football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/11/15号

これでは勝てない
当然の7位以下確定

アビスパ福岡 2-2 コンサドーレ札幌

 得点者

第41節 11 /15現在 得点失点
1 湘南ベルマーレ 98 41 30 8 3 83 2.02 (1) 23 0.56 (1) 60
2 松本山雅FC 80 41 23 11 7 62 1.51 (3) 35 0.85 (2) 27
3 ジュビロ磐田 66 41 18 12 11 66 1.61 (2) 54 1.32 (16) 12
4 ジェフユナイテッド千葉 65 41 17 14 10 54 1.32 (6) 44 1.07 (7) 10
5 ギラヴァンツ北九州 65 41 18 11 12 50 1.22 (11) 49 1.20 (11) 1
6 モンテディオ山形 64 41 18 10 13 56 1.37 (5) 42 1.02 (4) 14
7 大分トリニータ 63 41 17 12 12 50 1.22 (11) 52 1.27 (12) -2
8 京都サンガFC 59 41 14 17 10 57 1.39 (4) 52 1.27 (12) 5
9 コンサドーレ札幌 58 41 15 13 13 47 1.15 (15) 43 1.05 (5) 4
10 ファジアーノ岡山 58 41 14 16 11 49 1.20 (13) 48 1.17 (10) 1
16 アビスパ福岡 50 41 13 11 17 51 1.24 (9) 57 1.39 (18) -6

       都倉
       
   中原      内村
 (ヘナン)   (前田)

荒野 宮沢 上里 日高
              (松本)

  櫛引 奈良 パウロン

    イ・ホスン

sub:金山 上原拓
     菊岡 ステファノ

開始3分に幸先よく先制したにもかかわらず、その後は攻め込まれ放題。イ・ホスンが懸命のセーブで防いでも、2失点で済ませるのがやっとでした。 どっちが昇格を目指して戦っていたのか疑いたくなる内容で、昨年よりも一試合早く7位以下が確定して、来季もJ2で戦うことになりました。

4バックの相手に勝てなくなったという問題ではありません。球際に弱く、セカンドボールを拾えません。相手の強いプレッシャーに屈し、最終ラインがを下げさせられ、中盤が間延びして守備網をかいくぐられました。

攻撃はまた、都倉以外で得点がとれません。荒野と中原の更なるレベルアップは望まれますが、総じてほかの選手は何をやっとんじゃい。崖っぷちのこの試合で、都倉の2ゴール以外は、いいところがありませんでした。砂川・小野・河合・上原慎也・石井のけがは痛かったですが、勝ち進まなければ行けないところで3戦連続ドローでは、6位以内に入る資格はないです。

試合経過

上里のFKに都倉がヘッドで合わせて先制したものの、その後はずっと押される展開。幾度の危ない場面をイ・ホスンのビッグセーブでしのいでいたが、CKに頭で合わられて同点にされる。 この後も怒涛の攻撃を防げず、宮沢のパスミスをきっかけに逆転ゴールを許した。

前半終了間際に、 ファーサイドからの奈良のクロスを都倉が頭で合わせて同点に追いついた。後半も相手の攻撃に手を焼く形勢を変えることはできず、33分と38分の中原のシュートは決められなかった。

この試合の着眼点

都倉でしか得点できないことが問題です。言い換えると相手のマークがユルいチームでないと得点できないということでもあります。スカウティングされているからこそ他の選手にも得点のチャンスが出てきますが、逃し続けているところに、上位へ進めない要因があります。

残る最終戦は、来季構想の品評会を兼ねています。怪我人の多さも気になりますが、生き残りを掛けて全力で戦ってほしいです。

(18日 23:10)