football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2013/04/14号

三度目の正直
逆転でホーム初勝利

コンサドーレ札幌 2-1 徳島ヴォルティス

 得点者

順位第8節 4/14現在 勝点得点失点得失差
17 コンサドーレ札幌 9 8 3 0 5 8 1.00 (10) 11 1.38 (17) -3
14 徳島ヴォルティス 10 8 3 1 4 10 1.25 (6) 11 1.38 (17) -1

         テレ
        (岡本) 
         
  宮沢   内村   砂川
               (前田) 

    上里      河合
             (深井)

 上原 櫛引 パウロン 小山内

        杉山

sub:阿波加 堀米 荒野 榊

ようやくホームで勝てました。まずは監督と同様にホッとしているところですが、よくよく見てみると単なる一勝ではない価値があります。逆転勝利だけでなく、セットプレーからの得点も今季初。良いところはまだまだありました。

立役者はパウロンと岡本ですね。パウロンは前半は相手への対応が難しかったものの、後半は修正。セットプレーではヘッドで初ゴールを決めただけではありません。マークを集中させておとりになり、2得点目を演出しました。高い打点でのセットプレーは武器になります。岡本は前半タテへの人やボールの動きが少ないと感じた上で、後半開始からピッチへ。修正すべき点をきっちり直しました。流れを変えるスーパーサブは砂川だけではないことを証明しました。

過去の2勝は砂川頼みでしたが、今回はセットプレーからです。勝利へのバリエーションが増えました。勝ち点3を手にするなら、今でしょ。

試合経過

河合が負傷交代した前半は、相手にゲームを支配される苦しい展開。21分にPKを許すが杉山がセーブ。しかしその8分後に先制点を許し、リードされたまま前半を終える。

後半開始と同時に岡本を投入して、押し込めるようになる。上里のCKをパウロンが高い打点で合わせて同点。しかしこの9分後に相手FKからの混戦を入れられたがオフサイドでノーゴール。すると、4分後に上里からのCKに上原がヘッドで合わせて逆転した。その後は粘り強く守って、ホームで歓喜を迎えた。

それでも苦言をいわせろ

前半に得点しましょう。前半ノーゴールは、前節まで無得点のFC岐阜とウチラのみ。ようやく逆転勝ちができただけマシですが、早いうちに先手をとって優位に進めたいですよ。

この後は水曜開催です。山陰・鳥取行きに加えて、日曜は長崎。今季最も厳しい日程でしょう。しかも、格下と思ってはいけません。現在15位・4位との対戦です。選手のコンディションを観ながらの起用になりますが、今節の後半のような戦いを前半からもお願い!

(17日 00:20)