football 予想・投票室CS Tweet

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
remote_addr:3.237.66.86
remote_host:3.237.66.86
remote_host:
local_addr:219.117.237.180
server_name:footballcs.info

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2013/10/27号

負けを認める
まだ出なおせる

京都サンガF.C. 2-0 コンサドーレ札幌

 得点者

第38節 10/27現在 得点失点得失
3 京都サンガF.C. 69 38 20 9 9 66 1.74 (4) 40 1.05 (3) 26
4 ジェフユナイテッド千葉 64 38 18 10 10 65 1.71 (5) 43 1.13 (6) 22
5 V・ファーレン長崎 60 38 17 9 12 44 1.16 (12) 38 1.00 (1) 6
6 徳島ヴォルティス 60 38 18 6 14 52 1.37 (8) 49 1.29 (9) 3
7 松本山雅FC 57 38 16 9 13 47 1.24 (11) 50 1.32 (12) -3
8 栃木SC 56 38 15 11 12 55 1.45 (6) 49 1.29 (9) 6
9 モンテディオ山形 54 38 15 9 14 67 1.76 (3) 54 1.42 (15) 13
10 コンサドーレ札幌 54 38 17 3 18 55 1.45 (6) 49 1.29 (9) 6

        内村
       (岡本)
        
 砂川   前田   荒野
(フェホ)(榊)

    堀米     河合
   
 上原 チョ 奈良 日高
      ソンジン

        杉山

sub:阿波加 櫛引
     松本 神田

厳しい試合、厳しい結果でした。6連勝中の相手は、想像以上に高い壁です。6位まで勝ち点差6ながらも、10位に後退しました。

立ち上がりから相手にボールを回される苦しい展開でした。勢いがある相手でアウェイでの戦いなら、押し込まれるのは仕方ないでしょう。しかし、奈良が2失点とも絡んだのは、仕方ないものなのか、これが実力なのか、それともミスだったのか、気になるところです。先制点は、奈良がヘッドでクリアしたボールを山瀬に拾われました。

後半開始と同時にフェホを投入。つなぐのを半ばあきらめて、高さを生かした攻撃を目指しました。ところがその矢先に奈良が相手を倒してPKを献上。これがサッカーなんですね。その後狙い通りの攻撃はできたが、堅守を崩せず力負けに終わりました。

この試合の収穫

連勝中の勢いと力の差を見せつけられました。10月を連勝で終えると昇格というデータがありますが、昇格するならそのくらいの勢いがないといけないということです。

しかし、ここで白旗を挙げる気はありません。まだ来月、今季初の3連勝のチャンスは残っています。ここであきらめずに勝っていくべし。残りは4戦。

(30日 1:00)