football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2014/03/02号

波乱ではない
立ちはだかったのだ

ジュビロ磐田 0-1 コンサドーレ札幌

 得点者

第1節 3/2現在 得点失点得失
16 ジュビロ磐田 0 1 0 0 1 0 0.00 (15) 1 1.00 (9) -1
8 コンサドーレ札幌 3 1 1 0 0 1 1.00 (8) 0 0.00 (1) 1

       石井
      (荒野)  
        
 菊岡  内村  砂川
(日高)      (河合)

    上原拓     宮沢
   
松本 櫛引 小山内 上原慎

       金山

sub:イ・ホスン 
     榊 前田 工藤

2年連続開幕戦勝利。しかも鬼門の静岡県、磐田での勝利です。初めからしんどいカードが続く中、この方法でないと勝てない勝ち方でした。間違いなく、昨年できなかったゴールキーパーの力でモノにした勝利です。

まさかの降格ながらも、代表クラスを何人も擁する相手に、耐える時間、押し込まれる時間が長くなることは予想されていました。プラン通りに終えられたのは、間違いなく金山のビッグセーブ連発のおかげです。オフサイドの判定や後半29分の前田のPKのセーブなど、 明らかに4失点は防いでいます。金山ばかり目立ちますが、ボランチとDFライン、とりわけ櫛引と急造CBになった小山内の奮闘も見逃せません。

耐える展開を可能にしたのは、前半15分の得点でした。財前監督も直接打つと思わなかったFKでした。クロスに飛び込むと見せかけて、3枚の壁の横を狙い、スリッピーなピッチをバウンドさせようとしました。この狙いは当たり、GK藤ヶ谷は追いつけませんでした。厳しい戦いを制するにはこれしかないと、言わんばかりの流れになり、結果になったのは自信になります。

それでも苦言をいわせろ

次は攻撃陣の出番ですよね。猛攻を凌ぐ勝ち方は必要ですが、昨年終盤の、攻め上がって得点をもぎ取る勝ち方を思い出しましょう。

よくよく考えると、初戦に最難関との対戦でよかったと思います。負けてもダメージは少なく、勝って急造最終ラインには、大いに自信をつけました。ただ、大事なのはこれから。3月・4月は悪くても五分の成績で。

(7日 01:20)