football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2013/11/24号

どん引きをこじ開けられず
結果にドン引き

コンサドーレ札幌 0-0 ギラヴァンツ北九州

 得点者

第42節 11/24現在 得点失点
1 ガンバ大阪 87 42 25 12 5 99 2.36 (1) 46 1.10 (3) 53
2 ヴィッセル神戸 83 42 25 8 9 78 1.86 (2) 41 0.98 (2) 37
3 京都サンガF.C. 70 42 20 10 12 68 1.62 (4) 46 1.10 (3) 22
4 徳島ヴォルティス 67 42 20 7 15 56 1.33 (8) 51 1.21 (9) 5
5 ジェフユナイテッド千葉 66 42 18 12 12 68 1.62 (4) 49 1.17 (7) 19
6 V・ファーレン長崎 66 42 19 9 14 48 1.14 (15) 40 0.95 (1) 8
7 松本山雅FC 66 42 19 9 14 54 1.29 (9) 54 1.29 (11) 0
8 コンサドーレ札幌 64 42 20 4 18 60 1.43 (7) 49 1.17 (7) 11
9 栃木SC 63 42 17 12 13 61 1.45 (6) 55 1.31 (13) 6
10 モンテディオ山形 59 42 16 11 15 74 1.76 (3) 61 1.45 (18) 13
11 横浜FC 58 42 15 13 14 49 1.17 (14) 46 1.10 (3) 3
12 ファジアーノ岡山 56 42 13 17 12 52 1.24 (10) 48 1.14 (6) 4
13 東京ヴェルディ 56 42 14 14 14 52 1.24 (10) 58 1.38 (14) -6
14 アビスパ福岡 56 42 15 11 16 47 1.12 (16) 54 1.29 (11) -7
15 水戸ホーリーホック 55 42 14 13 15 50 1.19 (12) 58 1.38 (14) -8
16 ギラヴァンツ北九州 49 42 13 10 19 50 1.19 (12) 60 1.43 (17) -10
17 愛媛FC 47 42 12 11 19 43 1.02 (18) 52 1.24 (10) -9
18 カターレ富山 44 42 11 11 20 45 1.07 (17) 59 1.40 (16) -14
19 ロアッソ熊本 43 42 10 13 19 40 0.95 (20) 70 1.67 (20) -30
20 ザスパクサツ群馬 40 42 9 13 20 43 1.02 (18) 61 1.45 (18) -18
21 FC岐阜 37 42 9 10 23 37 0.88 (22) 80 1.90 (22) -43
22 ガイナーレ鳥取 31 42 5 16 21 38 0.90 (21) 74 1.76 (21) -36

        内村
       
  三上  前田  荒野
 (レ・  (堀米)(フェホ) 
  コン・ビン) 

    宮沢     河合
   
 上原 櫛引 奈良 日高

        杉山

sub:阿波加 パウロン 前
                 横野

勝てなかったことに尽きます。勝てば6位以内濃厚なところでスコアレスドローなのですから、そこまでの実力しかなかったのです。ドームは24,813人の大観衆でした。行かれた方々お疲れ様です。

何としても点をとらなきゃいけないのはごもっともですが、その割りには見せ場に乏しい試合でした。点をとる意識が強すぎたのでしょうか。守りのときにも攻撃陣が前に残り気味で、空いた中盤のスペースで相手が自由にボールを持つことが多かったようです。普段通りやってくれりゃいいのにと嘆きたくもなりますが、大一番ですから余裕がなかったのでしょうか。しかし、これがサッカーなのです。

試合経過

立ち上がりから攻めに出て行くが、動きの硬さと相手の守備ブロックの堅さで、思うように攻撃が進まない。ホームチームが攻めて相手が守る図式のまま、両者無得点のまま前半を終える。

レ・コン・ビンは途中投入直後の後半28分に直接FKを蹴るが、あと数センチのところでバーに跳ね返される。33分にフェホを投入し、さらに高さのある上原を前線に上げてパワープレーを試みたが、相手守備網をこじ開けられず、肝心要の1点がとれなかった。

この試合の着眼点

最終戦で J1 の可能性が残っていたものですからショックが大きいですが、敵将柱谷幸一監督のコメントに尽きます。

ただリーグ戦の最終戦でこういう状況になっていると、どうしても1試合だけという風に見られがちですが、42試合戦った結果がこうなっているわけで、1年間積み上げてきた結果、最終戦にこういうシチュエーションになったということだと思います。

何人かの選手の口からも出ましたが、シーズンを通して一度も6位以内に入れなかったのです。成長や最後の追い上げは認めますが、勝てる試合を落としたことが響きました。第2節以降、勝ち点3差以内に19度行きながら、プレーオフ圏には届かず。そんな今季を象徴した試合でした。

9件のリツイートをいただいた自分のツイートから引用します。よくよく見ると、7位の松本山雅でさえ4連勝しているのに、前節やっと3連勝のウチラは、8位で妥当な結果です。V・ファーレンは4連勝が最長だけど11試合負けなしが大きい。ヴォルティスジェフユナイテッドも6連勝がある。PO行きたきゃ4連勝以上は必須。5連勝以上ほしい。これが残り3つの椅子を5チームが争った結果です。

ともあれ、来年出直しましょう。

(28日 01:50)