football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/09/23号

勝つには変わらなきゃ
バルバリッチ監督で初勝利

コンサドーレ札幌 3-1 ファジアーノ岡山

 得点者

第33節 9 /23現在 得点失点得失
11 コンサドーレ札幌 45 33 12 9 12 38 1.15 (13) 37 1.12 (8) 1
5 ファジアーノ岡山 52 33 13 13 7 39 1.18 (11) 34 1.03 (6) 5

         都倉
        (日高)

    中原       前田
              (工藤)

上原慎 宮沢 上里 石井
           (薗田)

  奈良 河合 パウロン

       イ・ホスン

sub:金山 櫛引
    菊岡 ヘナン

バルバリッチ監督の大胆な布陣変更が当たりました。およそ2年ぶりの3バックです。早々に先制して、追い付かれながらもすぐに勝ち越し。1点差のまま集中を切らさず、終了間際には追加点。前節の鬱憤を晴らすには充分です。

都倉が得点すると強いですね。まとめて2ゴールです。個の強さの違いは前田にも言えます。見逃せないのは前半の2得点はどちらも上原慎也と中原が絡んでいることです。前節ダメダメだった連携もよくなってきました。

相手は 3-4-3 です。合わせて布陣を変えることをやってきませんでしたが、今回は 久々の3バックです。これが当たりました。マッチアップすると、特に都倉と前田は相手に勝てるんです。相手に布陣変更を強いらせる時点で、半ば勝ったも同然でした。河合が中央で、パウロンと奈良が組む3バックって、冷静に考えると強力ですよ。ずっとこのまま固定することはないでしょうが、バリエーションが増えたことは間違いありません。

試合経過

前節から選手・フォーメーションを入れ換えて臨んだ。開始早々に相手のバックパスのミスを逃さず先制。ミドルシュートが宮沢に当たってコースが変わり同点にされたが、その5分後に前田のミドルシュートが決まって勝ち越した。

押し込まれる時間帯もあったが、集中を切らさず、イ・ホスンのセーブなどで守りきった。終了間際には工藤のパスを受けた都倉が2点目を決めて、勝利を決定づけた。

それでも苦言をいわせろ

失点は宮沢に当たってコースが変わったものなので気の毒な所もありますが、そこに至る過程は監督も苦言です。こぼれ球に対する対応が遅れてしまいました。後半は鋭いミドルシュートをホスンが右手一本でセーブしたり、CKからの混戦がゴール上に外れてくれて助かった場面もありました。相手の時間帯になったときが課題ですが、そこをよくこらえて我慢できたのは収穫でした。

残り9試合で6位との勝ち点差が5。捕らえられる範囲です。この勢いでお願いします。

(4日 23:10)