football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/09/14号

負けゲームを追いついた
内村ありがとう

FC岐阜 1-1 コンサドーレ札幌

 得点者

第31節 9 /14現在 得点失点得失
13 FC岐阜 41 31 11 8 12 45 1.45 (4) 43 1.39 (18) 2
12 コンサドーレ札幌 42 31 11 9 11 35 1.13 (12) 33 1.06 (7) 2

         都倉

 砂川    前田    中原
(日高)  (内村)

    宮沢       河合
              (上里)
   
上原拓 櫛引 パウロン 上原慎
                
         金山

sub:イ・ホスン 薗田
    石井 チョン・ソンフン

バルバリッチ監督の初陣、二連勝中で期待のかかる試合でしたが、率直に負けなくてよかった結果です。アウェイの地で終始相手に押し込まれて、一人少なくなってから終了間際に追いついたのなら上出来です。

監督にとって、これまでの 4-2-3-1 を継続しても、実戦は始めてです。しかも出場停止の奈良に代わって、薗田ではなくパウロンをがセンターバックに入りました。パウロンは冷静な対応や身体能力を活かしたプレーがありながらも、幾度か倒した末カード二枚もらっては印象悪いでしょう。この後の選手交代で入った日高は右サイドバックへ。上原慎也が練習でも未経験のセンターバックへ。攻撃の手を緩めない意図でした。劣勢の中、変化があったとは言い難いですが、最後まであきらめない姿勢が同点にできたのだろうと思います。

試合経過

終始ゲームを支配される苦しい試合になり、前半は1本しかシュートを打てなかった。耐える展開で、前半終了間際にミドルシュートを決められた。

後半24分に、パウロンが2枚目のイエローカードで退場。その5分後に日高を投入して、集中し攻めに行く。残り3分で右サイド日高のFKをファーで上原慎が頭で落とし、後ろから走り込んで来た内村が押し込んで同点に追いついた。

この試合の着眼点

何かが変わったという印象はなく、監督も急激に変えることは考えていません。この試合においては、最低でも勝ち点1のノルマをクリアできただけです。相手の4分の1のシュート4本で勝てるほどのしたたかさは、まだありません。 お手並みはこれからです。

次節ザスパクサツ戦は、冷たい雨の予報。我が家は観戦様子見です。道内との気温差は小さいので、重たい動きはあってはならないはずです。まだまだ間に合う6位以内。残りは11試合。12位ながらも、勝ち点差は4です。

(18日 0:30)