football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2013/08/04号

アタマでやられた
頭にくる

カターレ富山 3-1 コンサドーレ札幌

 得点者

順位第27節 8/4現在 勝点得点失点得失差
17 カターレ富山 27 27 6 9 12 25 0.93 (18) 36 1.33 (14) -11
9 コンサドーレ札幌 38 27 12 2 13 36 1.33 (8) 31 1.15 (9) 5

        フェホ  
        (宮沢)
      
 三上    内村   荒野
(工藤) 

    上里     砂川
            (前田)
   
 上原 チョ 奈良 日高
      ソンジン

        杉山

sub:曳地 堀米

ゼッタイに負けられない戦いと位置づけられていましたが、3連勝は大きな壁なのでしょうか。先制すると強いが、先制点を許すと弱い。同点にできたのだから、逆転しないといけません。またまた勝ち越しを逃しました。6位以内に向けて、まだまだ力が足りません。

フェホが待望のスタメンに名を連ねました。絶好調の攻撃陣から誰を外すのか気になりましたが、ボランチで地道にハードワークしていた宮沢が外れた のですね。代わりのボランチは砂川なのか荒野なのか、それとも1ボランチだったのか確認できていません。これが影響したのでしょうか、3ボランチのうち2人がフリーで前へ出てくる状況に手を焼きました。フェホとの連携も噛み合わいません。何度かロングシュートを撃たれ、30メートルのロングシュートを決められたのは、相手が上手だっただけではありません。悪いなりにも好機は作れていましたが、GKの好手を含めて決め切れませんでした。

後半はフェホと周囲の連携が修正されました。人数かけて攻撃に出ました。前半と同じ9本のシュートを放ちましたが、三上のミドルシュートを相手GKが弾いてこぼれ球を詰めた1点のみ。逆に12本ものシュートを浴びて、ヘッドで2失点。この点は好調時に隠れていた弱点です。しかし、決められるときに決められなかった代償でもあります。負けるときのパターンが顔をのぞかせた富山の夜でした

試合経過

序盤から連携がかみ合わなくとも好機を作り出したが、決定機をGKに阻まれるなど得点を奪えず。被シュート数こそ4本で少なかったものの、遠めの位置から幾度もゴールを脅かされ、25分にはスーパーゴールで先制点を許す。

後半も好機を作り同点に追いつくが、攻撃に人数を掛けた反面、裏を取られることが多くなる。相手の選手交代をきっかけに、ヘッドで2点を奪われた。最後まで反撃したが、過去無敗だった相手に初黒星を喫した。

この試合の収穫

内村が4試合連続ゴール。08年ダビ以来5年ぶりで、日本人選手では初となる4連発。でも、そんな感激が霞む敗戦でした。

勢いをつけたかったところで一回休み。そんな悠長なことを言っている場合ではない。6位まで勝ち点差6に開きました。新加入するベトナム人FWレ・コン・ビンに即活躍を求めるのは酷。まずは今のメンバーが結果を出すべし。

(7日 01:20)