football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/09/06号

危機感は持続中
名塚コーチで二連笑

コンサドーレ札幌 2-1 V・ファーレン長崎

 得点者

第30節 9 /6現在 得点失点得失
12 コンサドーレ札幌 41 30 11 8 11 34 1.13 (13) 32 1.07 (7) 2
15 V・ファーレン長崎 36 30 8 12 10 34 1.13 (13) 33 1.10 (9) 1

         都倉
        (日高)

  砂川   前田   中原
 (荒野)        (石井)

    宮沢      河合
   
上原拓 奈良 櫛引 上原慎
                
         金山

sub:イ・ホスン 薗田
    工藤 チョン・ソンフン

開始3分でPKで先制。15分に追加点。文句なしのスタートで連勝です。先制すると勝てるパターンが復活しつつあります。12位ながらも6位まで勝ち点差4まで迫りました。

2戦連続先発の都倉が2発。先発起用の方がいいんですね。ペナルティエリア内で倒されて得たPKを自ら決めて先制。12分後には、上原拓のゴール前へのロングボールを中原が左足でシュート。GKがブロックしたこぼれ球を、再び都倉が決めました。この1分前には、前田の右サイド突破からクロスに、都倉が頭で合わせました。今や都倉は先発で欠かせない存在ですね。

後半は一転して、いつ失点を喫してもおかしくない展開。相手の 3-4-2-1の布陣は、は6バックになったと思いきや、5トップにもなります。最終ラインは数的不利になることもありますが、 バランス重視で守りました。そこからギャップを突かれて失点を許しましたが、最後には河合をアンカーとする4-1-4-1に変更。5バックの形にして相手の5トップに応戦し、封じ切りました。ここでも勝ちパターンを垣間見ることができました。

それでも苦言をいわせろ

後半はサンドバッグ状態。同点・逆転されてもおかしくありませんでした。守りきろうと思ってはいないでしょうが、金山のファインセーブや、最終ライン&河合の粘り強い守りで、どうにかしのいだ印象です。完封して得失点差を優位にしたかったところですが、次節への宿題になりました。

次節からバルバリッチ監督が指揮。気合注入に期待しています。しかし、奈良が出場停止。荒野がU-21代表としてアジア大会出場。その分、櫛引・薗田・中原はチャンスです。残りは12試合。

(8日 23:50)