football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/06/21号

荒野連発
待ちに待った勝ち点3

コンサドーレ札幌 2-1 カターレ富山

 得点者

第19節 6/21現在 得点失点得失
14 コンサドーレ札幌 24 19 6 6 7 20 1.05 (14) 19 1.00 (7) 1
22 カターレ富山 5 19 1 2 16 9 0.47 (22) 38 2.00 (21) -29

          都倉
         (石井)
		
  砂川    宮沢    荒野
 (内村) 

    上里        河合
   
上原 奈良 パウロン 小山内
(拓)       (菊岡>MFへ)   

         金山

sub:杉山 ステファノ
     チョン・ソンフン

ようやく勝ちました。1ヶ月ぶりのご無沙汰でした。勝ちっぷりもいいですね。荒野の2試合連続ゴール砂川の直接FK。勝ちに飢えていた我々にとって、申し分のない得点です。

ようやく攻撃陣のメンバーが固定できてきました。荒野・宮沢・都倉は、2試合連続で同一ポジションで先発出場です。競争は歓迎ですが、固定できるのはうまくいっている証拠です。実際、先制点は、都倉と荒野のワン・ツーから始まりました。最後は相手のミスもありましたが、攻撃がうまく回り始めている証拠ではないでしょうか。特に荒野は完全復活宣言していいと思います。

試合経過

どっちつかずの五分の展開から、前半は2点を獲った。 相手DFのカットミスを荒野が冷静に流し込んで先制。その5分後には、ゴール正面20メートルの位置から、砂川のFKが決まった。

後半は終始相手に攻め込まれる苦しい展開。パウロンがペナルティエリア内で相手を倒してPKを献上。1点差に追いつかれると、4-1-4-1 の布陣に変更。守りきって4試合ぶりの勝利を手にした。

それでも苦言をいわせろ

後半はずっと攻められっぱなし。簡単にボールを奪われ、ボール回しに翻弄され、なかなか攻撃に行けません。内村を入れたから解決できる問題ではありません。余裕がなくなっていました。パウロンが倒してPKを与えた場面も、オフサイドにできたようでした。布陣を変えてやるべきことを明確にしたから乗り切れましたが、いつ同点にされてもおかしくない後半でした。

相手の順位に関係なく、これからも厳しい戦いが続くでしょう。勝つためのポイントは、後半の戦い方になりそうです。

(24日 19:40)