football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2013/07/14号

確かに相手を圧倒した
でも勝負は負け

東京ヴェルディ 2-1 コンサドーレ札幌

 得点者

順位第24節 7/14現在 勝点得点失点得失差
14 東京ヴェルディ 32 24 7 11 6 28 1.17 (9) 27 1.13 (11) 1
13 コンサドーレ札幌 32 24 10 2 12 28 1.17 (9) 26 1.08 (10) 2

         内村
      
  岡本   荒野   砂川
 (前田)        (三上)

    堀米     宮沢
   (工藤)
   
 上原 チョ 奈良 日高
  ソンジン

        杉山

sub:曳地 櫛引 松本

開門前に夕立に遭い、ずっと蒸し暑さで水分補給が欠かせなかった生観戦でした。ゴール裏をヒートアップさせる内容でしたが、唯一足りなかったのは得点です。判定勝ちはありません。もどかしく何ともやりきれない気持ちの中帰宅しました。

前半のシュート数は1本に対して7本。これがこのゲームを象徴しています。前半の相手の決定機は失点したときだけでした。これに対してウチらはいつ追いついてもおかしくないほどゴールを脅かしていましたが、枠を捕らえられなかったり、GK佐藤優也に阻まれました。後半は更に攻撃の圧力を感じましたが、一点ビハインドは重いのでしょうか。あせる気持ちが出てしまうのでしょうか。追いつけず、逆に一瞬の隙から中央突破を許して追加点を献上しました。

優勢に進めても負けるのだから、何かしら原因があります。最後のところでの質やゴール前でのアイデアや工夫だけではないです。他にも明らかにちがっていたものがあります。ラフプレー気味でも止めようとする執念です。そりゃウチらの選手からも気迫は伝わっていたけれども、どちらの執念や気持ちが勝つの? といった相対的な強さです。そこは負けていたように感じました。

試合経過

杉山のファンブルを詰められて先制を許す。相手のマンマークに対して攻めあぐねていたが、長いボールやドリブルを使い始めてからは、徐々に主導権を掴む。20分以降は怒涛の攻めを展開し、ほぼ相手陣内でプレーしていたが1点を返せずに前半を終える。

後半も圧倒的に攻めていたが、一瞬の隙からドリブルで中央突破を許して追加点を献上した。前田のシュートをGKがセーブしたこぼれ球を内村が押し込んで1点を返したが、詰めが甘く、勝てる勢いのゲームを落とした。

今日の寸評(ひとこと)

この試合の収穫

気持ちはわかった。伝わった。でも、後半戦だから、勝ち点を積み上げないと駄目です。

次節より、いよいよフェホ解禁。今回みたいなゲームよこれでさらば。

(17日 02:50)