヴァンツ北九州 65 42 18 11 13 50 1.19 (13) 50 1.19 (11) 0
6 モンテディオ山形 64 42 18 10 14 57 1.36 (4) 44 1.05 (4) 13
7 大分トリニータ 63 42 17 12 13 52 1.24 (9) 55 1.31 (15) -3
8 ファジアーノ岡山 61 42 15 16 11 52 1.24 (9) 48 1.14 (9) 4
9 京都サンガFC 60 42 14 18 10 57 1.36 (4) 52 1.24 (12) 5
10 コンサドーレ札幌 59 42 15 14 13 48 1.14 (15) 44 1.05 (4) 4
11 横浜FC 55 42 14 13 15 49 1.17 (14) 47 1.12 (8) 2
12 栃木SC 55 42 15 10 17 52 1.24 (9) 58 1.38 (17) -6
13 ロアッソ熊本 54 42 13 15 14 45 1.07 (17) 53 1.26 (13) -8
14 V・ファーレン長崎 52 42 12 16 14 45 1.07 (17) 42 1.00 (3) 3
15 水戸ホーリーホック 50 42 12 14 16 46 1.10 (16) 46 1.10 (7) 0
16 アビスパ福岡 50 42 13 11 18 52 1.24 (9) 60 1.43 (19) -8
17 FC岐阜 49 42 13 10 19 54 1.29 (7) 61 1.45 (20) -7
18 ザスパクサツ群馬 49 42 14 7 21 45 1.07 (17) 54 1.29 (14) -9
19 愛媛FC 48 42 12 12 18 54 1.29 (7) 58 1.38 (17) -4
20 東京ヴェルディ 42 42 9 15 18 31 0.74 (21) 48 1.14 (9) -17
21 カマタマーレ讃岐 33 42 7 12 23 34 0.81 (20) 71 1.69 (21) -37
22 カターレ富山 23 42 5 8 29 28 0.67 (22) 74 1.76 (22) -46

   前田     都倉
  (内村)  
	   
  中原      宮沢
 (小野)

荒野   上里    日高
              
  櫛引 奈良 パウロン

       金山

sub:杉山 松本
     上原拓 榊

今季最終戦なだけに、今季を象徴する結果なんですかね。セットプレーと都倉以外ではなかなか得点できず、粘り強く守っていても、あと一歩のところで失点を喫する。この引き分けで、大事な終盤で4戦連続ドロー。順位も10位に落として、今シーズンを終えました。

目標が潰えても、意地を見せなければいけない試合です。それはピッチ上で体現できていました。なんせ、ジュビロの歴史上でもめったにない、 フェルジナンドを前線に残すパワープレーをさせたのですから。しかし、そのような踏ん張りで勝てるほどの易しい相手ではなく、消耗させられて反撃の力を削がれて追いつかれました。前線やサイドでの攻防に勝つことも必要です。右サイドの松井と駒野といったW杯戦士に荒野と中原が対応していましたが、実力差は常に後手を踏み続けていたところで露呈していました。これは来季に向けてレベルアップすべきところです。

試合経過

開始早々に上里が直接FKを決めて先制。この後は相手の攻撃に圧倒されて、反撃できない展開が続く。

後半も守備で粘り強く対応する展開が続く。しかし、CKからフェルジナンドに頭で決められ同点にされた。2ヶ月半ぶりに小野が入ったが、勝ち越し点には至らず、勝ち点1を分けあった。

この試合の着眼点

得点力不足に泣かされた一年になりました。その象徴として、得点は上里の直接フリーキックのみ。怪我人続出の影響もありましたが、2列目での力不足を感じました。補強すべきポイントになりますが、思わず古田がいれば・・・、と嘆きたくなりました。

バルバリッチ監督の続投が当確。これから来季の構想に入っていきます。 内村、前田、上里、石井、宮沢、荒野、上原慎、奈良、金山らは来季も契約が残っています。都倉、砂川、小野、河合、杉山、パウロンは残留濃厚。 稲本は来るのか社長出陣予定。期限付移籍中の動向も気になります。予定より早くシーズンが終わり、年内はフロントが戦う番です。

(27日 02:10)