football 予想・投票室CS Tweet

CS(北海道コンサドーレ札幌)的日誌 2012/11/24号

大敗はしていない
でもそれだけ

コンサドーレ札幌 0-2 横浜F・マリノス

 得点者

順位第33節 11/24現在 勝点得点失点得失差
18 コンサドーレ札幌 14 33 4 2 27 24 0.73 (18) 84 2.55 (18) -60
7 横浜F・マリノス 50 33 12 14 7 43 1.30 (12) 33 1.00 (1) 10

          大島
         (中山) 
   岡本         古田
   (榊)

 岩沼  芳賀  山本  前
      (砂川)

   奈良   河合   櫛引

          高原

sub:杉山 荒野 高木純
     前田

ホーム最終戦なのですが、満足納得した人は一人もいないのではないかと思える、気の毒で収穫に乏しい試合でした。シュートは3本に対して18本被弾では、ワンサイドゲームだったことが想像できます。ほぼ何もできなかった90分間プラスロスタイムでした。

守備は攻め込まれながらもうまく抑えていた」との監督のコメントです。うまくいったからこそ出てきた言葉なのですが、結局2失点で負けては意味がありません

守るのはいいのですが、守ることが目的ではないということを強調したい。点を取るための工夫を感じないのが不満なのですよ。もっとも中盤でのミスが目立ちすぎて、工夫以前の問題だったのかもしれません。どちらにせよ、不満だったことに代わりありません。

試合経過

終始圧倒的に攻め込まれた試合。守備は攻め込まれながらもうまく抑えていたが、FKのクリアを拾われつながれて先制を許す。後半開始直後にも中央からワンツーで突破されて、追加点を与えた。

攻撃では、チャンスは実質前半12分と14分の古田のシュートと、後半40分の砂川のシュートのみ。中盤でミスで簡単にボールを失って奪われることが多く、好機をつぶすことが多かった。

この試合の収穫

ようやく出てきましたゴン中山隊長。ピッチに入った直後に、榊からのパスをヘッドで古田に戻しました。わずか3分、1タッチだけでしたが、健在ぶりを示してくれました。

久々に一般紙やスポーツニュースでも取り上げられる明るい話題でしたが、それもまた複雑です。昇格プレーオフやサンフレッチェ広島の優勝があったからこそ、なおさらです。

今期最終戦は、柳下監督が退席して次節ベンチ入り停止のアルビレックス新潟戦。アチラは勝たないと残留の望みが断たれるので、相当気合い入れないとやられま す。今度こそ満足納得いく試合をお願い。

(29日 01:30)